ジェームズ・M・ケイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームズ・M・ケイン(James Mallahan Cain,1892年7月1日 - 1977年10月27日)はアメリカ合衆国出身のジャーナリスト作家。特に犯罪小説で有名。

経歴[編集]

メリーランド州の州都アナポリス市のアイルランドカトリックの家庭に生まれる。父親のジェイムズ・ウィリアム・ケインは同州チェスタートン市のワシントン・カレッジの校長、母親はオペラ歌手のローズ・マラハンで、母親の職業から、ケインも少年時代にはオペラ歌手の志望を抱いていたが、声量不足を母親から指摘されて断念する(ケインは一生を通じて病質な体質に悩んでいた)。1910年に十八歳の若さでありながら、父親が校長を務めるカレッジで文学士号の学位を取り、その後アメリカが第一次大戦に参戦したことから、卒業後に二年間を兵役に服した。軍ではフランスにて軍向け雑誌の編集を手がける。1917年には文学修士号の資格を獲得、それからの四年間、ケインは父のカレッジで数学と英語学を教えた。ジャーナリスト志望だったケインはボルティモアの新聞社に務め、(『ボルティモア・アメリカン』紙、1917~18年、『ボルティモア・サン』紙、1919~1923年)、そのあとは故郷アナポリスのセント・ジョン大学ジャーナリズム科で一年ほど教壇に立った。その後、ニューヨークで『ワールド』紙につとめ(1924~1931年)、論説を担当することになる。新聞社の仕事の合間には雑誌向けの短編小説を書きだす。その後ハリウッドに向かい、脚本家、作家として活躍するようになる。[1]そして1934年に『郵便配達は二度ベルを鳴らす(The Postman Always Rings Twice)』を発表、ベストセラーとなり、小説家とシナリオ・ライターの二足のわらじを履くことになっが、1936年に連載小説として書かれた『殺人保険(Double Indemnity)』(リバィティー・マガジンに連載)にも成功し、作家としても経済的にも恵まれた位置に定着した。

その後、病身に鞭打って三十数年にわたる作家活動を続け、二十編近い長編と夥しい数の短編を書き上げた。その作品の多くは映画化されて、いずれも好評をもって迎えられ、ケインの原作による映画会社の収益は千二百万ドルの巨額に登った。ところが彼自身の所得は累計十万ドルに過ぎず、そこに執筆者の利益擁護機関の必要性を感じとり、同志を募り運動を起こした。これが現在のアメリカ作家同盟の設立のきっかけになった。[2]

『郵便配達は二度ベルを鳴らす』がカミュの『異邦人』に影響を与えたという説が根強くあるが、カミュ自身はこの小説に言及した事はない。しかしカミュがアメリカ産ハードボイルド小説を多数読んでいたことは確かで、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』を読んで何らかの影響を受けた可能性は高い。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 郵便配達は二度ベルを鳴らす(ハヤカワ文庫解説)
  2. ^ アドレナリンの匂う女(創元推理文庫解説)