Su-47 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Su-47/Су-47

S-37 3 - cropped.jpg

Su-47(スホーイ47、スホイ47;ロシア語Су-47スー・ソーラク・スィェーミ)は、ロシアスホーイ設計局が提案した第5世代ジェット戦闘機にあたるS-32の概念実証機。自社予算(プライベート・ベンチャー)で開発された。前進翼カナード・尾翼を備えるという奇抜な構成を採用している。

愛称のベールクト[1]Беркутビェールクト)はイヌワシのこと。北大西洋条約機構(NATO)が用いたNATOコードネームでは「ファーキン」 (Firkin:ジャムなどを入れる小瓶)と呼ばれた。

概要[編集]

離陸直後のSu-47。ロシア機独特の離陸直後に右ロールする直前の写真。2001年MAKSにて

元々は1980年代初頭に、アドミラル・グズネツォフ重航空巡洋艦に搭載予定の艦上戦闘機として計画されたSu-27KMが原型である。Su-27KMはSu-27という名称ではあるが、Su-27K(シーフランカー)との設計上の関係はない。Su-27KMは前進翼機であり、小型の航空母艦であるアドミラル・グズネツォフ型に合わせて主翼が折り畳めるように設計されていた。Su-27KMはウリヤノスク型原子力重航空巡洋艦艦載機としても期待されていた。エンジンは二次元推力偏向ノズル付きのRD-79Mが予定されていた。しかし1989年にSu-27KMの開発は中止され、Su-27Kが量産されることになった。スホーイでは独自にSu-27KMの開発を続行することにした。

その後、MFI計画でスホーイが提案したS-32С-32エース・トリーッツァチ・ドヴァー)のデモンストレーター機として、S-37С-37エース・トリーッツァチ・スィェーミ)の名称で、艦載機としての機能を省いた陸上機として設計を変更して開発を再開し、MiG-31用のエンジンであるD-31F6を搭載して、1997年に初飛行、2000年にSu-47に名称が変更された。

Su-47は、ロシア空軍向けの第5世代の戦闘機として開発されたとされる。そのため、ステルス性を備えた機体と言われることが多い。

だが、これまでロシアは、ソ連時代も含めてステルス機を製造したことがなく、そもそもスホーイ社が公式にSu-47をステルス機と表現したことはない。逆に前進翼・カナードについては、むしろステルス性を損なう機体形状である。航空ショーへの出展時には、機体区分として単にマルチロールファイターとして申請している。

仮にステルス性の要素があるとしても、この機体の基本形状の範囲で無駄を省く努力をしたという意味合いだと思われ、第5世代という区分に関しても、第4世代と評されたSu-27系の基本設計を全く受け継がず、空力的な機体構造を新規設計した点がスホーイ社の社内に置いてSu-27系(第4世代)の次の世代、すなわち第5世代と表現されているだけだと思われる。

搭載兵器は、固定武装として30mm機関砲GSh-30-1を採用すると見られている。そのほか、主兵装としては新しい中距離レーダー誘導空対空ミサイルR-77(RVV-AE)を搭載するとされている。また、1997年モスクワで開催された航空ショーMAKS-97では、赤外線誘導空対空ミサイルR-73から開発された新型の空対空ミサイルK-74を搭載し、デモンストレーションを行った。これ以外にもマルチロール戦闘機として、地上目標を攻撃するための空対地ミサイル早期警戒管制機を攻撃するための長距離ミサイルKS-172英語版も搭載するとされる。胴体中央下面にはミサイルを収納するためのウェポン・ベイを備えている。

エンジンの排気ノズル両脇に配置された、特徴的な2本のテイルコーンは、左右で長さが異なる。左側のテイルコーンは、先端が水平尾翼の後端と同じ位置であり、右側のテイルコーンは、先端が水平尾翼より飛び出している。中身は、後方警戒レーダーとされる。

プロトタイプ名称のS-37は、Su-37 テルミナートルと名称から混同され易い。また、Su-37のイメージや、それより後発のデザインであることから、TVC(推力偏向システム)が搭載されていると誤解されるが、現時点では、排気系は通常のノズルである。なお、LFI計画でのスホーイ案Su-37の開発名称も同じS-37で紛らわしい。

機体のサイズは、戦闘機としては最も大型の部類に入るSu-27よりさらに一回り大きい。

F-22F-15といったアメリカ空軍の機体に比べて機密レベルは高度であり、スペックについて公表されている部分は非常に少ない。ただ、航空ショーには比較的よく参加していたり、スホーイ社の広報映像でも、機体の製作途中やテスト風景はそれなりに公開されており、機密なのか、それとも自主開発のプロトタイプゆえに単に実際の運用主不在だから細かいスペックが決まっていないだけなのか、はっきりしない。

1990年代以降、ロシアでは予算不足のためMFI計画が頓挫してしまい、1.44同様、1機の試作機が製作されたのみで、Su-47の実用化への動きはなかった。兵器ショー・航空ショーなどでは、マルチロールファイターとして飛行展示を行ったり、ブースに模型を展示するなどして売り込んではいるが、Su-27系の機体の契約の方が盛んであり、Su-47に関しては実験機なので採用の動きは見られない。

仕様 (Su-47)[編集]

Sukhoi Su-47 outline.svg
  • 乗員:1名
  • 全長:22.6m
  • 全幅:16.7m
  • 全高:6.4m
  • 翼面積:56.0m2
  • 自重:25,000kg
  • 最大離陸重量:34,000kg
  • エンジン:ソロヴィヨーフ D-30 ターボファンエンジンまたはAL-37FU 2基に換装予定
    • 推力:15,600kgf
  • 最大速度:2,500km/h
  • 航続距離:3,300km
  • 輸送距離:4,500km(ドロップタンク×2使用)
  • 飛行高度:18,000m
  • 上昇率:233m/s
  • 翼面荷重:360kg/m²
  • 推力重量比:1.14
  • 武装
固定武装
空対空ミサイル
空対地ミサイル

登場作品[編集]

Su-47そのものではないが、同機をモデルにしたとみられる前進翼戦闘機「G9 エクリプス」をパナウ軍が使用。パナウ国内に数箇所ある軍基地に駐機されている。
バンカーの戦闘機として登場。性能の良さと安価なことから、人気が高い。

F-113イーグルXの名で登場している。武器優良機。

1』、『2』を除く作品に登場。『04』においては「S-37」という名称で登場。当初は第5世代ジェット戦闘機との噂があった経緯から、若干のステルス性能を持つ機体として描かれていた。『5』、『X』、『X2』ではMFIの計画プランであったS-32も登場。『6』ではDLCアイドルマスターとのコラボ機体として独特のカラーリングで登場している。
また、『3』ではコフィンシステムを搭載した独自の改造機「Su-43 ベルクト」として登場。『Advance』では「Si-40」、『NORTHERN WINGS』では「Vargr P-46」というSu-47をモデルとした架空機が登場。『AH』では戦闘機枠で登場。
Su-47をモデルとしたと思われる戦闘機「Su-38 スラムハウンド」をロシア軍が使用。
艦載可能な戦闘機として登場。劇中ではロシア航空機の分類が無いため、『鋼鉄の咆哮 ウォーシップコマンダー』では、日本型の「震電II」及びドイツ型の「ラオプフォーゲル」。『鋼鉄の咆哮3 ウォーシップコマンダー』や『ウォーシップガンナー2 鋼鉄の咆哮』では、日本型の「Su-47J」として登場している。
Su-47をモデルとしたと思われる戦闘機「MB-417 ロキ」が登場。
ゲーム内でとある条件を満たすと空中戦限定で使用可能となる。何故か主人公はコックピット内ではなく機首にまたがって操縦している。
オープニングでニューヨーク上空に飛来する戦闘機として登場。この世界ではソ連空軍に実戦配備されている設定のようである。
Su-47をモデルとしたと思われる戦闘機「Su-48」が登場。
アメリカ軍との共同作戦にて登場。
ソ連(SОLEN)の鋼の乙女「ソロヴィ」のモデルとなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビェールクト、ベールクト、ベルクトとも。「ベルクート」と片仮名表記することがあるが、これは誤り

関連項目[編集]

  • S-32 - S-37の前身。MFIのスホーイ案
  • X-29 - アメリカ航空宇宙局(NASA)の前進翼実験機
  • I-21(T-50) - スホーイが当機に代わって新たに開発している機体
  • VF-19 - アニメ作品「マクロス」シリーズに登場の可変戦闘機。ファイターモードの外観は非常に類似している


外部リンク[編集]