スプリンターセルシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スプリンターセル(Splinter Cell)は、作家トム・クランシー監修のステルスゲームシリーズであり、ユービーアイソフトにより製作・販売されている。

概要[編集]

高度な情報技術を用いた大規模テロ等を、アメリカ国家安全保障局の架空の秘密部署サードエシュロン所属のエージェントであるサム・フィッシャーが阻止する、というのがシリーズに共通するストーリーラインとなるが、5作目のコンヴィクションについては敵対する組織が古巣のサードエシュロンとなっている。

スニーキングアクションゲームであるため、同ジャンルを代表するメタルギアシリーズと比較される場合がしばしば見られるが、それぞれテーマや雰囲気の異なる、まったく別のゲームである。

同ジャンルのThiefシリーズ同様、暗闇に潜むという特徴があり、部屋の明かりを消す、もしくは破壊することで闇を作り出し、その場に潜む事で敵に見つかりにくくなる。

スプリンターセルの実写映画化の企画がある。ユービーアイソフトとNew Regencyはスプリンターセルの映画化製作で提携する事を発表した。脚本をエリック・ウォーレン・シンガーが書き、主役であるサムフィッシャー役はトム・ハーディだと言う[1]

特徴[編集]

シリーズを重ねるごとにゲーム性が進化しているが、以下の特徴がある。

  • 主人公は超人ではない
  • 暗殺もしくは、誰も死なせずに、ミッションを遂行することが目的
  • ラスボスに該当するような敵キャラクターは存在しない(ミッションによっては暗殺を命じられるが、超人的な強さはない)
  • 最先端のスコープや端末を用いてスパイ活動を行う
  • とにかく気配を消して行動する(シリーズによって、やり方がかなり変わっている)

最高のプレイとは、「どの敵キャラクターにも一般キャラクターにも気づかれることなく任務を遂行する」こと。サム・フィッシャーは任務中、そこに存在してはならないのである。(多少のミスがあってもクリアは可能)

スプリンターセル コンヴィクションでは、同社発売タイトルアサシンクリードの「集団に紛れ気配を消す」システムが採用されているのと、敵の誰もがフィッシャーを狙っている(存在が前提になっている)ため、いささかゲーム性が異なっている。

シリーズ[編集]

PSPで発売されたコンソールオリジナル作品。日本未発売。
2010年4月に発売されたシリーズ第5作。
『カオスセオリー』の移植作品。2011年3月にニンテンドー3DSで発売された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]