レイモンド・ベンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レイモンド・ベンソンRaymond Benson, 1955年9月6日 - )。アメリカ合衆国 テキサス州 ミッドランド出身。イアン・フレミングの後継作家として、ジョン・ガードナーに続いて1996年から2002年の間、冒険スパイ小説007シリーズを執筆した。 シリーズを離れて以後、オリジナル作品執筆の傍らコンピューターゲームのノベライズなどを手がける。

著作リスト[編集]

長編[編集]

  • 「ジェームズ・ボンド」シリーズ
    • 『007/ゼロ・マイナス・テン』 Zero Minus Ten (1997)
    • 『007/ファクト・オブ・デス』 The Facts of Death (1998)
    • 『007/ハイタイム・トゥ・キル』 Hightime to Kill (1999)
    • 『ダブルショット』 Doubleshot (2000) 未邦訳
    • 『ネヴァー・ドリーム・オブ・ダイイング』 Never Dream of Dying (2001) 未邦訳
    • 『007/赤い刺青の男』 The Man with the Red Tattoo (2002)

短編集[編集]

  • 『ブラスト・フロム・ザ・パースト』 Blast from the Past (1997) 未邦訳
  • 『ミッドサマー・ナイト・ドーム』 Midsummer Night's Doom (1999) 未邦訳
  • 『007/ライヴ・アット・ファイヴ』 Live at Five (1999)

ノヴェライゼーション[編集]

  • スプリンターセル」シリーズ(ゲーム)
    • 『スプリンターセル』TOM CLANCY'S SPLINTER CELL (2004)未邦訳(David Michaels名義)
    • 『スプリンターセル・オペレーションバラクーダ』TOM CLANCY'S SPLINTER CELL: OPERATION BARRACUDA (2005)未邦訳(David Michaels名義)
  • メタルギアソリッド」シリーズ
    • 『メタルギアソリッド』Metal Gear Solid(2008)
    • 『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』Metal Gear Solid 2 Sons Of Liberty(2009)

ノンフィクション[編集]

アメリカの007ファンクラブ副会長だったベンソンが友人の勧めで執筆した007研究書。本著がアメリカ探偵作家クラブのエドガー賞評論評伝賞の最終候補に挙がったことをきっかけに、グリドローズ(現イアン・フレミング・パブリケーションズ)から007小説の後継作家に指名される。

外部リンク[編集]