わたしの可愛い人 シェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わたしの可愛い人 シェリ
Cheri
監督 スティーヴン・フリアーズ
脚本 クリストファー・ハンプトン
原作 コレット
製作 ビル・ケンライト
アンドラス・ハモリ
トレイシー・シーウォード
トム・マウント
製作総指揮 クリストファー・ハンプトン
リチャード・テンプル
サイモン・フォーセット
フランソワ・イヴェルネル
キャメロン・マクラッケン
ナレーター スティーヴン・フリアーズ
音楽 アレクサンドル・デプラ
撮影 ダリウス・コンジ
編集 ルチア・ズケッティ
製作会社 UK Film Council
配給 フランスの旗 パテ
日本の旗 セテラ・インターナショナル
公開 ドイツの旗 2009年2月10日BIFF
フランスの旗 2009年4月8日
イギリスの旗 2009年5月8日
ドイツの旗 2009年8月27日
日本の旗 2010年10月16日
上映時間 90分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
フランス語
ラテン語
イタリア語
製作費 $23,000,000[1]
興行収入 $9,301,279[1]
テンプレートを表示

わたしの可愛い人 シェリ』(原題: Cheri)は、2009年イギリスフランスドイツ映画コレットの小説『シェリ』を映画化した作品である。

ストーリー[編集]

1906年、「ココット」と呼ばれる高級娼婦がセレブとしてもてはやされたベル・エポックの時代のパリ。 ココットを引退し、悠々自適な生活を送っていたレア・ド・ロンヴァルは、元同業者のシャルロット・プルーから彼女の19歳になる美貌の息子フレッドの放蕩生活をやめさせたいと相談される。 幼い頃からレアに「シェリ(愛しい人)」と呼ばれていたフレッドは、実はレアに想いを寄せ続けていたのだ。 そこでレアは教育係として息子ほども歳の離れたフレッドと交際することになる。

当初は短期間のはずが、レアとフレッドの関係は互いの生活を知り尽くした気楽さから6年も続いてしまう。 また、レアとの交際でフレッドの生活は健全なものになっていた。 そんなある日、フレッドの母シャルロットは、フレッドをココット仲間であるマリ=ロールの18歳の娘エドメと結婚させることにする。 フレッドの結婚を聞かされたレアは毅然とフレッドを送り出すが、フレッドを深く愛してしまっていたレアの内心は深く傷つく。 一方のフレッドもレアに想いを残しつつもエドメと結婚する。

キャスト[編集]

受賞またはノミネート[編集]

映画賞・映画祭 部門 候補 結果
サテライト賞 衣装デザイン賞 コンソラータ・ボイル ノミネート
ベルリン国際映画祭 金熊賞 スティーヴン・フリアーズ ノミネート

出典[編集]

  1. ^ a b Cheri (2009)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]