ABC殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ABC殺人事件
The ABC Murders
著者 アガサ・クリスティー
訳者 伴大矩(初訳)
堀内静子 ほか
発行日 イギリスの旗1936年
日本の旗1935年(初訳)
発行元 イギリスの旗Collins Crime Club
日本の旗早川書房 ほか
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 ハードカバー
ページ数 256ページ(原著初版、ハードカバー)
前作 雲をつかむ死
次作 メソポタミヤの殺人
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ABC殺人事件』(原題:The ABC Murders)は、1936年に発表されたアガサ・クリスティの長編推理小説である。クリスティ18作目の長編で、エルキュール・ポアロシリーズの長編第11作目にあたる。知名度・評価ともに高い著者の代表作の1つ。

日本語初訳は『ABC殺人事件』(日本公論社刊、伴大矩訳、1935年[1])。

あらすじと真相[編集]

「今月21日、アンドーヴァーを警戒せよ」と文末に「ABC」と署名された挑戦状のとおり、Aで始まるアンドーヴァー(Andover)の町で、イニシャルがA.A.の老女アリス・アッシャー(Alice Ascher)の死体が発見され、傍らには「ABC鉄道案内」が添えられていた。

間もなくABC氏から第2・第3の犯行を予告する手紙が届き、Bで始まるベクスヒル(Bexhill)でイニシャルがB.B.の女性、Cで始まるチャーストン(Churston)でイニシャルがCの紳士が殺害され、やはり死体の側には「ABC鉄道案内」が置かれていた。犯人は、地名とイニシャルが一致する人物をアルファベット順に選び殺害していると推測されたが、被害者達それぞれに動機がある者はいても、被害者達にABC以外の関連性はなく、犯人の正体と動機はわからない。

やがてセントレジャー競馬が行われる日に犯行を予告する手紙が届く。ポアロらは第4の殺人を防止すべく、競馬の開催地ドンカスターDoncaster)へ向かうが、町の映画館で殺害されたのはイニシャルがDの人物ではなく、近くに座っていた頭文字がEの人物であった。

アルファベット順に選んだ対象を無作為に殺害していく愉快犯の仕業と警察が捜査方針を固める中、てんかん持ちのアレクサンダー・ボナパート・カスト(Alexander Bonaparte Cust)は新聞報道を読んで自分が犯人なのではないかと悩み自首してくる。彼の家からは「ABC鉄道案内」が多数発見され、事件は解決したかと思われたが、ポアロは真犯人が別にいると推理する。彼はいかに理性を失したように見える人間の犯行であっても、そこには犯人なりの論理性や理由があるはずであり、何の理由もないのにアルファベット順に人を殺害していくというのは殺害動機としてあり得ないと考えていた。

ポアロは一連の事件の被害者を調べ上げ、一連の犯行予告や連続殺人事件は警察を攪乱するためのもので、真犯人は明確な目的をもって殺害した一件の殺人を、明確な殺害理由のない連続殺人事件の中に紛れ込ませようとしていたことを見抜く。ポアロは真犯人と対決してこれを追い詰め、事件を解決する。

登場人物[編集]

エルキュール・ポアロ
私立探偵。
アーサー・ヘイスティングズ
ポアロの協力者。
アリス・アッシャー(Alice Ascher)
一人目の犠牲者。アンドーヴァーで小さな商店を切盛りしていた老女。
フランツ・アッシャー(Franz Ascher)
アリスの夫。大酒飲みで、たびたび妻のアリスに金をせびっていた。ドイツ系で、第一次大戦中は差別と偏見に苦しんでいたらしい。
メアリ・ドローワー(Mary Drower)
アリスの姪。アンドーヴァー近郊のある屋敷でメイドとして働いている。
ベティ・バーナード(Betty Barnard)
二人目の犠牲者。ベクスヒルのとあるカフェでウェイトレスとして働いていた。異性関係が少々だらしなく、彼女の父親に言わせると「いまどきの娘」らしい。
ドナルド・フレーザー(Donald Fraser)
ベティの婚約者。不動産関係の仕事をしている。激しやすく、ベティの異性関係でたびたび彼女と言い争いをしていた。
ミーガン・バーナード(Megan Barnard)
ベティの姉。ロンドンでタイピストとして働いている。ドナルドとの喧嘩についてベティから相談を受けていた。
カーマイケル・クラーク卿(Sir Carmichael Clarke)
三人目の犠牲者。かつて医師として成功した富豪。引退後は保養地の近くのチャーストンにある屋敷に住み、趣味の骨董品収拾に熱中していた。
フランクリン・クラーク(Franklin Clarke)
カーマイケル卿の弟。兄の右腕として世界中を飛び回って骨董品を買い集めている。
シャーロット・クラーク(Charlotte Clarke)
カーマイケル卿の妻。末期ガンを患っており、先が長くない。夫のカーマイケルと秘書のグレイの関係を疑っている。
ソーラ・グレイ(Thora Grey)
カーマイケル卿の秘書。彼女は事件当日に怪しい人物を見かけていないと証言しているが、当日庭で見知らぬ男と話しているのをシャーロットに目撃されている。
アレグザンダー・ボナパート・カスト(Alexander Bonaparte Cust)
ストッキングのセールスマン。自身の名前が2人の偉大な英雄(アレクサンドロス3世(大王)とナポレオン・ボナパルト)に由来することに対してコンプレックスを感じている。途中の数章は彼の視点から描かれる。第一次大戦に従軍したことがあり、復員後はその後遺症に悩まされている。真犯人の策略によって、一連の事件の犯人であるという濡れ衣を着せられる。

作品の評価[編集]

出版[編集]

原作の出版は、イギリスでは1936年1月だが、アメリカでは簡略版が1935年11月に『COSMOPOLITAN』に掲載されている[5]。そのため、ハヤカワ文庫(ハヤカワ・ミステリ文庫、クリスティー文庫)ではイギリスでの出版による著作権の発生年を元に1936年の発表、創元推理文庫ではアメリカでの簡略版の発表を元に発表年を1935年としている。なお、前述の伴大矩による日本語初訳はアメリカで発表された簡略版の翻訳のため、発行年は1935年となっている。

題名 出版社 文庫名 訳者 巻末 カバーデザイン 初版年月日 ページ数 ISBN 備考
ABC殺人事件 早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫1-83 田村隆一 解説 小池滋 真鍋博 1987年 335 4-15-070083-4 絶版
ABC殺人事件 早川書房 クリスティー文庫11 堀内静子 解説 法月綸太郎 Hayakawa Design 404 4-15-130011-2
ABC殺人事件 早川書房 クリスティー・ジュニア・ミステリ 田口俊樹 2008年5月23日 4-15-208920-5
ABC殺人事件 東京創元社 創元推理文庫 深町眞理子 ひらいたかこ 2000年11月7日 408 4-488-10538-9
ABC殺人事件 講談社 講談社青い鳥文庫 花上かつみ 高松啓二 2000年5月15日 390 4-06-148533-4 新書判

映像化[編集]

映画[編集]

  • 『The Alphabet Murders』(イギリス 1966年

TV作品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 英・米探偵小説新傑作選集[1]全国書誌番号:47038679
  2. ^ ゴルフ場の殺人』(創元推理文庫、1976年)巻末解説参照。
  3. ^ 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(6)『アクロイド殺害事件』(集英社文庫、1998年)巻末解説参照。
  4. ^ 作者作品では他に、1位に『そして誰もいなくなった』、5位に『アクロイド殺し』、34位に『オリエント急行の殺人』、99位に『ナイルに死す』が選出されている。
  5. ^ "The A.B.C. Murders" Publication history(出版履歴)参照。