やり込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

やり込み(やりこみ)とは、コンピュータゲームにおいて、普通にクリアする(終了させる)目的から外れ、ある分野を徹底的に極めることである。

やり込み要素は公式としてゲームソフト内に用意される場合や、Xbox Live実績PlayStationトロフィーといった形で共有化されることもある。

やり込みの例[編集]

やり込みの例には、次のようなものがある。一定の結果を出すと報酬がもらえることもある。

ハイスコアアタック[編集]

  • 可能な限り高い得点(ハイスコア)でクリアする(期間や場所を限定して競うこともある)。
  • 可能な限り短いタイムでカウンターストップ(スコアの上限到達)する。
  • スコアアタックモードで可能な限り高い得点を出す。
  • 対戦型格闘ゲームなどで、対人戦の勝ち抜き数を競う。
  • エンディングの無いループゲームで、ループの限界点まで到達する。

ノーミス[編集]

  • やられても復活ができる機能を使わないでクリアする。
  • (特殊イベントや強制イベントを除き)ダメージを一度も受けずにクリアする(ノーダメージクリア)。

コンプリート (コンプ)[編集]

  • ゲーム内に存在するアイテム、キャラクター、技能など、収集対象となるものを可能な限り全て集める。また、その全てを限界の数値まで集める。コンプリート内容を具体的にして「○○コンプ」と称する場合もある。
  • マルチエンディングのゲームで、全種類のエンディングを見る。
  • クリアに不要な要素(ミニゲームなど)や、すべての隠し要素(隠しステージ、特殊イベントなど)、全実績項目を制覇する。
  • キャラクターごとに能力が異なるゲームを、全てのキャラクターでクリアする。

ノーキル、敵全滅[編集]

  • 倒すことのできる敵を全て倒してクリアする。普通なら無視するような敵でも、倒せるなら寄り道してでも倒す。
  • 倒すことのできる敵を全て倒さずにクリアする。「不殺」「無血」「パシフィスト」などとも言われる。

制限プレイor縛りプレイ[編集]

敢えて特定の制限(多くの場合、プレイヤーにとって不利となるもの)を加えてプレイする。特定のアイテムや技術、キャラクターなどの使用を自主的に禁止するプレイは「○○封印」のように表現されることもある。

  • レベル、経験値、能力値、ヒットポイントなどを可能な限り低くしたままクリアする。
  • 最初から最後まで、1人のキャラクターのみを使用してクリアする(一人旅)。
  • 使い勝手が悪いとされるキャラクターやアイテムのみ使用、または使い勝手の良いキャラクターやアイテムを一切使用せずクリアする。
  • 最初から最後まで、武器や防具を何も装備させずに(外せないなら初期装備や特殊な装備のみで)クリアする。
  • 途中でセーブ(データの保存)を一度もせずにクリアする。
  • 通算エンカウント、ターン数などを最小限に抑えてクリアする。
  • 特定の操作ボタンを使わずにクリアする。
  • その他、通常のプレイでは行わないような変則プレイなど。

RPGなどでのやり込み[編集]

RPG(ロールプレイングゲーム)などでは、上記に加えて、次に挙げるようなやり込み方法がある。

キャラクター強化、コンプリート[編集]

ゲームの煽り文句などで「やり込み要素が多い」と表現される場合、主にこちらを指すことが多い。MMORPGにおけるやり込みもこの部類に入る。

  • キャラクターを可能な限り仲間に加え、さらに経験値レベルを最高値まで上げる。
  • ステータスを上げるアイテムを使い、限界までステータスを高める。武器や防具を合成や改良などで極限まで強化する。
  • キャラクターメイキングのあるゲームでは、クリア後も多種多彩なキャラクターを作り、育てる。
  • 最大ダメージ量に挑戦する(1ターンでの最高ダメージ、理論上可能な合計ダメージなど)。

ストーリー無視[編集]

  • 攻略に重要となる行動やアイテムなどを使うことなくクリアする。また逆に、ある特定の行動やアイテム以外を一切使わない。
  • 本来ならプレイヤー側が負ける、または倒せないはずのボスキャラクターを倒す。

タイムアタック(TA)[編集]

ゲーム内表記の時間でクリアまでの時間を競う。元々はモータースポーツのレースの用語で、コンピュータゲームにおけるこのような用法はそれが転じた和製英語である。本来の英語ではspeedrun(スピードラン)と呼ぶ。最近ではソフト自体に「タイムアタックモード」「タイムトライアルモード」や、タイムアタック専用のステージなどが組み込まれているものもある。

RPGやアクションゲームなどでは、ゲームクリア(または、最終ボス直前のセーブデータ)までのプレイ時間の短さを競うことが「タイムアタック」と呼ばれる場合が多い。

これとは別に、プレイ開始(電源投入)からゲームクリア(基準はゲームによってまちまち)までの実時間で競うものは「リアルタイムアタック(RTA)」と呼ばれ、前者とは区別される。計測範囲は多少変わることもあるが、主にプレイ時間が表示されないゲームでTAの代わりとして、自らストップウォッチなどを用いて行われていた。この言葉自体は2000年に「極限攻略研究会」が創り出し、以降は『ドラゴンクエストシリーズ』などのやり込みを主に発展した。

最低限の強化やアイテム回収しかせず、ミスの少ないプレイが求められるので、必然的に他の「やり込み」「制限プレイ」のスキルが要求される。


TAS[編集]

その他[編集]

  • 2人同時プレイ可能なゲームで、操作デバイス2つを一人で操作する(ダブルプレイ)。
  • 画面全体、あるいは一部を隠してプレイする。音楽ゲームなどで譜面を画面に表示させずにプレイする。
  • 特定のゲーム専用のコントローラを使ってプレイする。
  • ステージエディット機能を使い、他人の作ったステージをクリアする(『みすてぃっく☆ばる〜ん』など、利用者が自作したステージを投稿し、それをダウンロードしてプレイできるゲームも存在する)。

雑誌や書籍への掲載、ビデオへの収録[編集]

ファミ通」などのゲーム雑誌が読者からやりこみを募集し、投稿されたやり込みを特集し掲載することがある。さらにこれらのプレイから厳選してビデオやDVDなどに収録し販売している。ゲーム攻略本では、ライター自らがそのゲームのやり込みを掲載することも多い。

いずれのケースにおいても、深刻なネタバレ(隠しボスなど)を含むやり込みは公表されないか、大部分が伏せられる例が多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]