ヒットポイント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒットポイント (hit pointHP) は、ゲーム内のプレイヤーキャラクターノンプレイヤーキャラクターが攻撃として与えるダメージを数値化したデータである。

また、同じ基準で、キャラクターが耐えることができるダメージも表すことができる。この意味では、ヘルス・ポイント (health point) やライフの類義語である。

最初のロールプレイングゲームである『ダンジョンズ&ドラゴンズ』に既に基本的なコンセプトは見られ、以来この系統のゲームのほとんどで採用されている。日本ではコンピュータRPGの『ドラゴンクエスト』が登場し大ヒットして以来、この概念が広く知られるようになった。ゲームに親しんだ世代では、現実の健康状態や体力をヒットポイントで表現するジョークも通用する。

基本的なシステム[編集]

ロールプレイングゲームKQのスクリーンショット

例えばHPが100あるなら、99単位の打撃が命中しても耐えられるが、100単位以上の打撃では倒れる耐久力を持つことを表す。1単位の打撃がどの程度のものなのかはゲームによって様々である。

ゲームにもよるが、通常、ヒットポイントは相手の攻撃を受けて負傷した時などに低下する。ほとんどのゲームでは減少したヒットポイントを再び増やす、即ち「回復」する手段が用意されており、アイテム(通常は薬品が多い)や魔法、宿屋などが代表的である。

多くの場合、ヒットポイントが0になるとそのキャラクターは「死亡」した状態になり、戦闘中・移動中とも一切の行動ができなくなる。蘇生を前提とした死を忌避する一部のゲームでは、(CEROによるレーティングと暴力表現の規制に配慮し)「ヒットポイントが0でも死んだわけではない」という意味合いで「戦闘不能」「意識不明」「気絶」などの表現が用いられることもあるが、一切の行動ができなくなるという意味では、死亡の概念があるゲームとほとんど変わりがない。[注釈 1]

ヒットポイントが低下するにつれて攻撃力など他の要素までが下がるというゲームシステムは、あまり採用されていない。ヒットポイントが極端に低い状態が現実でいう「瀕死」にあたるならば、その状態で攻撃力が100%発揮できるとは考えにくいが、たいていのゲームではHP1であろうと肉体的・魔法的な戦闘能力は100%発揮できる。

数量[編集]

HP1[編集]

単位(HP1がどのような傷ないし体力に相当するのか)は定義されておらず、値の上限は任意に設定されるのが一般的である。ヒットポイントの単位1が何を意味するかについて共通の定義はない。

解釈として、「HP1はある一定の傷ないし体力低下に相当する」というのが一般的だが、他に下のような考え方もある。

根本的に相対点と見るほうが合理的な場合がある。すなわち、最大HP100のときの打撃1単位は1%のダメージであるが、最大HP10のときの打撃1単位は10%である。このようにレベルが上がって最大HPが大きくなるほど、1単位の打撃は相対的に小さな物となる。つまり、成長する事でよりダメージを受けなくなると考えることができる(後述)。

あるいは、ヒットポイントとは「致命傷を避けられる回数」であるという解釈もある。最後の1単位が失われるまでは回避や防御によって無傷ないし軽傷であるが、0になるさいには命運尽きて致命傷を受ける、とする立場である。この場合、残りHPが100でも1でも同等の戦闘能力を発揮できるというゲームシステムと矛盾しないといえる。

最大ヒットポイント[編集]

その時点でそのキャラクターが持っているヒットポイントの最大値(上限値)を最大ヒットポイントといい、MHP(Max-)と略すこともある。基本的に最大ヒットポイント以上に数値が上昇することはない。

多くのゲームでは、キャラクターの成長(レベルの上昇など)に従い、そのキャラクターの最大ヒットポイントも上昇する。結果、そのキャラクターはより強い攻撃に耐えられるようになる。作品によってはアイテムを使用することで上昇させることもできる。

解釈としては、

  • キャラクターの肉体が強化され、より多くの量のダメージに耐えられるようになる
  • キャラクターがより高度な防御術を身につけることによって、1単位あたりのダメージ量を減らし、結果としてより大きな単位の攻撃に耐えられるようになる

などがある。

特殊なHP処理[編集]

戦闘以外のHP減[編集]

HPは敵からの攻撃以外に、プレイヤーキャラクターの様々な状態異常(ステータス異常)によっても消耗する。

状態異常の例
  • 毒や病気に蝕まれている
  • 疲労が蓄積してきている
  • 空腹
  • 未知の呪いに掛かっている

これらの状態異常が起きている時には歩くだけでHPが徐々に低下していくようになっているゲームもある。また、時間の概念のあるゲームでは歩かなくても時間と共にHPが低下していくものもあり、これは様々な要因によってプレイヤーキャラクターが徐々に衰弱していく様子を表現したものである。

その他にも罠にかかったり、毒や棘の上を歩行したり、敵対的な人物と会話すること等によってもHPは失われる場合がある。その際HP減少とは別に上述したステータス異常に冒されることもある。

死亡時のHP[編集]

ヒットポイントが0になった状態は「死亡」あるいはそれに類する状態とされるが、蘇生が可能なゲームがほとんどである(後述)。多くのゲームには蘇生を行うための施設が設けられており、魔法やアイテムによって蘇生の効果を得られることも多い。

テーブルトークRPGの中でも高いリアリティを持つゲームでは、あまりにも大きなダメージを受けた場合に、「HPが最大値まで回復しなくなる(上限値にも永久的なダメージを被る)」という表現を行っているものも見られる。これは、肉体が著しく損傷し、完全に元通りに蘇生させることが不可能になった様子を表現したものである。あるいは、大ダメージを一撃で受けた場合は、ショックでHPがまだ残っていても、即死する可能性がある、といったルールが存在する場合もある。

死亡時に被ったダメージ量によっては、HPの減少が0で止まらず、マイナス値にまで低下するゲームもある。このようなルールは死体の損壊度を表し、極端なマイナスの場合は死体が形を残さないほど破壊されたとして蘇生が事実上不可能な状態となる。またダンジョンズ&ドラゴンズではヒットポイント0で気絶、-10で死亡のルールをとっている。どちらにしろHP0の後に止めをさすことにより目的の値までマイナスにすることができる。

また、蘇生が可能ではあるが確実性は保証されておらず、蘇生に失敗すると再度の蘇生がより困難になったり、場合によっては不可能となるシステムを採用しているゲームもある。

プレイヤーキャラクターが全員死亡した状態(石化などの行動不能な状態を含む場合もある)は通称「全滅」と呼ばれ、ゲームオーバーとなるか、所持金などにペナルティを課されて再スタートとなる。

MMORPGでは、死亡後に自動的に復活する機能があるものの、死亡時に経験値やレベルの減少を引き起こし、また、所持していたアイテムやゲーム内の通貨を落としてしまうというルールが存在する場合もあるため、うかつに死亡することができないゲームが多い。

注釈[編集]

  1. ^ 例えば『ポケットモンスター』のヒットポイントは「戦える体力」を指し、「HP0」は「瀕死状態」、つまり「もう戦える体力がない状態」のことを指しており、「死亡」という直接的な表現は避けられている。また、日本でRPGが一般的でない頃にログイン誌でヒットポイントが「攻撃力」と訳されたことがある。現在の「攻撃力」の観念からすると敵に与えるダメージが減ることを言っているように思えるが、「HP0=戦闘不能」と言う点では筋が通っているといえる。

関連項目[編集]