ジョン・マルコヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・マルコヴィッチ
John Malkovich
John Malkovich
2009年8月
本名 John Gavin Malkovich
生年月日 1953年12月9日(61歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イリノイ州クリストファー
配偶者 グレン・ヘドリー(1982 - 1988)
ニコレッタ・ペイラン(1989 - )
主な作品
シェルタリング・スカイ
二十日鼠と人間
ザ・シークレット・サービス
マルコヴィッチの穴

ジョン・マルコヴィッチJohn Malkovich, 本名: John Gavin Malkovich, 1953年12月9日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画プロデューサー

生い立ち[編集]

イリノイ州クリストファーにて、クロアチア系の父親[1][2][3][4]スコットランド及びドイツ系の母親[5]の間に生まれる。両親は共に地元の雑誌や新聞社のオーナーであり[6][7][8]、また自然保護運動にも熱心であった。

イリノイ州立大学で環境を専攻していたが、演劇に変更した[9]

キャリア[編集]

俳優活動[編集]

1976年に友人のゲイリー・シニーズと設立したステッペンウルフ・シアター・カンパニー[6]で数々の舞台に立ち、高い評価を得た。その後ブロードウェイでも『True West』や『セールスマンの死』などでオビー賞など数々の賞を受賞。1984年に映画デビュー。

スクリーンでは悪役を演じることが多いが、近年ではそれ以外でも『ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生』『チェンジリング』『バーン・アフター・リーディング』『RED/レッド』と、主役・準主役を演じることもある。

個性的な演技派として、世界的に活躍している。

その他[編集]

ファッションブランドを立ち上げている[10]。2012年にはiPhone 4SのCMに起用された[11]

私生活[編集]

女優のグレン・ヘドリーと1982年に結婚したが1988年に離婚。一時ミシェル・ファイファーとの交際が伝えられたが、1989年に映画制作スタッフのニコレッタ・ペイランと再婚して男女の子供が二人いる。

フランス語に堪能。

政治的な立場[編集]

リベラリストが優勢なアメリカ映画界の中で、右翼的発言で注目を集めることがある。死刑を支持していることでも知られている。2002年にイギリスで公演中、イスラエルとブッシュ政権の中東政策を痛烈に批判したイギリスのジョージ・ギャロウェイ下院議員(リスペクト党)を「射殺したい」と発言し、物議を醸した[12]

主な作品[編集]

出演[編集]

日本語吹き替えは主に樋浦勉がつとめる。

公開年 邦題
原題
役名 備考
1981 新聞記者の信疑
Word of Honor
ゲイリー テレビ映画
1984 プレイス・イン・ザ・ハート
Places in the Heart
ウィル氏
キリング・フィールド
The Killing Fields
アル・ロックフォス
1985 セールスマンの死
Death of a Salesman
ビフ テレビ映画
プライムタイム・エミー賞助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)受賞
哀愁のエレーニ
Eleni
ニック
1987 新生人 Mr.アンドロイド
Making Mr. Right
ジェフ・ピーターズ/ユリシーズ
ガラスの動物園
The Glass Menagerie
トム・ウィングフィールド
太陽の帝国
Empire of the Sun
ベイシー
1988 マイルズ・フロム・ホーム
Miles from Home
バリー・マクスウェル
危険な関係
Dangerous Liaisons
ヴァルモン子爵
1990 シェルタリング・スカイ
The Sheltering Sky
ポート・モレスビー
1991 クイーンズ・ロジック/女の言い分・男の言い訳
Queens Logic
エリオット
幸福の選択
The Object of Beauty
ジェイク
1992 ウディ・アレンの影と霧
Shadows and Fog
道化師
二十日鼠と人間
Of Mice and Men
レニー・スモール
ジェニファー8
Jennifer Eight
1993 生きてこそ
Alive
年老いたカルロス・"カルリトス"・パエス(ナレーター) クレジットなし
ザ・シークレット・サービス
In the Line of Fire
ミッチ・リアリー
真・地獄の黙示録
Heart of Darkness
クルツ テレビ映画
1995 メフィストの誘い
O Convento
マイケル
愛のめぐりあい
Beyond the Clouds/Al di là delle nuvole
ディレクター
1996 狼たちの街
Mulholland Falls
トーマス・ティムズ
ジキル&ハイド
Mary Reilly
ヘンリー・ジキル博士/エドワード・ハイド氏
ある貴婦人の肖像
The Portrait of a Lady
ギルバート・オズモンド
魔王
The Ogre/Der Unhold
アベル
1997 コン・エアー
Con Air
サイラス・グリッソム
1999 仮面の男
The Man in the Iron Mask
アトス
ラウンダーズ
Rounders
テディ-KGB
見出された時 -「失われた時を求めて」より-
Le Temps retrouvé
シャルリュス男爵
マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
ジョン・ホレイショ・マルコヴィッチ ニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞 受賞
ジャンヌ・ダルク
The Messenger: The Story of Joan of Arc
シャルル7世
2000 シャドウ・オブ・ヴァンパイア
Shadow of the Vampire
ムルナウ
レミゼラブル
Les Misérables
ジャベール ミニシリーズ
2001 家路
Je rentre à la maison
ジョン・クロフォード(映画監督)
ノックアラウンド・ガイズ
Knockaround Guys
テディ・デザーブ
HOTEL ホテル
Hotel
オマー・ジョンソン
2002 ダンス オブ テロリスト
The Dancer Upstairs
Abimael Guzman 監督・製作兼任
リプリーズ・ゲーム
Ripley's Game/Il gioco di Ripley
トム・リプリー
キング・オブ・キングス
Napoléon
Charles Talleyrand ミニシリーズ
アダプテーション
Adaptation.
本人 クレジットなし
2003 ジョニー・イングリッシュ
Johnny English
パスカル・ソヴァージュ
永遠の語らい
Um Filme Falado
ジョン・ワレサ船長
2004 リバティーン
The Libertine
チャールズ2世 製作兼任
2005 銀河ヒッチハイク・ガイド
The Hitchhiker's Guide to the Galaxy
ハーマ・カヴーラ
アイ・アム・キューブリック!
Colour Me Kubrick
アラン・コンウェイ
2006 アートスクール・コンフィデンシャル
Art School Confidential
サンディフォード 製作兼任
クリムト
Klimt
グスタフ・クリムト
エラゴン/遺志を継ぐ者
Eragon
ガルバトリックス王
2007 ベオウルフ/呪われし勇者
Beowulf
アンファース
2008 ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生
The Great Buck Howard
バック・ハワード
チェンジリング
Changeling
グスタヴ・ブリーグレブ牧師
ミュータント・クロニクルズ
Mutant Chronicles
コンスタンティン
バーン・アフター・リーディング
Burn After Reading
オズボーン・コックス
2009 メッセージ そして、愛が残る
Afterwards
ケイ
2010 ジョナ・ヘックス
Jonah Hex
クエンティン・ターンブル
RED/レッド
RED
マーヴィン・ボッグス
セクレタリアト/奇跡のサラブレッド
Secretariat
ルシアン・ローリン
2011 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
Transformers: Dark of the Moon
ブルース・ブラゾス
2012 皇帝と公爵
Linhas de Wellington
2013 ウォーム・ボディーズ
Warm Bodies
グリジオ大佐
REDリターンズ
RED 2
マーヴィン・ボッグス

製作[編集]

出演せずに製作・製作総指揮に携わった作品。

脚注[編集]

  1. ^ Plamenko Cvitić (2004年6月22日). “Croatia to hand over Serbian villas to phantom Czech agency”. Nacional (weekly). 2012年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月25日閲覧。
  2. ^ Coates, Sam; Asthana, Anushka (2004年1月3日). “Timesonline”. Follow that star (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/travel/article840929.ece 2010年5月20日閲覧。 
  3. ^ Croatian Art”. Croatianhistory.net (1995年9月2日). 2008年12月22日閲覧。
  4. ^ Kralev, Nicholas (2002年6月15日). “Seeing John Malkovich”. Nicholaskralve.com. Financial Times. 2006年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月22日閲覧。
  5. ^ Stolyarova, Galina (2006年3月31日). “Prisoners of War”. Moscow Times. 2006年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月22日閲覧。
  6. ^ a b Wood, Gaby (2001年9月30日). “A multitude of Malkovich”. The Guardian (London). http://film.guardian.co.uk/interview/interviewpages/0,6737,560488,00.html 2008年12月22日閲覧。 
  7. ^ “Joe Anne Malkovich”. Benton Evening News. (2009年3月24日). http://www.bentoneveningnews.com/obituaries/x1331540951/JOE-ANNE-MALKOVICH 2010年3月22日閲覧。 
  8. ^ Daniel Ewing Malkovich, 59”. The Randolph County Herald Tribune. 2012年3月9日閲覧。
  9. ^ Biography for John Malkovich
  10. ^ “俳優ジョン・マルコビッチがメンズブランド立ち上げ”. Fashionsnap News. (2011年7月14日). http://www.fashionsnap.com/news/2011-07-14/technobohemian-debut/ 2012年12月1日閲覧。 
  11. ^ “AppleのCM戦略:ジョン・マルコビッチ、Siriを使う”. TechCrunch. (2012年5月25日). http://jp.techcrunch.com/archives/20120524siri-ing-john-malkovich/ 2012年12月1日閲覧。 
  12. ^ MP stunned at actor's outburst - BBCニュース、2002年5月4日付

外部リンク[編集]