ティモシー・ダルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティモシー・ダルトン
Timothy Dalton
Timothy Dalton
(1987年7月)
本名 Timothy Peter Dalton
生年月日 1946年3月21日(68歳)
出生地 ウェールズの旗 ウェールズ
国籍 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 俳優
活動期間 1968年 -
活動内容 1968年:映画デビュー
主な作品
007』シリーズ

ティモシー・ピーター・ダルトンTimothy Peter Dalton, 1946年3月21日 - )は、イギリス俳優。身長188cm。

来歴[編集]

キャリア[編集]

ウェールズのコルウィン・ベイで生まれ、父親がマンチェスターで広告業に就いていたため、ダービーシャーのミルフォードで育つ[1]。父親はイギリス人、母親はアイルランド・イタリア・イギリスの血を引くアメリカ人。

子供の頃から演じることに興味があったが、16歳の時『マクベス』の舞台を観て本格的に俳優を志す。高校卒業後は王立演劇学校に入学し、そこで2年学んだ後、バーミンガムの劇団に入団するため学校を去る。それから間もなくテレビ出演を重ねるようになり、1968年冬のライオン』で銀幕デビューを飾った。

1987年イギリスの大人気シリーズ映画『007』シリーズの4代目ジェームズ・ボンド役として、シリーズ第15作『007 リビング・デイライツ』と 第16作『007 消されたライセンス』に出演した。ショーン・コネリーロジャー・ムーアという2大「長期政権」の後でダルトンの起用を危ぶむ声も多かったが、若々しく活動的かつ本格派な新しいボンド像を作りあげた功績は大きい。『007 リビング・デイライツ』の際、プロモートで来日した。

その後、007シリーズは権利問題で製作が一時休止され、その間にダルトンはボンド役に興味がなくなったことを発表し、降板した。ダイアナ妃ワシントンD.C.の英国大使館で『007 リビング・デイライツ』を見た際に「最もリアルなジェームズ・ボンド」と評した事は有名。『消されたライセンス』は興行的に振るわなかったものの、ダルトンのボンドはイアン・フレミングの原作に最も近いとも言われる[1]。近年はテレビ映画への出演が多い。

私生活[編集]

1997年、ロシア人(ウクライナ出身)モデルで歌手のオクサナ・グリゴリエヴァとの間に息子アレクサンダーをもうけた[2][3]が、後に離別[4]。オクサナは2009年、28年間連れ添ったロビン元夫人と離婚したばかりだったメル・ギブソンの恋人となり[4][5]、ギブソンの娘を出産した[6][7][8]

過去には、ブルック・シールズ[2]エリザベス・テイラー[2]ヴァネッサ・レッドグレイヴ[2]らと浮名を流している。

エピソード[編集]

ジェームズ・ボンド役のオファーは『女王陛下の007』の時にも受けているが、この時ダルトンは「自分は若すぎる」と言って断っている[1]。また、『007 ムーンレイカー』の後、ロジャー・ムーアが降板の意思を示した際、次回作『007 ユア・アイズ・オンリー』のボンド役として、再び彼にオファーが来たが『ココ・シャネル』への出演が決まっており断念した。『007 美しき獲物たち』を最後にムーアは降板したが、ダルトンは舞台で多忙のためピアース・ブロスナンにオファーが行くも、ブロスナンは『探偵レミントン・スティール』の契約があり受けられなかった。そこで、ダルトンに3度目のオファーがあり、『リビング・デイライツ』でついにボンド役を演じることとなった[1]。『ユア・アイズ・オンリー』でボンド役に決まっていたら、『オクトパシー』と『美しき獲物たち』も彼がボンドを演じるはずだった。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

日本語吹き替えは主に小川真司がつとめている。

公開年 邦題
原題
役名 備考
1968 冬のライオン
The Lion in Winter
フィリップ
1970 嵐が丘
Wuthering Heights
ヒースクリフ
クロムウェル
Cromwell
ルパート (カンバーランド公)
1971 クイン・メリー/愛と悲しみの生涯
Mary, Queen of Scots
ヘンリー
1975 殺しの許可証
Permission to Kill
チャールズ・ロード
1978 結婚狂奏曲セクステット
Sextette
サー・マイケル・バリントン
1979 アガサ/愛の失踪事件
Agatha
アーチボルド・クリスティ
1980 フラッシュ・ゴードン
Flash Gordon
バリン王子
1981 ココ・シャネル
Chanel Solitaire
ボーイ・カペル
1985 贖われた7ポンドの死体
The Doctor and the Devils
トーマス・ロック
1987 007 リビング・デイライツ
The Living Daylights
ジェームズ・ボンド
1988 この命尽きるまで
Hawks
バンクロフト
1989 007 消されたライセンス
Licence to Kill
ジェームズ・ボンド
ブレンダ・スター
Brenda Starr
バジル・セントジョン
1990 マスカレード/仮面の愛
La putain du roi
ヴィットリオ・アマディオ
1991 ロケッティア
The Rocketeer
ネヴィル・シンクレア
1997 美容師と野獣
The Beautician and the Beast
ボリス
アンダーフィールド
The Informant
レニー
1999 ブルズ・アイ
Made Men
デックス・ドライヤー
2000 エクソシスト・トゥルーストーリー
Possessed
ウィリアム・ボーデン テレビ映画
2001 アメリカン・アウトロー
American Outlaws
アラン・ピンカートン
2006 ミス・マープル シタフォードの謎
Agatha Christie Marple: The Sittaford Mystery
クライヴ・トレヴェリアン テレビ映画
2007 ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-
Hot Fuzz
サイモン・スキナー
2010 トイ・ストーリー3
Toy Story3
ミスター・プリックルパンツ 声の出演
ツーリスト
The Tourist
ジョーンズ主任警部
2012 ティンカー・ベルと輝く羽の秘密
Secret of the Wings
ミロリ 声の出演

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1983 ジェーン・エア
Jane Eyre
エドワード・フェアファックス・ロチェスター ミニシリーズ
1984 ミストラルの娘
Mistral's Daughter
ペリー ミニシリーズ
1986 愛と復讐のヒロイン
Sins
エドモンド ミニシリーズ
1994 スカーレット
Scarlett
レット・バトラー ミニシリーズ
1999 レジェンド・オブ・エジプト
Cleopatra
ユリウス・カエサル ミニシリーズ
2009-2010 ドクター・フー
Doctor Who
ロード・プレジデント 2エピソード
2010-2011 CHUCK/チャック
Chuck
Alexei Volkoff/Hartley Winterbottom 6エピソード

関連[編集]

日本語吹き替えを担当したことがある声優

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “Timothy Dalton” (英語). BBC. (2003年1月). http://www.bbc.co.uk/derby/features/famous_derby/timothy_dalton.shtml 2009年8月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d “James Bond's Russian bride” (英語). プラウダ. (2002年12月8日). http://english.pravda.ru/main/18/90/361/11480_Jamesbond.html 2009年8月3日閲覧。 
  3. ^ Timothy Dalton” (英語). NNDB. 2009年8月2日閲覧。
  4. ^ a b Johnson, Chris (2009年5月20日). “Mel Gibson's girlfriend Oksana Grigorieva 'is pregnant with actor's eighth child'” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1184635/Mel-Gibsons-girlfriend-Oksana-Grigorieva-pregnant-actors-eighth-child.html 2009年8月2日閲覧。 
  5. ^ “メル・ギブソンの新恋人は「男渡りしている」と元カレが暴露!”. シネマトゥデイ. (2009年5月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0017918 2009年8月2日閲覧。 
  6. ^ “メル・ギブソン、恋人の妊娠認める!離婚の真相について語る”. シネマ・トゥデイ. (2009年5月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0018224 2009年8月2日閲覧。 
  7. ^ “メル・ギブソンと恋人オクサナの子は女の子”. シネマトゥデイ. (2009年7月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0018628 2009年8月2日閲覧。 
  8. ^ Nicholl, Katie (2009年6月27日). “Mel Gibson's new girl: Actor's eighth child will be a daughter” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1196008/Mel-Gibsons-new-girl-Actors-child-daughter.html 2009年8月2日閲覧。 

外部リンク[編集]