合衆国崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

合衆国崩壊(がっしゅうこくほうかい、原題:Executive Orders)はアメリカ合衆国の小説家トム・クランシージャック・ライアン・シリーズの第7作目。『日米開戦』の続編である。

ストーリー[編集]

航空機によるテロがきっかけで合衆国大統領に就任したライアン。新大統領が弱腰と見た反米3ヶ国(イランインド中国)は新たなる陰謀に乗り出す。

一方セックススキャンダル[1]で失職した元副大統領は、政権への未練を捨てきれず、ライアンの大統領就任は無効であるとの訴訟を起こす。

そんなとき、合衆国国内でエボラ出血熱が蔓延。異常な広がり方から生物テロの疑いが強まる。ライアンたちは事件を新興国イスラム連合[2]の仕業と断定。

ペルシャ湾艦隊を派遣する一方、首謀者ダリアイを暗殺するための法案整備に着手する。

キャラクター[編集]

  • ジャック・ライアン
合衆国大統領。
  • 張寒山
中国の要人。
  • ダリアイ
イスラム連合の最高指導者

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 女性職員に対するレイプ事件。
  2. ^ イランイラクを併合した結果、誕生した国家。