007 サンダーボール作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

007 サンダーボール作戦』(ゼロゼロセブン[1] サンダーボールさくせん、Thunderball)は、イアン・フレミング、ケヴィン・マクローリー、ジャック・ウィッティンガムの長編小説『007』シリーズ第8作。また1965年公開、テレンス・ヤング監督のアクション映画『007』シリーズ第4作。

小説[編集]

『007』シリーズ長編第8作(単行本としては『007号の冒険』に次ぐ9冊め)。1961年ジョナサン・ケープより出版された。日本では1962年早川書房から井上一夫訳によりハヤカワ・ポケット・ミステリで発売された。

この小説はマクローリー、ウィッティンガムと共同で執筆した映画用脚本をフレミングが無断で小説化したために共同執筆者の2人が告訴。以後、2人の名前も著者に加えられている。

あらすじ[編集]

MOS型核弾頭2基を搭載したイギリス空軍機が、NATOの訓練飛行中に消息を絶ち、謎の組織スペクターが1億ポンド相当の金塊を要求してきた。イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドは、上司Mが空軍機の消えた先と睨んだバハマに派遣される。そこでは、スペクターの幹部エミリオ・ラルゴが、宝探しのふりをして海底に沈めた空軍機から原爆を回収しようとしていた。ボンドはCIAやアメリカ海軍原子力潜水艦メンタ号の支援を受け、ラルゴに立ち向かう。

出版[編集]

映画[編集]

007 サンダーボール作戦
007 Thunderball
監督 テレンス・ヤング
脚本 リチャード・メイボーム
ジョン・ホプキンス
原作 イアン・フレミング
製作 ケビン・マクローリー
出演者 ショーン・コネリー
クローディーヌ・オージェ
アドルフォ・チェリ
音楽 ジョン・バリー
撮影 テッド・ムーア
編集 ピーター・ハント
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 イギリスの旗 1965年12月29日
日本の旗 1965年12月25日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $9,000,000[2]
興行収入 $141,200,000(世界)[2]
前作 007 ゴールドフィンガー
次作 007は二度死ぬ
テンプレートを表示

概要[編集]

シリーズて初めて水中アクションを取り入れた作品。前作『ゴールドフィンガー』から一転、再びシリアス路線に戻った。

アカデミー視覚効果賞を受賞し、世界興行収入は1965年の映画で『サウンド・オブ・ミュージック』に次ぐ第2位を記録[3]し、インフレ率で修正した場合、シリーズで最高の興行収入となる(第2位はゴールドフィンガー)。日本でも、1966年の日本映画も含めた興行収入で圧倒的な1位を記録した[4]

著作権問題[編集]

原案と製作にクレジットされているケヴィン・マクローリー、および原案にクレジットされているジャック・ウィッティンガムは『サンダーボール作戦』の共同執筆者である。フレミングの映画化権売却は不当であったとして訴訟を起こしていたが、製作にクレジットする事を条件に映画化に合意した。映画シリーズが制作される時、この作品が第1作になるはずだったが、制作費の問題や小説の著作権訴訟問題の関係で『ドクター・ノオ』が第1作になった。

しかし『サンダーボール作戦』に登場する組織スペクターとその首領ブロフェルドがその後の映画にも登場したため、マクローリーは小説『サンダーボール作戦』の著作権同様、その作中に登場するスペクターとブロフェルドの権利も自分にあるとして映画製作者を訴えた。この訴訟が原因で、『007 ダイヤモンドは永遠に』を最後にスペクターもブロフェルドも登場しなくなった。

ネバーセイ・ネバーアゲイン』は、『サンダーボール作戦』の映画化権を持つマクローリーがサルツマンおよびブロッコリらとは別に製作したリメイクである。

ストーリー[編集]

原子爆弾2発を搭載したNATO空軍ヴァルカン爆撃機が訓練中に消息を絶ち、その後犯罪組織「スペクター」が奪った原爆と引き換えにNATOに対して一億ポンド相当のダイヤモンドを要求してきた。

英国情報部は00要員全員に調査指令「サンダーボール作戦」を発令。ボンドはバハマナッソーへ飛び、そこで爆撃機に搭乗していたNATO空軍少佐の妹ドミノに接近する。

ドミノの後見人ラルゴは、実はスペクターの幹部として爆撃機奪取を指揮した男だった。ボンドは命がけで核爆弾を捜索する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャラクター、キャストなど[編集]

  • ショーン・コネリーとサメはガラスで仕切られていたが、サメが僅かな隙間から侵入し、ショーンと鉢合わせした他、もう少しでコネリーに触れる距離まで接近した(映像にも残っている)。製作者は「ショーンは水の上を走るようにプールから飛び出した」と語った。
  • 映画では『ロシアより愛をこめて』で初登場した、スペクターNo.1のブロフェルドが再度登場するが、前回同様顔も見せなければ名前も明らかにしない。『ドクター・ノオ』でデント博士役だったアンソニー・ドーソンが演じ、エリック・ポールマンが声を吹き替えているのも前回と同じである。ただし、髪の毛は見えているので、髪がなくなったのはこれより後ということになる。
  • 小説では、ブロフェルドがスペクター2号(No.2)、ラルゴが1号(No.1)だが、スペクターの首領はブロフェルドである。これは秘密保持のため定期的に番号を入れ替えるためであるが、映画では分かり易いように一貫してブロフェルドが1号。ただし、リメイク版『ネバーセイ・ネバーアゲイン』では、ブロフェルドが原作通り2号になっている。
  • ラルゴを演じたのはイタリアの俳優アドルフォ・チェリだが、声はイギリスの俳優ロバート・リエッティが吹き替えている。リエッティは、『ネバーセイ・ネバーアゲイン』にも、イタリアの大臣役で出演している。
  • CIAフェリックス・ライターは、フレミングの原作では第2作『死ぬのは奴らだ』で負傷した後、ピンカートン探偵社に転職していたが、本作でCIAに復帰した。今回、映画でライターを演じるのは、アメリカの俳優リク・ヴァン・ヌッター。彼は当時、サルツマンとブロッコリが『007』シリーズ以外に製作した唯一の映画である『腰抜けアフリカ博士』のヒロインを演じた、アニタ・エクバーグ(『ロシアより愛をこめて』にこの映画の看板が登場する)の夫だった(後に離婚)。
  • バハマの連絡員ポーラを演じたマルティーヌ・ベズウィックは、『ロシアより愛をこめて』ではロマ女性のゾラ役だった。

主題歌[編集]

  • 主題歌には当初 “Mr. Kiss-Kiss Bang-Bang” という曲が用意されており、シャーリー・バッシーでこれを録音までしていた(後に同じ曲をディオンヌ・ワーウィックであらためて録音している)。ところが公開日が近づくにつれプロデューサーが「曲名が映画のタイトルと異なり、歌詞で映画のタイトルを一言も言わず、しかもボンドの色男ぶりが女性の視点から語られる」という歌に不安を抱くようになり、急遽 “Thunderball” を書かせてこれと差し替え、“Mr. Kiss-Kiss Bang-Bang” の方はインストゥルメンタルとして劇中に挿入した。
  • このため本映画はサウンドトラックの編集が間に合わず、公開当初は全編のほぼ半分が12トラックのうち7トラックのみを使った暫定版を使用していた。
  • 新主題歌の “Thunderball” は大至急で作詞作曲されて録音されたため、トム・ジョーンズの本来の声域より高いキーで書かれていた。ぶっつけ本番に近いスタジオ録音で、ラストの長いハイノートを得意の大音声で歌いきったジョーンズは、頭に血が上ってその場に卒倒してしまった。本人も認めている有名なエピソードである。
  • なお “Mr. Kiss-Kiss Bang-Bang” の方は、シャーリー・バッシー版、ディオンヌ・ワーウィック版ともに、二枚組の「ジェームズ・ボンド 30周年記念アルバム」のなかにお宝トラックとして収録されている。
  • イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では、最高位35位、アメリカの「ビルボード」誌では、最高位25位を獲得している。また、同サウンドトラック・アルバムは、「ビルボード」誌のアルバム・チャートで、最高位10位を獲得している。

秘密兵器など[編集]

  • ロケット・ベルト(ジェット・パック)。一人用で背中に負い、低温式ヴァルターロケット推進で飛行が可能。スペクターNo.6のジャック・ブヴァール大佐を倒した後、脱出用に使用。ベル・エアロシステムズが開発した実在の装置で、撮影でも実際に飛行を行った。
  • ボンドカーとして前作『ゴールドフィンガー』に引き続きアストンマーチン・DB5が使用された(ただし、前作のDB5は劇中で大破したため、2台目である)。冒頭のフランスと、保養所のシーンに登場。以下を装備。
    • 後部防弾板(前作でも披露)。
    • 放水装置。後方の敵に向かって放水。
  • 腕時計型ガイガー・カウンターブライトリングのトップタイムに偽装してあり、原爆の捜索に使用。普段はこれまで同様、ロレックス・サブマリナーを着用している。
  • 水中カメラ。8枚連写が可能で、赤外線フィルムにも対応。ディスコ・ヴォランテ号の船底を撮影するのに使用。
  • 救難信号発射用ミニチュア・ピストル。
  • 小型ボンベ。非常用のエアタンク。約4分間の呼吸が可能(撮影用に作られたもので、実際の呼吸は不可能であった)。
  • 放射性カプセル。服用することにより、味方が特殊受信機で位置を探知できる。人体には無害。
  • カメラ型ガイガー・カウンター。ボンドがドミノに渡し、ディスコ・ヴォランテ号内で原爆のありかを探索させた。
  • 水中ジェットパック。背中に負って、底部のスクリューで高速推進。前照灯、水中銃2丁を装備。
  • ディスコ・ヴォランテ号。ラルゴの所有する水中翼船。「ディスコ・ヴォランテ」とは、イタリア語で「空飛ぶ円盤」のこと。船底には格納スペースがあり、ここに原爆を隠した。後部を切り離すことが可能。その後部には機関銃や対艦砲が装備されている。
  • 水中戦車。ラルゴ側が使用した複座の潜水艇。気密性はなく、潜水具をつけて乗る。水中銃を複数装備。原爆の運搬に使用した。
  • BSA・A65ライトニング。スペクターのフィオナが使用したバイク。カウルにミサイル発射管4基を備えている。このミサイルで、1957年製フォード・フェアレーンに乗ったリッペ伯爵を、車ごと葬り去った。その後池に沈めて証拠隠滅。

その他[編集]

ジャンカヌー
  • スペクターの会議で、No.5がイギリスの列車強盗でコンサルタント料25万ポンドを得たと報告する。本作公開2年前の1963年8月8日、イギリスのバッキンガムシャー州で列車強盗が起こり、260万ポンドが盗まれていた。犯人は逮捕されたが、その一人ロナルド・ビッグスが脱獄し、長年にわたって逃亡生活を送ったことでも知られる事件である。
  • スペクターのリッペ伯爵にはトングの刺青があった。トング(Tong)は実在する中国系の秘密結社で、第1作のドクター・ノオがスペクターに加わる前に所属していた組織でもある。
  • オフィスに戻ったボンドは、例によって帽子掛けに帽子を投げて掛けようとするが、ある理由から断念する。
  • MI6本部の会議室ではヨーロッパ中の00要員が招集されている。この会議室が登場するのは本作のみ。会議室の大広間にはMや外務大臣が使用する大きなテーブルと00要員が座る椅子が九脚用意され、その後ろには書記官が控える。最後に入室したボンドは入り口から七番目の椅子に着く。当初は映画やテレビの錚々たるスパイ役が並ぶ予定だったが、資金で無理と分かり、取りやめになった。はっきり見えないが、3番目の席にいる女性はシリーズ初にして唯一のMI6に所属する女性スパイである。
  • 会議で配られた資料にある "O.H.M.S.S." とは、『女王陛下の007』の原題にもなっている、"On Her Majesty's Secret Service"、すなわち「英国秘密情報部」の略号である。
  • 外務大臣を演じたローランド・カルヴァーは英国映画ではお馴染みの俳優。「C.O.D」「Secret Mission」等40作品以上に出演。「マッキントッシュの男」や「ヘルハウス」で名を残し、1984年に他界。
  • スペクターから一億ポンド相当のダイヤモンドを要求され、イギリス内務大臣は部下にデ・ビアスへ行くように命じる。
  • プレ・オープニングは、フランスのユール・エ・ロワールでロケされた。ボンドとブヴァール大佐との対決が行われたのは、アネ城館である。
  • DB5のカーチェイス・シーンは、イギリスのシルバーストン・サーキットで撮影された。F1・イギリスグランプリの開催場所である。
  • バハマのシーンは現地ロケが行われた。
    • ボンドがライターをポーラとピンダーに紹介するのは、ナッソーのベイ・ストリート。
    • ボンドとドミノがダンスをするのは、パラダイス島のカフェ・マルティニーク。現在は巨大リゾート、アトランティスの一部となっている。
    • ボンドが閉じ込められた岩窟ゴールデン・グロット(Golden Grotto)一帯は、その後サンダーボール・リーフ(Tunderball reef)と呼ばれ名所となっている。
  • ボンドとライターがヘリコプターで原爆搭載機を捜索中に、なぜか居ないはずのピンダーの声が収録されている。この台詞はDVD化された際に消されたが、特典映像として見る事ができる。
  • ボンドがラルゴの船に乗るシーンもあったがカットされた。このシーンはフイルムが残っていないが、写真は存在する。
  • マイアミでのクライマックスは、パラシュート降下シーンは現地で撮影されているが、それに続く海中での戦闘シーンはバハマで行われている。
  • 劇中で行われるパレードは、バハマの有名な行事であるジャンカヌー(Junkanoo)。本来は開催時期でなかったが、撮影のため本番同様に実施された。
  • フィオナがバハマで乗っていた車は、フォード・マスタング・コンバーチブル。
  • ボンドはドミノにコンチ・チャウダーを勧める。コンチ貝(コンク貝)のチャウダーで、バハマ名物である。
  • ボンドはベルーガのキャビアと、ドン・ペリニヨンの1955年ものを注文する。
  • ボンドが「助けて!」と叫ぶ珍しいシーンがある。また、珍しくボンドが銃で撃たれて足を負傷する。
  • 水中撮影を監督したリコウ・ブラウニングは、50年代のユニバーサル製モンスター映画、『大アマゾンの半魚人』で半魚人を演じたスーツアクター。
  • Qは登場しないはずだった。

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 テレビ版 DVD新録版
ジェームズ・ボンド ショーン・コネリー 若山弦蔵
ドミノ クローディーヌ・オージェ 宗形智子 佐藤あかり
エミリオ・ラルゴ アドルフォ・チェリ 島宇志夫 水野龍司
フィリックス・ライター リック・ヴァン・ヌッター 池田勝 咲野俊介
M バーナード・リー 今西正男 藤本譲
マニーペニー ロイス・マクスウェル 花形恵子 泉裕子
Q デスモンド・リュウェリン 田中康郎 白熊寛嗣
フィオナ ルチアナ・パルッツィ 小谷野道子
ポーラ マルティーヌ・ベズウィック 鈴木希久代
クッツ博士 ジョージ・ブラヴダ 飯塚昭三
ブロフェルド アンソニー・ドーソン 早川雄三 稲垣隆史
バルガス フィリップ・ロック 若本規夫 中多和宏
ピンダー アール・キャメロン 平林尚三
クイスト ビル・カミングス 村松康雄
リッペ伯爵 ガイ・ドールマン 緑川稔 白熊寛嗣
パトリシア モリー・ピータース 尾崎桂子 田村聖子
外務大臣 ローランド・カルヴァー 緑川稔 小形満
No.5 フィリップ・ストーン 松岡武司
No.7 セシル・チェン 笹岡繁蔵
マダム・ラポルテ ミツコ 柾久美子
ディスコ・ヴォランテ号乗組員 ジョージ・リーチ 鈴置洋孝
  • テレビ版 - TBS月曜ロードショー』1977年4月4日放映(延長枠・本編約121分)※キングレコードから発売の特別版DVDに収録。
    ※「月曜ロードショー」延長枠で初放映された唯一の初代007シリーズ作品。延長枠放映は初回1回限りで、再放送は通常2時間枠となった。(再放送での本編は最長でも約92分)
  • DVD新録版 - 2006年11月22日発売 DVD アルティメット・コレクション

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公開時。日本でも「ダブルオーセブン」と言うようになったのは第8作『007 死ぬのは奴らだ』から
  2. ^ a b Thunderball” (英語). The Numbers. 2009年6月26日閲覧。
  3. ^ List movies by worldwide gross” (英語). WorldwideBoxoffice.com. 2009年6月26日閲覧。
  4. ^ 興行成績一覧”. キネマ旬報DB. 2009年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]