あなたを抱きしめる日まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あなたを抱きしめる日まで
Philomena
監督 スティーヴン・フリアーズ
脚本 スティーヴ・クーガン
ジェフ・ポープ英語版
原作 マーティン・シックススミス英語版
The Lost Child of Philomena Lee
製作 スティーヴ・クーガン
トレイシー・シーウォード
ガブリエル・ターナ
製作総指揮 フランソワ・イヴェルネル
クリスティーン・ランガン
キャメロン・マクラッケン
ヘンリー・ノーマル
出演者 ジュディ・デンチ
スティーヴ・クーガン
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ロビー・ライアン
編集 ヴァレリオ・ボネッリ
配給 日本の旗 ファントム・フィルム
公開 イタリアの旗 2013年8月31日VIFF
イギリスの旗 2013年11月1日
日本の旗 2014年3月15日
上映時間 94分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
テンプレートを表示

あなたを抱きしめる日まで』(原題: Philomena)は、スティーヴン・フリアーズ監督による2013年イギリスドラマ映画英語版である。マーティン・シックススミス英語版のノンフィクション本『The Lost Child of Philomena Lee』を原作としている。

第70回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され[1][2]クィア獅子賞を受賞。スティーヴ・クーガンジェフ・ポープ英語版金オゼッラ賞(脚本賞)を獲得した[3]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

評価[編集]

批評家の反応[編集]

本作は批評家から絶賛された。映画批評サイトRotten Tomatoesには160件のレビューがあり、批評家支持率は92%、平均点は10点満点で7.8点となっている[4]。批評家の意見をまとめると「魅力あふれる実話に基づいた上に、ジュディ・デンチとスティーヴ・クーガンという実力派俳優の名演に支えられた作品である。目利きの観客にも深い感動を与えうるドラマだ。」となる。

ただし、本作におけるカトリックの描写に関しては議論がある。ニューヨーク・ポストカイル・スミスは本作を「カトリックへの悪質な攻撃である」と評した[5]。この批判に対し、本作の制作者であるハーヴェイ・ワインスタインはニューヨーク・ポストに全面広告を出して抗議した。

受賞[編集]

カテゴリー 対象者 結果
オーストラリア映画協会賞[6] 主演女優賞 ジュディ・デンチ 未決定
女性映画ジャーナリスト同盟映画賞[7] 年齢を重ねても若々しい女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
脚色賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
英国インディペンデント映画賞[8] 主演男優賞 スティーヴ・クーガン ノミネート
主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
作品賞 ノミネート
脚本賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
放送映画批評家協会賞[9] 主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
脚色賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞[10] 脚色賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
ゴールデングローブ賞[11] 主演女優賞 (ドラマ部門) ジュディ・デンチ ノミネート
作品賞 (ドラマ部門) ノミネート
脚本賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
ハンプトン国際映画祭[12] 国内作品賞 スティーヴン・フリアーズ 受賞
ロンドン映画批評家協会賞[13] 主演女優賞 ジュディ・デンチ 未決定
英国主演男優賞 Steve Coogan 未決定
英国主演女優賞 ジュディ・デンチ 未決定
英国作品賞 未決定
脚本賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ 未決定
フェニックス映画批評家協会賞[14] 主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
脚色賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
作品賞 ノミネート
サンフランシスコ映画批評家協会賞[15] 主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
脚色賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
サテライト賞[16] 主演女優賞 ジュディ・デンチ 未決定
脚色賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ 未決定
作品賞 未決定
作曲賞 アレクサンドル・デスプラ 未決定
全米映画俳優組合賞[17] 主演女優賞 ジュディ・デンチ 未決定
セントルイス映画批評家協会賞[18] 主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
脚色賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ ノミネート
トロント国際映画祭[19] 観客賞 スティーヴン・フリアーズ 次点第1位
ヴェネツィア国際映画祭[20] 金獅子賞 ノミネート
クィア獅子賞 受賞
脚本賞 スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[21] 主演女優賞 ジュディ・デンチ ノミネート
ジョー・バーバー賞 ノミネート
女性映画批評家協会賞[22] 主演女優賞 ジュディ・デンチ 受賞
女性イメージ賞 受賞
女性映画賞 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ Venezia 70”. labiennale. 2013年7月26日閲覧。
  2. ^ Venice film festival 2013: the full line-up”. The Guardian. 2013年7月26日閲覧。
  3. ^ Official Awards of the 70th Venice Film Festival”. labiennale. 2013年9月10日閲覧。
  4. ^ Philomena (2013)”. 2014年1月1日閲覧。
  5. ^ ‘Philomena’ another hateful and boring attack on Catholics”. 2014年1月1日閲覧。
  6. ^ Frater, Patrick (2013年12月13日). “Australian Awards Laud 'American Hustle'”. Variety. 2013年12月13日閲覧。
  7. ^ 2013 EDA Award Nominees”. Alliance of Women Film Journalists (2013年12月11日). 2013年12月13日閲覧。
  8. ^ Nominations 2013”. British Independent Film Awards (2013年11月11日). 2013年12月3日閲覧。
  9. ^ Gray, Tim (2013年12月16日). “Critics Choice Awards: '12 Years,' 'American Hustle' Earn 13 Nominations Each”. Variety. 2013年12月16日閲覧。
  10. ^ '12 Years A Slave' Leads In Chicago Film Critics Association Award Nominations”. IndieWire (2013年12月13日). 2013年12月13日閲覧。
  11. ^ Reynolds, Simon (2013年12月12日). “Golden Globes nominations 2013: Movies list in full”. Digital Spy. 2013年12月12日閲覧。
  12. ^ Smith, Nigel M (2013年10月14日). “'Philomena' and 'Desert Runners' Nab Audience Award Honors at Hamptons International Film Festival”. IndieWire. 2013年12月3日閲覧。
  13. ^ London Critics' Circle Announces 2014 Film Awards Nominations”. London Film Critics Circle (2013年12月17日). 2013年12月17日閲覧。
  14. ^ Phoenix Film Critics Society 2013 Award Nominations”. Phoenix Film Critics Society. 2013年12月11日閲覧。
  15. ^ Lodge, Guy (2013年12月13日). “2013 San Francisco Film Critics Circle nominations”. HitFix. 2013年12月14日閲覧。
  16. ^ 2013 Nominations”. International Press Academy. 2013年12月3日閲覧。
  17. ^ Breznican, Anthony (2013年12月11日). “SAG Award Noms: '12 Years a Slave' leads while 'The Butler' surprises”. Entertainment Weekly. 2013年12月11日閲覧。
  18. ^ Venhaus, Lynn (2013年12月9日). “St. Louis Film Critics choose their award nominees”. Belleville News-Democrat. http://www.bnd.com/2013/12/09/2950954/st-louis-film-critics-choose-their.html 2013年12月10日閲覧。 
  19. ^ “TIFF 2013: 12 Years a Slave wins film fest's top prize”. Toronto Star. (2013年9月15日). http://www.thestar.com/entertainment/tiff/2013/09/15/tiff_2013_12_years_a_slave_wins_top_prize_at_film_fest.html 2013年12月3日閲覧。 
  20. ^ Official Awards of the 70th Venice Film Festival”. 2013年9月8日閲覧。
  21. ^ Tapley, Kristopher (2013年12月8日). “'12 Years a Slave' and 'Her' lead the way with Washington D.C. critics nominations”. HitFix. 2013年12月9日閲覧。
  22. ^ Tapley, Kristopher (2013年12月16日). “2013 Women Film Critics Circle winners”. HitFix. 2013年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]