ニコチン中毒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニコチン中毒 中毒とは正しくは薬物摂取により生体の正常な機能が阻害される状態を指し、依存性薬物であるニコチンによる中毒を示す語句であるが、依存症を俗語で嗜癖・「中毒」と呼ぶことも多く、多くの場合ニコチン依存症の状態を示す。 多くの場合はニコチンの摂取手段が紙巻きたばこを始めとするタバコ商品の消費行動である喫煙であるので、薬物依存であるニコチン依存症喫煙習慣依存を同一視として、多くの場合喫煙依存、タバコ依存の状態である「ニコチン依存症」の喫煙者を蔑視して指すことが多い。

  1. ニコチン依存症」の状態を示す場合は「ニコチン依存症」を参照。
  2. ニコチン依存症となっている喫煙者を示す場合は「喫煙者」を参照。
  3. 中毒本来の意味で、生体に対して毒性を持つ物質が許容量を超えて体内に取り込まれることにより、生体の正常な機能が阻害される状態であることについては、ニコチンの純粋な中毒ではないが、喫煙によリ吸収された多数の有害成分による中毒として、「喫煙#健康への影響 」の項を参照。
  4. 「タバコの誤食」などにより起きる症状は「ニコチン#タバコの誤食によるニコチン中毒」の項を参照。