アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アガサ・クリスティーの
奥さまは名探偵
Mon petit doigt m'a dit...
監督 パスカル・トマ
脚本 フランソワ・カヴィリオーリ
ナタリー・ラフォリ
パスカル・トマ
原作 アガサ・クリスティ
親指のうずき
製作 パスカル・トマ
アラン・カディエ
製作総指揮 オリヴィエ・オルレ
出演者 カトリーヌ・フロ
アンドレ・デュソリエ
音楽 ラインハルト・ワーグナー
撮影 ルナン・ポレ
編集 カトリーヌ・デュボー
配給 フランスの旗 UGC
日本の旗 ハピネット
公開 フランスの旗 2005年4月13日
日本の旗 2006年9月9日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €5,300,000
次作 奥さまは名探偵 ~パディントン発4時50分~
テンプレートを表示

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵』(アガサ・クリスティーのおくさまはめいたんてい、原題:Mon petit doigt m'a dit...)は、2005年製作のフランス映画アガサ・クリスティの『トミーとタペンス』シリーズ『親指のうずき』を、現代のフランスを舞台に翻案したミステリーコメディ映画。好評を受けて『パディントン発4時50分』を原作とした続編『奥さまは名探偵 ~パディントン発4時50分~』が製作された。また、本作の監督パスカル・トマは別に『ゼロ時間へ』を翻案した『ゼロ時間の謎』を製作している。

ストーリー[編集]

フランスの片田舎で悠々自適な生活をしているベレスフォルド夫妻。 好奇心旺盛な妻プリュダンスを夫ベリゼールは少々もてあまし気味だが、夫婦仲はすこぶる良い。

ある日、夫妻は高級老人ホームにいるベリゼールの叔母アダの見舞いに行く。 そこでプリュダンスは不思議な老婦人ローズ・エバンジェリスタと出会う。 数週間後、叔母が亡くなり、夫妻が遺品の整理をしていたところ、プリュダンスは見覚えのある館を描いた絵を見つける。 その絵はローズが叔母に譲ったものであり、しかもローズが、これまで面会に来ることのなかった親戚に突然引き取られて老人ホームを後にしていたことを知ったプリュダンスは、 事件の予感「親指のうずき」を感じ、絵に描かれた館とローズを探そうと決心する。 館についての記憶を頼りにたどり着いた村で、プリュダンスは怪しげな人物たちに出会う。

キャスト[編集]

原作との違い[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]