スプリンターセル 二重スパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スプリンターセルシリーズ > スプリンターセル 二重スパイ
スプリンターセル 二重スパイ
ジャンル ステルスアクション
対応機種 Xbox 360®
PS2
PS3(日本版未発売)
PC(日本版未発売)
Wii(日本版未発売)
GC(日本版未発売)
Xbox(日本版未発売)
開発元 Ubisoft Shanghai (7th Gen)
Ubisoft Montreal (6th Gen)
Ubisoft Annecy & Ubisoft Milan (Multiplayer)
発売元 ユービーアイソフト
人数

Xbox 360,PC, PS3
オフラインプレイ人数:1人 - 3人
オンラインプレイ人数:6人

Xbox, PS2, GC, Wii
オフラインプレイ人数:1人 - 2人
メディア Xbox 360,Xbox,PS2,PC:DVD-ROM1枚
PS3:BD-ROM1枚
GC:GC用8cm光ディスク2枚
Wii:Wii用12cm光ディスク1枚
発売日
対象年齢 欧州連合の旗PEGI : 18+
アメリカ合衆国の旗ESRB : M (Mature)
日本の旗CERO: D
エンジン LEAD (Unreal Engine 2.5)
テンプレートを表示

スプリンターセル 二重スパイ(Splinter Cell Double Agent)はフランスのコンピューターゲーム開発・販売会社であるユービーアイソフトから2006年, 2007年に発売されたスプリンターセルシリーズ4作目である。日本では2007年にXbox 360版とPS2版の二機種のみで発売された。

概要[編集]

Xbox 360, PC, PS3版とXbox, PS2, GC, Wii 版では軸となるストーリは同じだが、若干登場する武器や登場キャラクターが異なっている。

Xbox 360, PC, PS3版[編集]

パンドラトゥモローを開発したユービーアイシャンハイが行っている。HD機の性能をいかし、光の表現に力が入っている。

Xbox, PS2, GC, Wii 版[編集]

スプリンターセルカオスセオリーを開発したユービーアイモントリオールが開発した。こちらは従来通り暗闇を活かした作品になっている。

ストーリー[編集]

アメリカ国家安全保障局内の秘密組織「サード・エシュロン」に所属する秘密工作員「スプリンターセルサム・フィッシャー。 今回は若手のスプリンターセルと共にアイスランドの地熱発電所のある一帯を探索するだけの任務だった・・・ だが任務中に若手のスプリンターセルは死亡。何とか任務を遂行したサムは娘サラが交通事故で死亡した事を知らされる。 サラを失った事で自暴自棄になるサムは危険な任務を求めるようになり、ついにその危険な任務を引き受ける。

「ダブルエージェント」。すなわち二重スパイである。

サムはテロリスト集団「JBA」(ジョン ブラウンズ アーミー)への接触を図る為「サード・エシュロン」脱退と銀行強盗の罪を偽装し、 刑務所で服役中の「JBA」メンバーであるジェイミー・ワシントンに接近する。

登場人物[編集]

このシリーズの主人公。
アメリカ国家安全保障局内の秘密組織「サード・エシュロン」に所属する秘密工作員「スプリンターセル」。
一人娘であるサラを失い自暴自棄になり危険な任務であるダブルエージェントを引き受ける。
  • アーヴィン・ランバート大佐
「サード・エシュロン」局長。
研究員、ハッカー、指揮官からなるサードエシュロンチームと実際に潜伏活動を行うエージェントの間を取り持つ人物。
  • エミール・デュフレイン
テロ組織「JBA」の創始者にして実質的なリーダー。
堕落した政治によって修復不可能となったアメリカ国家を自分の手で「純粋な国家」に設立しなければならないと信念を持っている。
  • ジェイミー・ワシントン
テロ組織「JBA」のメンバー。
短気で子供っぽい所もあるが、一度怒らせると手がつけられなくなる。
  • エンリカ・ビラブランカ
テロ組織「JBA」のメンバー。
科学技術の博士号を持つ。
不幸な生い立ちでやむなく組織に所属しているが自分が製作した爆弾が作動しているか興味を持っており、任務に達成感を持っている。
  • スタンレー・デイトン
テロ組織「JBA」のメンバー。
主に組織のIT関連の仕事に従事している。
  • カーソン・モス
テロ組織「JBA」のメンバー。
エミールを崇拝し、彼の為ならばどんな殺しでも喜んで請け負う。
体格も大きく腕力もあり、性格も凶暴。バイセクシャルでもある。

日本語版[編集]

2010年11月現在日本で発売されたスプリンターセルシリーズの中で唯一日本語音声が収録されていない作品

出典[編集]

外部リンク[編集]