ジキル&ハイド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジキル&ハイド
Mary Reilly
監督 スティーヴン・フリアーズ
脚本 クリストファー・ハンプトン
製作 ネッド・タネン
ナンシー・グレアム・タネン
ノーマ・ヘイマン
製作総指揮 リン・プレシェット
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 レスリー・ウォーカー
製作会社 パインウッド・スタジオ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 COLTRI
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年2月23日
日本の旗 1996年8月31日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $47,000,000
興行収入 $12,379,402[1]
テンプレートを表示

ジキル&ハイド』(原題: Mary Reilly)は、1996年に公開されたアメリカ映画

この作品はロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説『ジキル博士とハイド氏』を基にした、ヴァレリー・マーティンの小説『メアリー・ライリー/ジーキル&ハイドの恋英語版』が、原作である。

監督はスティーヴン・フリアーズ、脚本はクリストファー・ハンプトンがそれぞれ担当した。なお、出演者のうちグレン・クローズジョン・マルコビッチの2名は、アカデミー賞にノミネートされた1988年の作品『危険な関係』 でフリアーズとハンプトンとともに仕事をしたことがある。

あらすじ[編集]

ヘンリー・ジキル博士のメイドの一人であるメアリーは、過去に飲んだくれの父親に虐待されたこともあってか、自分の仕事に満足し、温厚で心やさしい博士とのひそやかな友情も育てつつあった。

しかし、ジキル博士の“助手”であるエドワード・ハイドに出会ってから、彼女の博士に対する態度は変わりつつあった。 当初メアリーはハイドに反発していたが、彼の美貌と情熱的な人となりに感心していた。

エドワード・ハイドは、博士に部屋を貸していたミセス・ファラデーや偶然彼と出会ったダンヴァーズ・カルー卿を殺害し、メアリーはカルー卿の殺害を目撃してしまった。

危険だと思ったメアリーは博士の元から出ようとするが、ハイドに追いかけられる。ハイドがある薬を飲んだ瞬間、ジキル博士の姿になった。

主要キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
メアリー・ライリー ジュリア・ロバーツ 勝生真沙子
ヘンリー・”ハリー”・ジキル博士/エドワード・ハイド ジョン・マルコビッチ 津嘉山正種
ブラッドショー マイケル・シーン 高木渉
執事プール ジョージ・コール 阪脩
ケント夫人 キャシー・スタッフ 藤夏子
アニー ブロナー・ギャラガー 喜田あゆみ
ファラデー夫人 グレン・クローズ 宮寺智子
メアリーの父 マイケル・ガンボン 青森伸
ダンヴァース・カリュー卿 キーラン・ハインズ 金尾哲夫

製作[編集]

1989年、プロデューサーの ジョン・ピーターズピーター・グーバーは『メアリー・ライリー/ジーキル&ハイドの恋英語版』の版権を手に入れ、ワーナーブラザースロマン・ポランスキーが監督する形で制作しないかと提案した[2] 。 グーバーは1989年末にソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの最高責任者になった際、この小説の映画化企画をソニーの子会社であるトライスター・ピクチャーズにうつした[3]。このとき、 ティム・バートン監督、デニーズ・ディ・ノヴィ英語版製作のもと1991年公開予定と、企画の内容が変更された[3]クリストファー・ハンプトンはその映画の脚本を書く契約を結び、彼による手直しを受け入れたバートンは、この映画の監督を務める契約を1993年1月に結んだ[2]。 ディ・ノヴィは、『エド・ウッド』の製作を終えた後の1994年1月にこの映画の撮影を開始するつもりだった[4] 。 ところが、グーバーが『エド・ウッド』の内容を変更するようバートンに迫ったため、これに怒ったバートンが1993年5月に『ジキル&ハイド』の監督を降板した。バートンの代理として、スティーヴン・フリアーズが監督を務め、解雇されたディ・ノヴィの後継はネッド・タネン英語版になった。

なお、当初トライスターの予定ではジキル博士役を ダニエル・デイ=ルイスが務めることになっていた[3]

評価[編集]

制作の遅れや主演俳優のトラブルなど、この映画の評判は公開前から悪く、公開後になってもよくはならなかった。また、主演の2人がミスキャストだったという評価もあった。かくして、予算4700万ドルに対し北米興行収入成績は560万ドルという結果に終わり[5][1]、後にメアリー役のジュリア・ロバーツはゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞にノミネートされ、フリアーズも最低監督賞にノミネートされた[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b Mary Reilly (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月13日閲覧。
  2. ^ a b Claudia Eller (1993年1月11日). “Fox mulls playing 'Pat' hand; TriStar woos Woo”. Variety. http://www.variety.com/article/VR102864 2010年10月30日閲覧。 
  3. ^ a b c Claudia Eller (1993年5月3日). “Burton's off 'Reilly'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR106493 2010年10月30日閲覧。 
  4. ^ Staff (1993年2月4日). “TriStar Pictures slate for 1993”. Variety. http://www.variety.com/article/VR103729 2010年10月30日閲覧。 
  5. ^ Mary Reilly (1996) - Box office / business
  6. ^ 1996 RAZZIE® Nominees & "Winners"”. 2011年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]