パトリオット・ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パトリオット・ゲーム
Patriot Games
監督 フィリップ・ノイス
脚本 ドナルド・スチュワート
W・ピーター・イリフ
原作 トム・クランシー
愛国者のゲーム
製作 メイス・ニューフェルド
ロバート・レーメ
製作総指揮 チャールズ・H・マグワイア
出演者 ハリソン・フォード
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ドナルド・マカルパイン
編集 ニール・トラヴィス
ウィリアム・ホイ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年6月5日
日本の旗 1992年8月1日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $83,351,587[1] アメリカ合衆国の旗
$178,051,587[1] 世界の旗
次作 今そこにある危機
テンプレートを表示

パトリオット・ゲーム』(Patriot Games)は、1992年アメリカ映画。原作はトム・クランシー小説愛国者のゲーム』。

ストーリー[編集]

CIA分析官を辞職し、アメリカ海軍兵学校の教官となったジャック・ライアンは仕事を兼ねて妻と娘の三人でロンドンに来ていた。

ライアンが講演の仕事を終えて家族との待ち合わせ場所であるバッキンガム宮殿の広場に着いた時、イギリス王室のホームズ卿がIRA過激派グループに襲撃される。持ち前の正義感から襲撃犯と撃ち合いになりホームズ卿を助け、ショーンの逮捕に協力、彼の弟を射殺する。

だが、今度は護送中に脱走し弟の復讐に燃えるショーンのターゲットになってしまい、なおもホームズ卿の命を狙うケビンのIRAグループの事件にも巻き込まれていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]


日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHSDVDBD フジテレビ テレビ朝日
ジャック・ライアン ハリソン・フォード 菅生隆之 羽佐間道夫 磯部勉
キャシー・ライアン アン・アーチャー 弥永和子 一柳みる 弥永和子
ジェームズ・グリーア提督 ジェームズ・アール・ジョーンズ 今西正男 富田耕生 藤本譲
ショーン・ミラー ショーン・ビーン 大塚明夫 金尾哲夫 菅生隆之
ケビン・オドンネル パトリック・バーギン 玄田哲章 原康義
パティ・オニール リチャード・ハリス 寺島幹夫 納谷悟朗 小林勝彦
アネット ポリー・ウォーカー 田中敦子 榊原良子 唐沢潤
ホームズ卿 ジェームズ・フォックス 岡部政明 松岡文雄 小島敏彦
ハイランド警部補 デヴィッド・サレルフォール 金尾哲夫 大塚芳忠
サリー・ライアン ソーラ・バーチ こおろぎさとみ 藤枝成子 川田妙子
ロビー サミュエル・L・ジャクソン 谷口節 麦人 石塚運昇
ジェフリー・ワトキンズ ヒュー・フレイザー 有本欽隆 千田光男 仲野裕
マーティ・カンター J・E・フリーマン 若本規夫 金尾哲夫
オーエンス部長刑事 アラン・アームストロング 稲葉実 辻親八
デニス・クーリー アレックス・ノートン 神山卓三 後藤哲夫
ジミー ジョナサン・ライアン 辻親八 宝亀克寿
アシュレイ トーマス・ラッセル 水野龍司
ローズ エレン・ギア 久保田民絵
弁護士 柳沢紀男
電気技師 伊藤和晃
女性秘書 弘中くみ子
役不明又はその他 小島敏彦
村松康雄
仲野裕
秋元羊介
福田信昭
島美弥子
成田剣
伊藤和晃
平井美美
山賀教弘
幹本雄之
沢海陽子
伊井篤史
種田文子
松下亜紀
久保田民絵
喜田あゆ美
古田信幸
星野充昭
くればやしたくみ
青山穣
小形満
高瀬右光
三浦智子
山門久美
吉田孝
翻訳 島伸三 小川裕子 平田勝茂
演出 小林守夫 伊達康将
調整 金谷和美
効果 サウンドボックス
プロデューサー 清水祐美
圓井一夫
担当
制作 東北新社 東北新社
初回放送 1996年4月6日
ゴールデン洋画劇場
1999年8月1日
日曜洋画劇場

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Patriot Games (1992)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]