Q (ジェームズ・ボンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Q
ピーター・バートン (1962)
デスモンド・リュウェリン (1963-99)
ジェフリー・ベイルドン (1967)
アレック・マッコーエン (1983)
ジョン・クリーズ (1999-2002)
ベン・ウィショー (2012-)
詳細情報
職業 イギリス情報局秘密情報部(MI6)
需品係将校英語版

Qは、ジェームズ・ボンドを主人公とした小説及び映画作品に登場するキャラクターである。QはQuartermaster(「需品係将校」の意)から来ており、Mのように役職名ではない。Qはイギリス情報局秘密情報部(MI6)の架空の研究開発であるQ課の課長である。フレミングの小説にはキャラクターのQは登場せず、Q課が登場するのみである[1]。Qは大半の映画では頻繁に登場し、また小説ではクリストファー・ウッド英語版ジョン・ガードナー英語版レイモンド・ベンソンのものに登場する。

イーオン・プロダクションズによるボンド映画では23作品中、『死ぬのは奴らだ』、『カジノ・ロワイヤル』、『慰めの報酬』を除く20作品に登場する。非イーオン作品では『007 カジノロワイヤル』と『ネバーセイ・ネバーアゲイン』に登場する。

小説[編集]

ブースロイド少佐[編集]

フレミングの小説『007 ドクター・ノオ』では武器担当のブースロイド少佐が初登場する。フレミングはこのキャラクターの名前をスコットランドグラスゴーの銃器専門家ジェフリー・ブースロイド英語版から参照している[2]。彼はボンドが使っている銃は最善のものでないことを指摘した。

アン・ライリー[編集]

ジョン・ガードナー英語版のボンド小説1作目である『メルトダウン作戦』にはブースロイドの他に、新キャラクターのアン・ライリーが登場し、ボンドからは「Q'ute」と呼ばれる。

映画[編集]

映画ではブースロイド少佐は『ドクター・ノオ』と『ロシアより愛をこめて』に登場し、2人の俳優が演じる。

ゴールドフィンガー』からはブースロイドではなくQと呼ばれるようになるが、『私を愛したスパイ』(1977年)では会話中にブースロイドの名前が再登場する。

イーオン・プロダクションズ[編集]

ピーター・バートン: 1962年[編集]

1作目『ドクター・ノオ』ではピーター・バートン英語版が登場し、ボンドの.25口径のベレッタ418英語版を.32口径のワルサーPPKと取り替えた。『ロシアより愛をこめて』ではスケジュールの都合でバートンは降板した。

登場作品

デスモンド・リュウェリン: 1963-99年[編集]

『ロシアより愛をこめて』からはデスモンド・リュウェリンがQを演じ、1999年に亡くなるまで『死ぬのは奴らだ』以外の全作品に登場する。

登場作品

リュウェリンは他にイーオン製作による1967年のテレビスペシャル『Welcome to Japan, Mr. Bond』でもQを演じた。さらに『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』のDVDアルティメット・エディションに収録されたドキュメンタリー『Highly Classified: The World of 007』でも演じた。

リュウェリンは17本のボンド映画に出演したが、これはシリーズ出演者中最多である。

ジョン・クリーズ: 1999-2002年[編集]

『ワールド・イズ・ノット・イナフ』ではジョン・クリーズ演じるQの助手が紹介された。キャラクターの本名は明らかにされず、「R」とクレジットされた。

クリーズは他にテレビゲームThe World is Not Enough』(2000年)、『007 Racing』(2000年)、『Agent Under Fire』(2001年)でもRとして登場した。1999年にリュウェリンが亡くなると、『ダイ・アナザー・デイ』(2002年)ではクリーズがQとなった。さらに2004年の『007 エブリシング オア ナッシング』でもクリーズのQが登場した。

登場作品

映画:

ゲーム:

2010年のテレビゲーム『007 ブラッドストーン』ではブースロイドの姿は見られないが、ビル・タナーがQ課で働いていることが触れられる[3]

ベン・ウィショー: 2012年-[編集]

2006年の『カジノ・ロワイヤル』及びその続編の『慰めの報酬』(2008年)ではQは登場しなかった。ボンドを演じたダニエル・クレイグはキャラクターが登場しないことに対する懸念を表明し、『スカイフォール』でQを復活させるという希望を表明した[4]。2011年11月、ベン・ウィショーがQ役に決まったことが発表された[5]。ウィショーは2012年時点で31歳であり、歴代のQ俳優では最年少となる。

非イーオン作品[編集]

ジェフリー・ベイルドン: 1967年[編集]

コメディ映画『007 カジノロワイヤル』ではジェフリー・ベイルドン英語版が登場するが、ジェームズ・ボンドではなく、イーブリン・トレンブル(演: ピーター・セラーズ)に秘密兵器を提供する。

アレック・マッコーエン: 1983年[編集]

1983年の映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』ではアレック・マッコーエン英語版がQ課の課長を演じる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]