西脇順三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西脇 順三郎
(にしわき じゅんざぶろう)
Nishiwaki Junzaburo.jpg
肖像写真
誕生 1894年1月20日
日本の旗 日本新潟県北魚沼郡
死没 1982年6月5日(満88歳没)
日本の旗 日本新潟県小千谷市
職業 詩人英文学者
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 博士文学
最終学歴 慶應義塾大学理財科
オックスフォード大学中退
活動期間 1927年 - 1982年
ジャンル 評論翻訳
文学活動 シュルレアリスム
代表作 『Ambarvalia』(1933年)
『旅人かへらず』(1947年)
『古代文学序説』(1948年)
第三の神話』(1956年)
主な受賞歴 読売文学賞(1957年)
勲二等瑞宝章(1974年)
処女作 『Spectrum』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

西脇 順三郎(にしわき じゅんざぶろう、1894年明治27年)1月20日 - 1982年昭和57年)6月5日)は日本の詩人英文学者文学博士)。戦前モダニズムダダイズムシュルレアリスム運動の中心人物。水墨画をよくし、東山した。小千谷市名誉市民

経歴[編集]

学生時代[編集]

新潟県北魚沼郡小千谷町(現在の小千谷市)に小千谷銀行頭主・西脇寛蔵の三男として生まれた。西脇家は元禄時代より代々縮問屋を営んでいた。8月に日清戦争が始まった。

1900年明治33年)に小千谷尋常高等小学校に入学し、姉からナショナル・リーダーズを習う。この間日露戦争が始まる。1906年(明治39年)に新潟県立小千谷中学校に入学し、文学よりももっぱら絵画を好み、自然の「入神」の境地を味わい、卒業旅行は佐渡へ出た。小千谷中学卒業と共に図画教師にすすめられて画家を志望する。白滝幾之助藤島武二らに相談の末、黒田清輝主宰の「白馬会」に入会するが、画学生の気風になじめず、父の急死により画家の道を断つ。

1912年大正元年)に兄・修太郎の在籍する慶應義塾大学理財科予科に入学。英書を読み漁り、フランス象徴派詩人の知識を得る。特にアーサー・シモンズの『散文と詩の研究』によってウォルター・ペイターに開眼する。第一次世界大戦が始まり、1917年(大正6年)に卒業論文を全文ラテン語で執筆し、小泉信三教授に提出して慶應義塾大学理財科(現在の経済学部)を卒業。4月に『ジャパンタイムズ』社に入社するが、経営陣交替にともない退社。翌年3月、日本銀行への入行が内定していたが、健康を損ない、郷里の小千谷に帰り自宅で静養を続ける。

1919年(大正8年)6月、ジャパンタイムズ時代の高橋一知の招聘で、外務省条約局に嘱託として入局。翌年の4月に田中萃一郎の推薦で慶應義塾大学予科教授となり、野口米次郎戸川秋骨馬場孤蝶らを知る。翌年に『英語文学』に「THE POMEGRANATE」「SONNET OF SUMMER」のソネットを発表。1922年(大正11年)にギュスターヴ・フローベールを愛読し、『三つの物語』一篇に基づく長い英詩「ST.JULIAN THE PARRICIDE」を『三田文学』に発表。

渡英[編集]

1922年(大正11年)に神戸より北野丸でイギリスに出帆。同船した福田敬二郎を通じて従弟の郡虎彦と到着したロンドンで交わる。オックスフォード大学の入学手続きに間に合わず、一年間はロンドンでジョン・コリアーシェラード・ヴァインズらとの交友の結果、モダニズム文学運動に接する。1923年(大正12年)1月より住居をケンジントン地区のホテル・ローランドに定め、7月にスコットランドを旅行。10月にオックスフォード大学ニュー・カレッジ(New College)英文学Honors courseに入学。フランススイスに旅行し、1924年(大正13年)の夏学期に大学のニューディゲイト賞ラテン語で応募しようとしたが、時間不足のため英詩に転換。後に『Ambarvalia』に「哀歌」として名残りのラテン詩が載った。

「A KENSINGTON IDYLL」がT・S・エリオットの詩と共に『チャップブック (Chap Book)』39号に掲載され、この年に英詩を乱作し、12月フランスで『シュルレアリスム革命』誌が刊行される。1925年(大正14年)にオックスフォード大学を中退し、ロンドンで英文詩集『Spectrum』をケイム・プレス社より自費出版。これがデイリー・ニューズ紙とタイムズ紙文芸附録の書評に取り上げられ、一躍文名をあげた。帰国の途中にパリで仏文詩集『Une Montre Sentimentale』を出そうとしたが果たせなかった。

シュルレアリスム運動[編集]

1926年(大正15年)慶應義塾大学文学部教授に就任、英文学史などを担当。『三田文学』を中心に「PARADIS PERDU」を仏文で発表するなど批評活動を開始し、講義の後には佐藤朔上田敏雄上田保三浦孝之助などの学生がしばしば自宅に押しかけて深夜まで芸術論を交わすようになる。1927年昭和2年)に瀧口修造を介して雑誌『山繭』の同人となり、石丸重治堀辰雄を知り、仏詩「メーラ」を寄稿。12月に日本初のシュルレアリスム詩誌『馥郁タル火夫ヨ』を刊行。翌年、春山行夫と共に季刊誌『誌と詩論』を創刊、更に『超現実主義詩論』を刊行した。

1930年(昭和5年)に『シュルレアリスム文學論』、英文詩集『Poems Barbarous』を出して同時期にジョン・コリアが「His Monkey Wife」を出版。1933年(昭和8年)百田宗治編の『尺讀』創刊号に「ギリシア的抒情詩」四篇を発表。これが注目を浴び、詩集『Ambarvalia(アムバルワリア)』で詩壇の萩原朔太郎室生犀星の称賛を受け、詩誌『詩法』の創刊に参画し、詩論を発表する。1935年(昭和10年)に『曲水』を脱退した西村月杖らが新興俳句運動に参加し、俳句と詩の統合を指標とした俳誌『句帖』が主宰されると、俳句会に室生犀星、萩原朔太郎、百田宗治の4名で月交代で選者をつとめる。

しかし、1937年(昭和12年)日中戦争が勃発したので詩作の発表をやめ、学術研究に没頭した。東洋の古典を読み漁り、『古代文学序説』の執筆に集中。翌年に国家総動員法成立に伴って、シュルレアリスムが弾圧を受け、西脇の影響を受けた詩人たちが所属する「神戸詩人クラブ」に属する詩人14名が検挙される「神戸詩人事件」が起こった。太平洋戦争の勃発に伴って蔵書三千冊を千葉県に疎開させ、自身は家族と共に郷里の小千谷市へ疎開し、長岡が大空襲を受けるのを目撃した。

戦後[編集]

1947年(昭和22年)に発表された第二詩集『旅人かへらず』とこれに続く詩集『近代の寓話』、『第三の神話』では自分の内面に潜むもう一人の人間を「幻影の人」と名付け追求。西洋的教養と日本的感性を融合させた独自の詩風を築き上げる。詩誌『荒地』で西脇順三郎特集号が刊行される。1949年(昭和24年)戦火をくぐって厨川文夫が原稿を持ち歩いて完成させた『古代文学序説』により文学博士号を受ける。なお、博士論文書誌データベースによると「古英文学研究序説」とある。 1951年(昭和26年)に村野四郎北園克衛安藤一郎と共に『GALA』の同人となる。

1956年(昭和31年)5月にシカゴの詩誌『ポエトリ』に作品がニ篇翻訳収録され、10月岩崎良三訳の詩集にエズラ・パウンドへの献詩を寄せ、これと共に『ジャパン・クォータリ』誌に載った英詩「JANUARY IN KYOTO」を受け取ったパウンドから、「地球の反対側にこのような立派な詩人が存在することを知るのは、心温まることです」と手紙が来る[1]。翌年にも、パウンドから岩崎良三に宛てて、「どんな文学賞も審査員賞も、一個の子音の重みや母音の長さを変えうるものではありませんが・・・西脇順三郎の作品をスウェーデン・アカデミーに推すことはなんの害もないでしょう」との手紙が来る[2]

詩集『第三の神話』で読売文学賞を受賞。現代詩人会幹事長を経てのちに会長。季刊雑誌『無限』を創刊し、1961年(昭和36年)に日本芸術院会員。翌年に慶應義塾大学で「ヨーロッパ現代文学の背景と日本」と題して最終講義を行い、定年退任。6月にアリタリア航空イタリア中近東研究所の招きでイタリア各地を旅行し、詩人のジュゼッペ・ウンガレッティと会談し、帰国後に漢語ギリシャ語の比較研究を始める。1967年(昭和42年)9月にモントリオール世界詩人会議に招かれ、「詩と人類の世界」について英語で講演し、ロバート・ロウエル(Robert Lowell)と会談。

1971年(昭和46年)に文化功労者1973年(昭和48年)にアメリカ芸術科学アカデミー(The American Academy of Arts and Sciences (AAAS))の外国人名誉会員に選ばれる。1974年(昭和49年)に勲二等瑞宝章1977年(昭和52年)に川崎市高津区の影向寺に詩碑が建ち、翌年に小千谷市の照専寺に詩碑が建立される。小千谷市立図書館内に「西脇文庫」を開設。

1958年には谷崎潤一郎とともにノーベル文学賞の候補者(候補41人中)にもなった[3]。その後、1960年から1963年までの間も毎年候補になったことが明らかになっている[4]

1982年6月5日小千谷総合病院にて死去。

人物・エピソード[編集]

  • 1960年代に入って、プルーストジョイスの手法を駆使した長編詩集『失われた時』をはじめ、『豊饒の女神』、『えてるにたす』などの一連の詩集により西脇順三郎自身の詩風は頂点に達したといわれている。
  • 絵画をよくし、1968年11月には銀座の文芸春秋画廊で個展を開いている。

主な著作[編集]

詩集[編集]

  • Spectrum 1925年 ケイムプレス、ロンドン
  • Une Montre Sentimentale 1925
  • Poems Barbarous 1930 私家版
  • Ambarvalia 1933年 椎の木社
  • ヂオイス詩集 1933年 第一書房
  • あむばるわりあ 1947年 東京出版 (上記の改訂版)
  • 旅人かへらず 1947年 東京出版
  • 近代の寓話 1953年 創元社
  • あんどろめだ 1955年 トリトン社 (『シュルレアリスム文學論』所収の「トリトンの噴水」を改作)
  • 第三の神話 1956年 東京創元社
  • Gennaio A Kyoto 1957年 金の魚社
  • 失われた時 1960年 政治公論社
  • 豊饒の女神 1962年 思潮社
  • えてるにたす 1962年 昭森社
  • TRAVELLER'S JOY 1962年
  • 宝石の眠り 1963年 (筑摩版『西脇順三郎全詩集』に収録。のち花曜社、1979年)
  • 禮記 1967年 筑摩書房
  • 壌歌 1969年 筑摩書房
  • 鹿門 1970年 筑摩書房
  • 人類 1979年 筑摩書房 (大部分は下記の『全集』、『詩と詩論』に所収)

詩画集[編集]

  • 蘀 1972年 詩学社
  • Gennaio a Kyoto 1972年 マルテ・エディツィオーニ社(池田満寿夫と共作)
  • Chromatopoiema(クロマトポイエマ) 1972年 南天子画廊(飯田善國と共作)
  • トラベラーズ・ジョーイ 1974年 南天子画廊(池田満寿夫と共作)

評論・文庫・随筆[編集]

  • 超現実主義詩論 1929年 厚生閣書店
  • シュルレアリスム文学論 1930年 天人社
  • 西洋詩歌論 1932年 金星堂
  • ヨーロッパ文学 1933年 第一書房
  • 輪のある世界 1933年 第一書房
  • 現代英吉利文学 1934年 第一書房
  • 純粋な鶯 1934年 椎の木社
  • 英米思想史 1941年 研究社
  • 諷刺と喜劇 1948 能楽書林
  • 梨の女 1955 宝文館
  • 居酒屋の文学論 1956 南雲堂
  • メモリとヴィジョン 1956 研究社
  • 古代文学序説 1958年 好学社
  • 斜塔の迷信 1957年 研究社 (1996年 恒文社
  • あざみの衣 1961年 大修館書店 (1991年 講談社文芸文庫
  • 西脇順三郎詩論集 1964年 思潮社
  • 詩学 1968年 筑摩書房 (1969年 筑摩叢書136)
  • じゅんさいとすずき 1969年 筑摩書房
  • 野原をゆく 1972年 毎日新聞社 (1990年 講談社文芸文庫)
  • 日本の古典18・松尾芭蕉 1972 河出書房新社
  • 雑談の夜明け 1978年 花曜社 (1989年 講談社学術文庫
  • 西脇順三郎の絵画 1982年 恒文社
  • 芭蕉・シェイクスピア・エリオット 1989年 鍵谷幸信編 恒文社
  • 西脇順三郎詩集 那珂太郎編 1991年 岩波文庫
  • Ambarvalia・旅人かへらず 1995年 講談社文芸文庫
  • ボードレールと私 2005年 講談社文芸文庫

翻訳[編集]

校歌[編集]

全集・選集[編集]

  • 西脇順三郎全詩集 1963年 筑摩書房
  • 定本西脇順三郎全詩集 1981年 筑摩書房
  • 西脇順三郎全集 全10巻 1971-1972年 筑摩書房
  • 増補西脇順三郎全集 全11巻別巻1 1981-1982年 筑摩書房
  • 定本西脇順三郎全集 全12巻別巻1 1993-1994年 筑摩書房
  • 西脇順三郎詩と詩論 全6巻 1975年 筑摩書房
  • 西脇順三郎コレクション 全6巻 2007年 新倉俊一慶應義塾大学出版会

関連文献[編集]

  • 『幻影の人西脇順三郎を語る <正・続>』(西脇順三郎を偲ぶ会編、恒文社 1994年・2003年)
  • 『西脇順三郎 現代詩読本9 新装版』(思潮社 1985年)
  • 『回想の西脇順三郎』(慶應義塾三田文学ライブラリー 1984年)
  • 伊藤勲『ペイタリアン西脇順三郎』(小沢書店 1999年)
  • 工藤美代子『寂しい声 西脇順三郎の生涯』(筑摩書房 1994年)
  • 鍵谷幸信『詩人 西脇順三郎』(筑摩書房 1983年)
  • 新倉俊一『評伝西脇順三郎』(慶應義塾大学出版会 2004年)
  • 新倉俊一『西脇順三郎絵画的旅』(慶應義塾大学出版会 2007年
  • 新倉俊一『詩人たちの世紀 西脇順三郎とエズラ・パウンド 大人の本棚』(みすず書房 2003年)
  • 新倉俊一『西脇順三郎変容の伝統』(増補新版 東峰書房 1994年)
  • 新倉俊一『西脇順三郎全詩引喩集成』(筑摩書房 1982年)
  • 飯島耕一『田園に異神あり―西脇順三郎の詩』(集英社 1979年)
  • 金田弘『旅人つひにかへらず―ニシワキ宇宙の一星雲から』(筑摩書房 1987年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鍵谷(1975年)P135
  2. ^ 鍵谷(1975年)P136
  3. ^ asahi.com(朝日新聞社):谷崎潤一郎、58年ノーベル賞候補 三島由紀夫が推薦状 - 文化 2009年9月23日3時1分
  4. ^ 三島由紀夫、ノーベル文学賞最終候補だった 63年 日本経済新聞 2014年1月3日、2014年1月7日閲覧

外部リンク[編集]