ダニエル・クレイグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・クレイグ
Daniel Craig
Daniel Craig
2012年
本名 Daniel Wroughton Craig
生年月日 1968年3月2日(46歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドチェシャー州チェスター
国籍 イギリスの旗 イギリス
身長 178 cm
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1992年 -
活動内容 1991年:ギルドホール音楽演劇学校卒業
1992年:映画デビュー
2005年:6代目ジェームズ・ボンド役に決定
2012年ロンドンオリンピック開会式にボンド役でエリザベス女王とともに出演
配偶者 フィオラ・ロードン(1992年 - 1994年)
レイチェル・ワイズ(2011年 - )
主な作品
007』シリーズ
備考
6代目ジェームズ・ボンド

ダニエル・ロウトン・クレイグDaniel Wroughton Craig, 1968年3月2日 - )は、イギリス俳優身長178cm。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

イングランドチェシャー州チェスターで生まれる。父親のティモシー・ジョン・ロウトン・クレイグは海軍内で様々な職をしており、母親のオリヴィア(旧姓ウィリアムズ)は美術教師である[1][2][3]。1972年に両親が離婚し、リヴァプールへ移る。16歳の時、ナショナルユースシアターを受験[3]ロンドンへ移る。

キャリア[編集]

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』(Troilus and Cressida)のアガメムノン役で舞台デビュー。1991年にギルドホール音楽演劇学校を卒業した。

1992年に『パワー・オブ・ワン』で映画デビュー。1998年、『愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像』のジョージ・ダイアー役で、デレク・ジャコビと共にエディンバラ国際映画祭最優秀演技賞を受賞。その後、『トゥームレイダー』や『ロード・トゥ・パーディション』などのアメリカ映画にも出演するようになる。2004年公開の『Jの悲劇』でロンドン映画批評家協会賞英国男優賞を受賞。

6代目ジェームズ・ボンド[編集]

2008年、ニューヨークで

2005年、第6代目ジェームズ・ボンド役への抜擢が発表された[4][5]。007シリーズ初の、金髪のボンドとなる。それまでのボンドのイメージと大きく異なることもあって、欧米では発表直後にアンチサイト[6]が出来るなど、バッシングが大きかった[7]。これについて本人は、撮影後「批判は子供の罵りのような言葉だったけど(耳が大きすぎる、金髪はありえないなど)、実際に言われると傷ついたよ。でも、そういう人たちを納得させるための唯一の方法は、この役を上手くやりこなすことだった。僕自身ほどそれを感じていた人はいない」[8]と語った。また、クレイグの身長は178cmと低くはないが、歴代のボンドを演じたショーン・コネリーなどが187~8cmと高身長だったため、「ボンド=長身」というイメージが強く、撮影では実際より高く見せるためにシークレット・ブーツを着用することがあるという[9]

前述のような非難の中公開された『007 カジノ・ロワイヤル』は、シリーズ最高記録の興業収入を樹立し(後に『007 スカイフォール』が同記録を更新した)、「ショーン・コネリー以来の最高のボンドだ」(ザ・サン誌)[10]と絶賛されるなど、興業・批評、両方の面で成功した。また、シリーズ初の英国アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた[11]

2008年に公開された『007 慰めの報酬』、2012年に公開された『007 スカイフォール』にもジェームズ・ボンド役で出演している。少なくとも、あと2作ジェームズ・ボンド役を務めることが決まっている。

2012年に行われたロンドンオリンピック開会式にエリザベス2世をエスコートするボンド役として出演。

私生活[編集]

1992年にスコットランドの元女優フィオラ・ロードンと結婚するが、1994年に離婚。二人の間には女の子(エラ)がいる。ドイツの女優ハイケ・マカッシュと7年間同棲した後、映画プロデューサーのサツキ・ミッチェルと交際する[12][13][14][15]。2011年6月22日、女優のレイチェル・ワイズと結婚[16]。二人は映画『ドリームハウス』の共演がきっかけで交際していた。

リヴァプールFCのサポーターである。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 パワー・オブ・ワン
The Power of One
Sgt. ヤッピー・ボータ デビュー作品
1993 炎の英雄 シャープ 2 イーグルを奪え
Sharpe's Eagle
Lt. ベリー テレビ映画
1995 星の王子さまを探して
Saint-Ex
ギジャウメ
タイムマスター/時空をかける少年
A Kid in King Arthur's Court
ケイン先生 日本未公開
1996 モール・フランダース~燃ゆる運命の炎~
The Fortunes and Misfortunes of Moll Flanders
ジェームズ・“ジェミー”・シーグレーヴ テレビ映画
Our Friends in the North ジョージ・“ジョーティ”・ピーコック テレビ映画
1997 ハンガー/トリロジー
The Hunger
ジェリー・プリチャード テレビシリーズ
Obsession – Besessene Seelen ジョン・マクホール 日本未公開
氷の家
The Ice House
D.S. アンディ・マクローリン テレビ映画
1998 愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像
Love Is the Devil: Study for a Portrait of Francis Bacon
ジョージ・ダイアー
Love and Rage ジェームズ 日本未公開
エリザベス
Elizabeth
ジョン・バラード
1999 ザ・トレンチ(塹壕)
The Trench
Sgt. テルフォード・ウィンター
2000 Some Voices レイ 日本未公開
ホテル・スプレンディッド
Hotel Splendide
ロナルド
永遠のアフリカ
I Dreamed of Africa
デクラン・フィールディング 日本未公開
2001 トゥームレイダー
Lara Croft: Tomb Raider
アレックス・ウエスト
バトルライン
Sword of Honour
ガイ・クラウチバック テレビ映画
2002 Copenhagen ヴェルナー・ハイゼンベルク テレビ映画
10ミニッツ・オールダー: イデアの森
Ten Minutes Older: The Cello
セシル 「星に魅せられて」に出演
ロード・トゥ・パーディション
Road to Perdition
コナー・ルーニー
2003 シルヴィア
Sylvia
テッド・ヒューズ
パッション
The Mother
ダーレン 日本未公開
2004 レイヤー・ケーキ
Layer Cake
XXXX
Jの悲劇
Enduring Love
ジョー
2005 ミュンヘン
Munich
スティーヴ
アークエンジェル
Archangel
フロック・ケルソ テレビ映画
Fateless アメリカの兵士 日本未公開
ジャケット
The Jacket
ルーディー・マッケンジー
2006 007 カジノ・ロワイヤル
007 Casino Royale
ジェームズ・ボンド 007シリーズ第21作
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
ルネッサンス
Renaissance
バーテレミー・カラス 声の出演
Infamous ペリー・スミス 日本未公開
2007 インベージョン
The Invasion
ベン・ドリスコル
ライラの冒険 黄金の羅針盤
The Golden Compass
アスリエル卿
2008 フラッシュバック
Flashbacks of a Fool
ジョー・スコット 製作総指揮
日本未公開
007 慰めの報酬
007 Quantum of Solace
ジェームズ・ボンド 007シリーズ第22作
ディファイアンス
Defiance
トゥヴィア・ビエルスキ
2011 カウボーイ & エイリアン
Cowboys & Aliens
ジェイク・ローナガン
ライフ -いのちをつなぐ物語-
One Life
ナレーション
ドリームハウス
Dream House
ウィル・アテントン
ドラゴン・タトゥーの女
The Girl with the Dragon Tattoo
ミカエル・ブルムクヴィスト
タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密
The Adventures of Tintin: Secret of the Unicorn
レッド・ラッカム 声の出演
2012 幸福と栄光
Happy and Glorious
ジェームズ・ボンド 2012年ロンドンオリンピックの開会式内で流されたショートフィルム。
エリザベス女王バッキンガム宮殿から開会式会場までエスコートした。
007 スカイフォール
Skyfall
ジェームズ・ボンド 007シリーズ第23作

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Holmes, David. “Chester secures advance screening of new Bond film Quantum of Solace”. Chester Chronicle. 2010年9月12日閲覧。
  2. ^ People Profile, Daniel Craig”. Cigar Aficionado (2009年3月30日). 2010年9月12日閲覧。
  3. ^ a b [http://www.oldeworldepubs.co.uk/cgi-bin/view2.pl?id=323 The Boot Inn (Tarporley, Cheshire). – Old World Pubs.
  4. ^ “正式決定!新ジェームズ・ボンドはダニエル・クレイグ”. シネマトゥデイ. (2005年10月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007250 2009年8月17日閲覧。 
  5. ^ Lampert, Nicole (2005年10月11日). “It's the new James Blond” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-365001/Its-new-James-Blond.html 2009年8月17日閲覧。 
  6. ^ Daniel Craig is not Bond
  7. ^ “ボンド映画のファンが、新作をボイコット?”. シネマトゥデイ. (2006年2月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0007917 2009年8月17日閲覧。 
  8. ^ “ダニエル・クレイグ、ネット批判に傷ついた?”. シネマトゥデイ. (2006年11月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0009382 2009年8月17日閲覧。 
  9. ^ “For your size only: James Bond wears stacked heels when he's next to me says co-star”. Associated Newspapers Ltd. (2008年7月20日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1036572/For-size-James-Bond-wears-stacked-heels-hes-says-star.html#axzz2KCGWejXT 2013年2月7日閲覧。 
  10. ^ “The best Bond since Connery” (英語). ザ・サン. (2006年10月20日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/news/article67909.ece 2009年8月17日閲覧。 
  11. ^ “英国アカデミー賞ノミネーションが発表”. シネマトゥデイ. (2007年1月16日). http://www.cinematoday.jp/page/N0009768 2009年8月17日閲覧。 
  12. ^ “New Bond Daniel Craig Gets the Girl” (英語). ピープル. (2006年11月15日). http://www.people.com/people/article/0,,1559688,00.html 2009年8月17日閲覧。 
  13. ^ Jessen, Monique (2007年9月7日). “ダニエル・クレイグ、恋人にプロポーズ?”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0011399 2009年8月17日閲覧。 
  14. ^ Haywood, Lynsey (2008年3月5日). “007 Daniel Craig to get hitched” (英語). ザ・サン. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/bizarre/article875501.ece 2009年8月17日閲覧。 
  15. ^ “『007』のダニエル・クレイグに結婚のうわさ?理由はシャンパンの箱買い”. シネマトゥデイ. (2008年8月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0014836 2009年8月17日閲覧。 
  16. ^ “『007』のダニエル・クレイグが極秘結婚!お相手は『ハムナプトラ』のレイチェル・ワイズ!”. シネマトゥデイ. (2011年6月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0033336 2013年1月3日閲覧。 

外部リンク[編集]