三幕の殺人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三幕の殺人
Three Act Tragedy
アメリカ合衆国の旗Murder in Three Acts
著者 アガサ・クリスティー
訳者 長野きよみ ほか
発行日 イギリスの旗1935年
日本の旗1988年
発行元 イギリスの旗
日本の旗早川書房
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
前作 なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか?
次作 雲をつかむ死
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

三幕の殺人』(原題:Three Act Tragedy、アメリカ版: Murder in Three Acts)は、イギリス小説家アガサ・クリスティ1934年に発表した、探偵エルキュール・ポアロが登場する長編推理小説である。

イギリス版とアメリカ版で真相が若干異なっており、翻訳ではハヤカワ文庫版『三幕の殺人』がイギリス版に、創元推理文庫版『三幕の悲劇』がアメリカ版元に対応している。 なお、『ポアロのクリスマス』中で本作の犯人の名前が明かされている。

あらすじ[編集]

物語は第一幕から第三幕の3章で構成されている。

引退した舞台俳優チャールズ・カートライトが主催するパーティーで、土地の牧師が死亡する。数か月後、今度はチャールズの親友の医師が、やはりパーティーで死亡する。事件のなかで素人探偵役を務める俳優、娘、演劇パトロンの3人は、互いの考えを交換しあうが、そこにポアロが介入してきて…。

登場人物[編集]

主演と助演[編集]

  • チャールズ・カートライト 
引退した人気俳優。52歳でハンサム。コーンウォールのルーマス地方に「カラスの巣」と名付けた豪邸を構えて隠遁生活を送る。
数年前にチャールズの芝居に投資したのが縁で、彼と友人関係になった。ポアロとはこの事件以前にわずかだが面識があった。
  • ハーミオン(ハーマイオニー)・リットン・ゴア
黒髪で灰色の瞳の、活発で美しい娘。年齢は20歳前後。年齢の離れたチャールズに想いを抱き、彼を主演にした探偵劇を現実の事件のなかで実演してもらおうと画策する。愛称は「エッグ」。
成功した金持ち探偵で、本作の時点では引退して世界を周遊中。チャールズには変人と思われている。エッグは内心で彼のことを、チャールズの活躍のお株を奪う御邪魔虫扱いしている。「カラスの巣」でのパーティにも招待されていた。本作ではサタースウェイト相手に、過去の経歴の一端を語る。

その他の登場人物[編集]

  • メアリー・リットン・ゴア 
エッグの母。55歳。上流階級の未亡人。ルーマスに娘とメイドと在住。背が高く痩せている。
  • ロナルド・ゴア 
メアリーの亡き夫。エッグが3歳の時に死亡した。
  • バイオレット・ミルレー
チャールズに6年間奉公するメイド頭格の女性。40代の末。驚異的な不美人だが、仕事は有能。チャールズが現役中は秘書を務めていた。
  • ミセス・ミルレー 
キリング地方に在住のバイオレットの母。病弱で、彼女の看護のためにバイオレットは現在、辞職を願い出ている。
  • テンプル 
チャールズのメイド。32~33歳。有能。
  • アンジェラ・サトクリッフ 
中年の美人の人気女優。エレン・テリーの再来と言われる。背が高く、金髪。
  • アンソニー・アスター
女流脚本家。本名はミュリエル・ウィルズ。代表作は評価の高い戯曲「一方通行」。縮れた金髪で背が高く、痩身。
  • フレディ・ディカズ
元旗手の大尉。酒と若い美人が好き。明朗な印象だが身持ちが悪く、評判はよくない。
  • シンシア・ディカズ
フレディの妻。婦人服業界の有名ブランド「アンブロジン商会」のオーナー。背が高い美人で、髪は緑に染めた金髪。
  • ミス・ドリス・シムズ
アンブロジン商会の若いモデル。
  • スティーヴン・バビントン
ルーマス地元の牧師で、60歳前後の好人物。1868年生まれでオクスフォード卒。持病がリューマチ。「カラスの巣」のパーティで急死する。
  • マーガレット・バビントン
その妻。大柄で感じの良い女性。チャールズに園芸を教えている。妹は日本在住。他界した息子ロビンを含めて3人の子供がいる。
  • ロビン 
インドで死亡したバビントン夫妻の息子。エッグは、生前の彼に好感を抱いていた。
  • マクドウガル 
ルーマスの医師。スティーヴンの検視を担当。
  • オリヴァー・マンダース 
エッグの異性の友人。25歳前後のジャーナリスト。ぼってりした瞼で黒い目のハンサム。私生児。共産主義に傾倒する。
  • サー・バーソロミュー・ストレンジ
チャールズの友人の神経科の医師。愛称は「トリー」。55歳。ナイトの称号も授かった人物で、ヨークシャーに大規模なサナトリウムを構える。物語の二幕目の冒頭で急死する。
  • ジョン・エリス
バーソロミューが最近雇用した執事。主人の怪死後、行方をくらます。
  • L・ベイカー
バーソロミューのもう一人の執事。7年前から奉公。
  • ミセス・レッサー 
バーソロミューの料理人。太った女性。
  • ベアトリス・チャーチ
バーソロミューの古株のメイド。長身の痩せた女性。
  • アリス 
バーソロミューのメイド。30歳前後。
  • ミス・グラディス・リンドン
バーソロミューの秘書。33歳。
  • 婦長 
バーソロミューのサナトリウムの看護婦長。バーソロミューを尊敬する。
  • ミセス・ド・ラ・シュフリンジャー 
バーソロミューの患者。西インド諸島出身。神経衰弱。
  • サー・ホレス・ハード
エリスをバーソロミューに紹介したという人物。
  • ジョンソン大佐 
ヨークシャーの警察署長
  • クロスフィールド警視
ジョンソンの部下。妻がチャールズのファン。
  • マルセル 
ポアロと遊んでいたフランス人の子供。

出版[編集]

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
三幕の殺人 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-84 田村隆一 アガサ・クリスティー
長篇作品リスト
真鍋博 1988年 339 4-15-070084-2 絶版
三幕の殺人 早川書房 クリスティー文庫9 長野きよみ 解説 日色ともゑ Hayakawa Design 2003年10月15日 375 4-15-130009-0
三幕の悲劇 東京創元社 創元推理文庫 西脇順三郎 1959年6月20日 323 4-488-10515-0
三幕の悲劇 講談社 講談社青い鳥文庫 花上かつみ 高津啓二 2004年8月15日 382 4-06-148658-6 新書判