ライフルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1959年
1960年
1961年

ライフルマン(原題The Rifleman)は、アメリカのテレビ西部劇。モノクロでフォスター・プロ(Four Star Television)が製作。チャック・コナーズが主演。

概要[編集]

1880年代のニューメキシコ州ノースフォークにある小さな農場を経営するルーカス・マケイン(チャック・コナーズ)と息子のマーク(ジョニー・クロフォード)が主人公。1人息子のマークを育てる父親のルーカスは、妻に先立たれた男だが、無類のライフル銃の名人である。彼が無法者の悪や暴力と闘いつつ真摯に生きていく姿を強い父子の絆とともに描いている。番組冒頭のライフル連射のタイトルから、愛用のライフル銃をまるで拳銃のようにクルクル回して連続射撃の腕を見せる場面は、多くの西部劇ファンを魅了した。

放送[編集]

1958年9月30日から1963年4月8日まで米ABCで全168話が放送され、日本では1960年11月30日から1963年12月4日まで、TBS[1]系列で毎週水曜19時30分 - 20時00分に156話放送された。

キャスト[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初はラジオ東京テレビ=KRTであったという説もあるが、正確には初回放送の前日11月29日に局名がKRTラジオ東京テレビからTBS東京放送に変更している。
  2. ^ ジョン・フォード監督の「バファロー大隊」(1960年)では無実で裁判の被告となる兵隊役を演じ、同じ年には「スパルタカス」でカーク・ダグラスと闘う剣闘士役を演じ、1962年には同じフォード監督の「リバティ・バランスを射った男」にも出演するなど、黒人俳優としては最初に頭角を表した俳優として有名である。
  3. ^ 1963年に「野のユリ」で黒人俳優として初のアカデミー賞主演男優賞を受賞した。
  4. ^ 彼がかつてプレイしたブルックリン・ドジャースの選手、デューク・スナイダーが、ある回でギャングを演じたことがあった。スナイダーとコナーズは、1949年にともにドジャースでプレイしたが、スナイダーはそのシーズン149試合に出場し、一方28歳のルーキーだったコナーズは、わずかに1試合だった。同じドジャースの投手だったドン・ドライスデールや、高名なアメフトコーチのシド・ギルマンも出演したことがある。
  5. ^ ハンク秋山の西部劇と懐かしのカントリー&ウエスタン 西部劇-2-(ライフルマン)2008年1月13日
  6. ^ 無敵のライフルマン
KRT→TBS 水曜19時台後半
サンスターシオノギ一社提供
前番組 番組名 次番組
ライフルマン