日米開戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日米開戦(にちべいかいせん、原題:Debt of Honor)とは、アメリカ合衆国小説家であるトム・クランシーによるジャック・ライアン・シリーズのひとつである。

日本の経済的支配者(財閥)が日本政府を動かしてアメリカ合衆国に対し軍事的挑戦をする内容である。この小説が出版された1994年には、日米間で貿易摩擦による日本に対するアメリカの不信感が強く存在していた時期である。このことが、現実とは異なる核武装国家として描かれ、アメリカに対する「敵国」として日本が名指しされたといえる。

あらすじ[編集]

日本経済の中心を担っている自動車産業の攻勢によりアメリカ国内を走る日本車は人気を博しており、日本の財閥はアメリカと対等な力を持つようになった。しかし日本車の自動車事故により幼い子供が亡くなってしまう。事故により日本車の燃料タンクに不具合が見つかったが、この燃料タンクはアメリカのベンチャー企業が改良型の燃料タンクを日本に売り込んでいたが日本の自動車メーカーが採用を拒否したものであった。これらの事実がアメリカ議会で暴露され報道されるとアメリカ世論は反日感情に湧きかえり、低く抑えられていた日本の関税をアメリカの関税と同率に定める貿易改革法がアメリカ議会で成立し、輸出が滞ってしまった日本経済が経済的打撃を受けた。そのため、日本政府を操る矢俣は日本経済を守るために武力行使を行うことを決めた、日本は中華人民共和国インドと共に、「新大東亜共栄圏」を復活させ、その資源確保のためにシベリアへの侵出をすることになった。これは太平洋地域におけるアメリカの影響力を縮小させるものであった。また極秘に核兵器を開発配備し軍事的・経済的攻撃をアメリカにしかけた。

日米海軍共同演習の際にアメリカ海軍に対して海上自衛隊はるしお型潜水艦が攻撃し航空母艦を戦闘不能にするとともに、アメリカの株式市場を崩壊させる画策を図った。また自衛隊第一空挺団マリアナ諸島を占領した。一連の戦いは日米間で宣戦布告がなされない奇妙なものであり、大多数の国民も知らないものであった。また現場で闘っている自衛隊もアメリカ軍も、初めは共同訓練の仮想敵国として訓練をしている間に、本物の戦争に発展していたものであった。

国家安全保障問題担当大統領補佐官となっていたライアンは、株取引を正常化させることに成功し、日本に対する軍事作戦を指揮することになった。アメリカはロシアの空軍基地を前線基地とし、ステルス・ヘリコプター「コマンチ」を日本に潜入させ、航空自衛隊のAWACS(E-767)を銚子市上空で撃墜し日本の防空網が破綻したのを受け、日本の戦争指導者たちの暗殺を行う。 そして日本の核ミサイル基地を破壊するため、ステルス爆撃機B2を日本に向けて発進させ、日本の核ミサイルを無力化することに成功し、日本から奪われた領土を取り戻すことに成功する。日本国内においては政変を誘導する事で親米政権を樹立させた。

日本との戦争状態を終結させたライアンの手腕は大統領に高く評価され副大統領に就任するが、その就任式の最中に航空機テロ(後述)によって大統領以下政府の要人が死亡する。危機を脱したライアンは憲法に則って大統領に昇格する場面で終わる。

登場人物[編集]

アメリカ
  • ジャック・ライアン
国家安全保障問題担当大統領補佐官、主人公。
  • ロジャー・ダーリング
合衆国大統領、JAL自爆テロで多数の要人とともに暗殺。
  • エドワード・キールティ・Jr
合衆国副大統領、セックススキャンダルで失脚。
日本
  • 矢俣頼造
60歳代の日本経済界の重鎮で日米開戦の黒幕。第二次世界大戦にサイパンで両親と弟妹を玉砕で失う。日本の資源不足を解消するため中印と共謀しシベリア侵攻を目論む。終結時に陸上自衛隊に逮捕される。
  • 後藤弘志
矢俣の支援を得て野党党首から首相となった。日米紛争末期に総辞職。
  • 古賀信太郎
日米紛争終結時の日本国首相。
  • 有馬荘吉
陸上幕僚長。マリアナ諸島での第一空挺団降下などを指揮。戦争終結時に矢俣を逮捕した。
  • 佐藤靖夫
海上自衛隊海将補。イージス護衛艦「むつ」でマリアナ侵攻を指揮。米潜水艦テネシーの攻撃により戦死。
  • 佐藤征二
元航空自衛官で、日本航空B-747機長。復讐のために対米中枢部自爆テロを敢行。
  • 佐藤史郎
征二の息子で航空自衛隊第3航空団パイロット(三等空佐)。米海軍航空隊のF14と空戦後、硫黄島に帰投した際に滑走路に散乱していたクラスター爆弾(米海軍の巡航ミサイルによるもの)と乗機(F15J)が接触、爆発したことにより死亡した。

旅客機テロ[編集]

この小説の結末は、ジャンボジェット機議会議事堂に突入させる描写であったが、後に発生したアメリカ同時多発テロ事件2001年9月11日)における旅客機による自爆テロ攻撃に類似していた。

一連の戦闘で護衛艦の艦長だった兄と航空自衛隊のパイロットだった息子を失った日本航空(実在する企業名)の機長が復讐のために副操縦士を殺害し機体をハイジャックし、バンクーバーから大西洋に出た上でワシントンD.C.にある議会議事堂ビルに突入した。その結果、ジャンボ機の搭乗員をはじめアメリカ大統領、最高裁判事閣僚両院議員など多数の政府要人を死亡させた。(現実には到達前に撃墜される可能性が高いといえなくもない)

日本語版[編集]

  • 新潮社刊 1995年11月発刊 ISBN-10: 4102472029 ISBN-13: 978-4102472026
原書にある日本人の名前が実際には存在しない綴りであったり、空中警戒機の愛称が「神」とつけているなど、日本人の描写も日本人から見ると珍妙な部分もある。なお日本語版出版時の紹介文は「大戦中米軍に肉親を奪われた男が企む必勝の復讐計画。大統領補佐官として祖国の危機に臨むライアン。待望の超大作、遂に日本上陸」であった。