イアン・フレミング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イアン・フレミング
Ian Lancaster Fleming
誕生 1908年5月28日
イギリスの旗 イギリスウェストミンスターメイフェア
死没 1964年8月12日(満56歳没)
イギリスの旗 イギリス、ロンドン
職業 作家、脚本家
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 冒険小説
代表作 007シリーズ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

イアン・フレミング(Ian Lancaster Fleming、1908年5月28日 - 1964年8月12日)は、イギリスウェストミンスターメイフェア生まれの冒険小説家。

プロフィール[編集]

政治家の息子として生まれる。陸軍士官学校卒業後、銀行や問屋での勤務を経て、大手通信社のロイター通信の支局長としてモスクワに赴任。

1939年から英海軍情報部英語版(NID)に勤務。同年にイギリスも参戦した第二次世界大戦中はスパイとして活動し、ゴールデンアイ作戦などの指揮を執った。戦後、スパイ活動から引退する。

その後、ジャマイカの別荘「ゴールデンアイ英語版」に居住。1953年に、それまでの経験をもとに「ジェームズ・ボンド」シリーズ第1作となる長編『カジノ・ロワイヤル』を発表する。1964年、遺作となった『黄金の銃をもつ男』を校正中に心臓麻痺で死去(56歳)。

映画からは窺えないが、著作(007シリーズ)内では食事シーンが実に克明に描かれており、フレミング本人も「超美食家」ともいうべき生活習慣のスタイルであったと伝えられている。そのためか、早い段階から心臓血管疾患をかかえて生活しており、映画化された自分の作品は、映画における第2作『007 ロシアより愛をこめて』までしか目にすることができなかった。

1990年にイアン・フレミング自身を題材にした映画『スパイメーカー』が公開された。監督はフェルディナンド・フェアファックス、主演はジェイソン・コネリーショーン・コネリーの息子)。ただしこの作品の趣旨は「ヤング・ジェームズ・ボンド」とでも呼ぶべき、ボンドとフレミングを同一視したうえでその若い時代を描くという娯楽フィクションで、伝記ものではない。実際のフレミングは確かに海外情報部勤務であったがデスクワークが主体であり、任務を帯びて敵地に潜入する立場にはなかった。

2014年にフレミングのスパイ時代がBBCの製作で全4話のテレビミニシリーズ『ジェームズ・ボンドを夢見た男』として映像化され、日本ではWOWOWで放送された。

プライベート[編集]

妻はアン・ロザーメア子爵夫人(旧姓チャータリス、1981年没、フレミングとは3回目の結婚)。息子はカスパー(1975年没)。従兄弟には『吸血鬼ドラキュラ』などに出演した俳優のクリストファー・リーがいる(リーは、映画『007 黄金銃を持つ男』で敵役であるスカラマンガを演じた)。また、『チャーリーとチョコレート工場』などの同じくイギリスの作家ロアルド・ダールと親交があり、ダールは『007は二度死ぬ』映画版の脚本を書いた。

著作リスト[編集]

長編[編集]

短編集[編集]

  • 『007号の冒険』 For Your Eyes Only: Five Secret Occasions in the Life of James Bond (1960)
    新版では「バラと拳銃」と改題
    • 「バラと拳銃」From a View To A KIll
    • 「読後焼却すべし」For Your Eyes Only
    • 「ナッソーの夜」Quantum of Solace
    • 「危険」Risico
    • 「珍魚ヒルデブランド」The Hildebrand Rarity
  • 『007号/ベルリン脱出』 Octopussy and the Living Daylights (1966)
    新版では「オクトパシー」と改題
    • 「007号の追求」Octopussy
    新版では「オクトパシー」と改題
    • 「007号の商略」Property of A Lady
    新版では「所有者はある女性」と改題
    • 「007号/ベルリン脱出」The Living Daylights
    新版では「ベルリン脱出」と改題

ノンフィクション[編集]

  • 『ダイヤモンド密輸作戦』 The Diamond Smugglers (1957)
  • 『007号/世界を行く』Thrilling Cities (1963)
  • 『続007号/世界を行く』Thrilling Cities (1963)

関連項目[編集]