ドーヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Deauville
Blason ville fr Deauville (Calvados) pattes de lion.svg
France Calvados deauville port casino.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) バス=ノルマンディー地域圏
(département) カルヴァドス県
(arrondissement) リジュー郡
小郡 (canton) トルーヴィル=シュル=メール小郡
INSEEコード 14220
郵便番号 14800
市長任期 フィリップ・オジエ
2008年 - 2014年
自治体間連合 (fr) Communauté de communes Cœur Côte Fleurie
人口動態
人口 市: 4 364人
1999年
人口密度 1 222人/km²
地理
座標 北緯49度21分36秒 東経0度04分31秒 / 北緯49.36度 東経0.075278度 / 49.36; 0.075278座標: 北緯49度21分36秒 東経0度04分31秒 / 北緯49.36度 東経0.075278度 / 49.36; 0.075278
標高 平均:? m
最低:0 m
最高:83 m
面積 市: 3.57km²
Deauvilleの位置(フランス内)
Deauville
Deauville
テンプレートを表示

ドーヴィル(ドヴィル)[1]: Deauville)は、フランスカルヴァドス県の町。『ノルマンディー海岸の女王』と謳われる、港、ヴィラ、カジノ、ホテルを擁するリゾートの町である。

歴史[編集]

ドーヴィルが歴史に登場するのは1060年である。当時はア・エニラという名の漁村であった。19世紀からリゾート地として整備が始まり、1860年代には皇帝ナポレオン3世が訪問した。パリブルジョワ階級がこぞって休暇を過ごす地となり、1863年トルヴィル=シュル=メール鉄道が開通。駅の名前はトルヴィルとなり、パリから6時間でドーヴィルへ行くことが可能になった。代々ドーヴィルの領主であったモルニー公は宮廷に影響力があり、貴族らがこぞって保養に訪れるようになった。土地が売れ、宮殿と見まごうばかりのヴィラが建ち、金持ちの観光客目当てのカジノやホテルが建った。

20世紀に入ってから、2つの大戦の影響により観光業が低迷。第二次世界大戦中はドイツ軍に占領された。

1960年代から再びリゾート地として注目を集める。イポドローム・ド・ラ・トーケ競馬の主催地であり、ドーヴィル近郊の田舎町や、フランス中の競走馬飼育農場から馬が集まる。

2011年5月26~28日のサミット開催地となった。   

雑学[編集]

イベント[編集]

  • ドーヴィル・アジア映画祭
  • ドーヴィル・アメリカ映画祭

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

脚註[編集]

  1. ^ "FORVO"での発音例