ハーマン・J・マンキーウィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Herman J. Mankiewicz
ハーマン・J・マンキーウィッツ
本名 Herman Jacob Mankiewicz
生年月日 1897年11月7日
没年月日 1953年3月5日(満55歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ハリウッド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 脚本家
活動期間 1926年 - 1952年
配偶者 Sara Aaronson (1920 - 1953)
家族 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ(弟)
ドン・マンキーウィッツ(息子)
フランク・マンキーウィッツ(息子)
主な作品
市民ケーン

ハーマン・ジャコブ・マンキーウィッツHerman Jacob Mankiewicz, 1897年11月7日 - 1953年3月5日)はアメリカ合衆国脚本家である。アカデミー脚本賞を受賞した1941年の『市民ケーン』の脚本家として知られる。オスカー監督であるジョーゼフ・L・マンキーウィッツは実弟。

経歴[編集]

1897年、ニューヨーク市で生まれる。父親のフランツ・マンキーウィッツはベルリン生まれで1892年にハンブルクからアメリカに移住して来た。1917年、コロンビア大学を卒業。編集者として働いた後、アメリカ陸軍に入隊。

1920年から1922年まで『シカゴ・トリビューン』紙の海外特派員としてベルリンに滞在。その間に執筆活動を始める。1925年から1926年まで『ザ・ニューヨーカー』誌で演劇の批評コラムを書く。これがハリウッドのプロデューサー、ウォルター・ウェンジャー (Walter Wangerの目に留まり、パラマウント映画と契約、ハリウッドで脚本家として働くようになる。

1941年の『市民ケーン』でアカデミー脚本賞を受賞。

1953年、尿毒症で死去。

主な作品[編集]

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
第14回アカデミー賞 脚本賞:『市民ケーン』(1941年
ノミネート
第15回アカデミー賞 脚色賞:『打撃王』(1942年

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]