華麗なるアリバイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
華麗なるアリバイ
Le Grand Alibi
監督 パスカル・ボニゼール
脚本 パスカル・ボニゼール
ジェローム・ボジュール
原作 アガサ・クリスティ
ホロー荘の殺人
製作 サイド・ベン・サイド
出演者 ミュウ=ミュウ
ランベール・ウィルソン
アンヌ・コンシニ
音楽 アレクセイ・アイグイ
撮影 マリー・スペンサー
編集 モニカ・コールマン
製作会社 SBS Films
配給 フランスの旗 UGC Distribution
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 フランスの旗 2008年4月30日
日本の旗 2010年7月17日
上映時間 93分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

華麗なるアリバイ』(かれいなるアリバイ、Le Grand Alibi)は、2008年フランスミステリ映画アガサ・クリスティのミステリ小説『ホロー荘の殺人』を原作とする、フランスのスタッフ・キャストによる映画である。物語は犯人が用いるトリック等概ね原作どおりだが、舞台がフランス国内に変更されている。なお、エルキュール・ポアロ及び探偵は登場しない。制作期間は2007年8月6日から同年10月1日まで[1]。日本でDVD化された際のタイトルは『アガサ・クリスティー 華麗なるアリバイ[2]

ストーリー[編集]

フランスの小村ヴェトゥイユにある上院議員の大邸宅で開かれたパーティで、ゲストに招かれた精神分析医ピエールが何者かに射殺される。事件現場のプールで拳銃を握っていた妻クレールが容疑者として連行されるが、死体から発見された弾丸を発射した拳銃とは異なっていたため釈放される。事件を担当することとなったグランジュ警部は、被害者の浮気症が原因で来客8人全員に殺害動機がある点に着目するが捜査は難航する。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Le grand alibi (2008) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年4月19日閲覧。
  2. ^ 映画 華麗なるアリバイ”. allcinema. 2013年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]