ゴーストリコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴーストリコンシリーズ > ゴーストリコン
ゴーストリコン
Tom Clancy's:Ghost Recon
ジャンル ミリタリーアクション
対応機種 WindowsMac OSXboxPlayStation 2ニンテンドーゲームキューブ
開発元 レッド・ストーム
発売元 ユービーアイソフト
人数 1人~36人
メディア DVD-ROM
発売日 2002年3月22日
テンプレートを表示

ゴーストリコン (Ghost Recon) は、トム・クランシーシリーズとなるゲームソフトであり、ユービーアイソフトの子会社であるレッド・ストーム社により製作された。ソフトの内容は2008年を舞台に描かれた近未来ミリタリーアクションゲーム。

本稿はXboxバージョンを元に執筆されている。PC版、PS2版での差分については該当項目を参照。

本作はあまりキャラクター達が喋ることはないが、音声、テキストは全て日本語吹き替えである。なお、音楽も同様で任務中は一切流れない。しかしオープニングや部隊編成画面などでは映画音楽のようなオーケストラが流れる。

ちなみに、『リコン/Recon』とは「強襲偵察部隊」「特殊武装偵察部隊」など「特殊部隊」の意。

ストーリー[編集]

A.D. 2008 ロシア[編集]

舞台は2008年ロシア。超大国ソ連の復活を果たすため、極右政党をはじめとする国粋主義者たちがクーデターを起こし、首都モスクワを占拠。彼らは電撃的作戦により、旧ソ連構成国への侵攻を開始。事態を重くみたNATOはゴーストの出撃を決定。国粋主義者たちを殲滅することとなる。

ゲーム・システム[編集]

トム・クランシーの名を冠したゲーム作品全般に言えることであるが、本作は『ビデオゲーム』というよりは『シミュレーター』に近い。他所のゲームであれば敵の攻撃を受けても一定のダメージを受け、HPなどが減るだけですむ。しかし本作では『敵に撃たれる』=『戦死』であり、現実同様銃弾を受ければ兵士は活動能力を失ってしまう(必ず死亡すると言う訳でもないが、負傷すれば射撃をはじめすべての能力が低下する)。

プレイヤーは6名で編成されるゴースト部隊を操って任務を遂行する。本作は主人公=プレイヤーキャラクターの概念がなく、リアルタイムで使用する兵士を切り替えることが出来る。ミッションをクリアすると作戦に参加し生還した兵士達にポイントが与えられ、射撃、ステルス、アーマー、リーダーシップの能力を強化することが出来る。しかしこのゲームは現実同様死亡した兵士は二度と戻らないため、ポイントで成長した兵士も一瞬で損失するリスクと隣合わせになっている。

ゴースト[編集]

ゴースト・リコンに所属する兵士達は、おおまかに4種類に分類できる。前記の通り死傷により兵士が減った場合は新たな兵士が補充される。プレイヤーはその中から6名の隊員でチームを編成する。 なお、一定の条件を満たすと特殊な装備を持った『スペシャリスト』がアンロックされる。彼らはOICWなど、通常のゴースト隊員が持っていない強力な武器を持つ。 ちなみに、後継作品のGRAWGRAW2で主人公となるスコット・ミッチェルも隊員達の中に混ざっているようである。

ライフルマン
主にM16小銃で武装。オプションとして双眼鏡や手りゅう弾、M203 グレネードランチャーなどを持たせることも出来る。
機銃手
分隊支援火器をもったマシンガンナー。装弾数が100発を超えるマシンガンは大量の敵を相手にしたり、弾幕を張るなどに有効。アーマーが優れているようで、他の隊員達より耐久度が高いようだ。
破壊工作兵
主にロケットランチャー等で武装する対戦車兵。また、破壊工作任務で必要となる爆薬を装備できる。ロケット砲は問答無用で一撃必殺の武器であるため、戦車以外にも大変効果的である。なお、破壊工作が必要となるミッションなどでは彼らの編入を強制され、任務中に彼らが戦死すると任務が失敗となることもある。
スナイパー
スナイパー・ライフルでの狙撃を担当する。このゲームは屋内での接近戦を主体としたレインボーシックスとは違い、屋外での戦闘が多く必然的に長距離での戦闘が発生するので、ステージによっては一方的に敵を無力化できる。

使用ゴースト[編集]

ライフルマン[編集]

  • クリス・ハント
  • ジョン・マタ
  • デビッド・ダンスキー
  • グレゴリー・橋本
  • トッド・ダゴスティーノ
  • クライド・フリン

機銃手[編集]

  • ジェイソン・ステルマック
  • マイク・ラウンテュリー
  • ウィズリー・アンドリュー

破壊工作兵[編集]

スナイパー[編集]

  • ショーン・マカフィー
  • チェザーレ・エスコバル
  • アンドリュー・グレンデニング

スペシャリスト[編集]

ライフルマン[編集]
  • ウィル・ジェイコブズ
  • スーザン・グレイ
  • ハロルド・バズ・ゴードン
  • リンディ・コーヘン
  • ヘンリー・ラミレス
  • ジョディ・ヘイル
機銃手[編集]
  • グラム・オサーゼ
  • ディーター・マンツ
破壊工作兵[編集]
  • ナイジェル・タニー
  • クラウス・ヘンケル
スナイパー[編集]
  • ジャック・ストーン
  • スコット・イブラヒム
  • アストラ・ガリンスキー

ステージ[編集]

01 アイアンドラゴン
洞窟に潜伏している「パパシビル」の身柄を拘束する。
02 激しい噴煙
米海軍機動部隊から飛び立ったF-18偵察機が敵地に墜落し、パイロットが捕われた。ゴーストは捕虜となったパイロットを救出し、可能であれば墜落した機体を爆破しなければならない。
03 ストーンベル
山岳地帯で戦車と対決をする。
04 黒い針
味方の通過する道を確保する。
05 黄金の山
市街戦となるこの任地では銀行制圧をし、味方ヘリコプターの墜落現場を捜索。さらに救出部隊とのランデブーポイントである大使館までの撤収を要求される。

なお、このステージはオンラインでも非常に人気があったらしく、GRAWGRAW2でもリメイクされて登場している。

06 魔女の炎
敵の司令所に潜入し、重要情報を手に入れる任務。
07 乾いた希望
橋を破壊し敵の輸送線を断つ爆破作戦。
08 黄褐色の斑
合衆国軍の本隊が到着し、敵国への大規模侵攻を開始する。ゴーストはその本隊の支援のため、丘に陣取る敵自走砲の排除をする。

このステージも人気があったようで、後の作品にも度々登場している。

09 蒼い嵐
悪天候で行われる戦闘。
10 灼熱の爪
都市中心部にある大聖堂への侵攻に参加する。強力なM1エイブラムズ戦車の小隊が参加しているが、都市には対戦車兵がいたるところで待ち伏せしており、ゴーストは戦車部隊をこれらから守らなくてはならない。
11 夢の埋葬
救助任務。
12 象牙
深夜に敵潜水艦を爆破する任務。
13 北極の太陽
制空権を確保すべく敵軍の空港に強襲をかける。目標は最新鋭の戦闘機S-37ベルクトの破壊。
14 柳の弓
国連軍と共に、敵国首都への最後のドアとなる山岳地帯を突破する。
15 白い刃
ロシア首都モスクワにある『赤の広場』を制圧し、このクーデターに終止符を打つ。

配信された要素[編集]

ミッションマップ[編集]

マップ[編集]

モード[編集]

カモフラージュ[編集]

登場する武器[編集]

世界各国で使用されている29種類の兵器がゲーム上に登場する。

PC版の特徴[編集]

シングルプレイはもとより、最高で36名同時ネット対戦が可能(4チームまで分割・同時対戦可能)。ユーザー同士(人間相手)の対戦・ユーザー(人間)チームVSコンピューターなど多彩な戦闘シチュエーションが可能となっている。 またユーザーが開発する独自の拡張プログラム (MOD)が多種発表されており、これをダウンロードしゲームに組み込むことにより、多くの武器やマップが選択可能となる。

PS2版の特徴[編集]

日本版PS2版では他機種とはパッケージが違う。戦争劇画家で知られる小林源文がデザインして描いた、パッケージになっている。
追加ミッションとして、全キャンペーンモードのミッションをクリアすると、デザートシージのミッションがプレイ可能である。

Xbox版の特徴[編集]

オープニングムービーがフルCGとなっている。
ミッション10における味方戦車部隊の進行ルートに差分があるようで、この機種では中央広場まで。PS2版では最終目標である大聖堂前までとなっているようだ。

関連項目[編集]