冬のライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冬のライオン』(ふゆのライオン、The Lion in Winter)は、1966年初演のブロードウェイ演劇作品。1999年にはリバイバル上演されている。また、1968年イギリスで映画化され、2003年にはアメリカ合衆国テレビ映画としてリメイクもされた。

1183年クリスマスのシノン城を舞台に、中世イングランド国王ヘンリー2世と王妃エレノア、その3人の息子とフランス王を絡め、権力と人間関係を巡る愛憎を描く。

歴代のエレノア役を演じた女優が常に絶賛され、様々な賞に輝く一方で、フィリップ役には将来が有望な新鋭の美男俳優が起用されることでも話題になる作品である。

あらすじ[編集]

1183年のクリスマス。イングランド国王ヘンリーは、自分への反乱が絶えない家族や、領土を巡るフランス王との長年の争いを解決するため、軟禁中の妃エレノア、息子のリチャード、ジェフリー、フランス王のフィリップをシノン城に呼び集めた。これに、ヘンリーの愛する末子のジョンと、愛人のフランス王女アリースが絡んで、様々な駆け引きが繰り広げられる中、崩壊した家庭の人間模様が改めて浮き彫りにされてゆく。息子たちの相変わらずの裏切りに愛想が尽きたヘンリーは、かれらを幽閉し、エレノアとの結婚を無効として、アリースと結婚して新たな子を得ようと、ローマの教皇の下へ赴こうとする。

登場人物[編集]

登場人物は全て歴史上の実在の人物であり、背景も史実に基づいている。しかし登場人物の性格や彼らに関する逸話は、史実というよりも、むしろ英米で広く一般に知られている伝説的な人物像を基に描かれている。1183年のクリスマスにシノン城に一家が集まったというのも、前年の1182年のクリスマスにノルマンディーカンに一家が集まったことを下敷きにした創作である。括弧内はモデルとされる実在人物。

ヘンリー(イングランド王ヘンリー2世、50歳)

アンジュー伯・ノルマンディー公という地方領主に過ぎなかったヘンリーが西ヨーロッパ全土に覇を称えるアンジュー帝国を打ち立てることができたのも、そもそもは10歳近く年上のエレノアが広大な所領を持参金に妻になってくれたおかげだった。しかしロザムンドという愛人を寵愛するあまり、エレノアとの別居、ひいては息子たちの反乱を招いてしまう。その後、息子たちとはうわべでは和解したが、しこりは残る。それから10年、エレノアを軟禁状態に置く中、現在では養女同然に育てていたフランス王女アリースと事実上の夫婦関係にある。絶頂期にあって体力的にはまだまだ壮健ながら、後継者のことを考えると不安は尽きない。「冬のライオン」とは、このヘンリーのことを指す。

エレノアアリエノール・ダキテーヌ、61歳)

フランス全土の3分の1にも及ぶ広大なアキテーヌガスコーニュポワチエ女公で、かつては自領の軍勢を率いて十字軍に参加したこともある女傑。恋多き女で、フランス王ルイ7世の妃でありながら、不貞を理由に結婚を無効とされたほど。その腹いせにアンジュー伯・ノルマンディー公のヘンリーと結婚、フランス国土の大半がヘンリーとエレノアの夫婦に帰してしまったという背景がある。ヘンリーに愛人ができると愛想を尽かし、単身アキテーヌに帰ってしまうが、息子たちを煽ってヘンリーに対する反乱を起こさせる。自らもこれに加わるが捕らえられ、かれこれ10年近く軟禁状態に置かれているものの、その存在は依然として陰ることがない。

リチャード(後のイングランド王リチャード1世、26歳)

血のあるところリチャードありと言われた勇猛果敢な騎士。一方では母エレノア公認の同性愛者で、数年前にはフィリップと恋愛関係にあった。エレノアの愛情を一身に集めながらも、母の偉大な存在は常にコンプレックスとなって彼を苦しめる。

ジェフリー(ブルターニュ公ジョフロワ2世、25歳)

子供のときからリチャードを偏愛する母とジョンを偏愛する父を見て育ったジェフリーは、愛情の欠如を己の権謀術数の才で補っていた。家庭崩壊の機に漁父の利を得て、自らが王権の継承者たらんと画策する。

ジョン(後のイングランド王ジョン、16歳)

甘えん坊で愚鈍な末っ子。母エレノアの軟禁後、ヘンリーの愛情を一身に受けて育ったが、父が最も愛する息子であることを過信するあまり、プライドばかりが高い性格に。

フィリップ(フランス王フィリップ2世、19歳)

沈着冷静で気品ある若きフランス王。エレノアの前夫でヘンリーが事実上攻め滅ぼしたルイ7世の子だが、あまりにも弱かった実の父を心のうちでは軽蔑している。そんな歪んだ性格のフィリップは数年前にリチャードと同性愛の関係を持つが、果たしてそれは真実の愛だったか、復讐の手段だったのか。

アリース(フランス王女アデル、23歳)

フィリップの異母姉で、元々はリチャードの婚約者としてヘンリーとエレノアに幼少期より育てられたが、エレノアの軟禁後、ヘンリーは成長したアリースを自分の妃同然に愛するようになっていた。しかしアリースを妻とするのは将来のフランス王位継承権を左右することに繋がりかねないことから、リチャードとジョンもアリースをわが妻にと訴える。

1966年 舞台版[編集]

ブロードウェイのアンバサダー劇場で、1966年3月3日本演初日。

キャスト
スタッフ
  • トニー賞
    • 主演女優賞受賞):ローズマリー・ハリス
    • 監督賞(ノミネート):ノエル・ウィルマン

1968年 映画版[編集]

冬のライオン
The Lion in Winter
監督 アンソニー・ハーヴェイ
脚本 ジェームズ・ゴールドマン英語版
原作 ジェームズ・ゴールドマン
製作 マーティン・ポール
製作総指揮 ジョーゼフ・E・レヴィーン
出演者 ピーター・オトゥール
キャサリン・ヘプバーン
アンソニー・ホプキンス
ティモシー・ダルトン
音楽 ジョン・バリー
撮影 ダグラス・スローカム
編集 ジョン・ブルーム
製作会社 アブコ・エンバシー・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 エンバシー・ピクチャーズ
イギリスの旗 アブコ・エンバシー・ピクチャーズ
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年10月30日
イギリスの旗 1968年12月29日
日本の旗 1970年2月4日
上映時間 137分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $22,276,975[1]
テンプレートを表示

エンバシー・ピクチャーズ製作、137分、1968年10月30日公開(アメリカ)。アンソニー・ホプキンスティモシー・ダルトンの映画デビュー作である[2]

キャスト[編集]

[編集]

部門 対象 結果 備考
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 アンソニー・ハーヴェイ
主演男優賞 ピーター・オトゥール
主演女優賞 キャサリン・ヘプバーン 受賞 ファニー・ガール』のバーブラ・ストライサンドとの同点受賞
脚色賞 ジェームズ・ゴールドマン
衣裳デザイン賞 マーガレット・ファース ノミネート
作曲賞 ジョン・バリー 受賞
英国アカデミー賞英語版 主演女優賞 キャサリン・ヘプバーン 受賞 招かれざる客』での演技と合わせて
助演男優賞 アンソニー・ホプキンス ノミネート
脚本賞 ジェームズ・ゴールドマン
撮影賞 ダグラス・スローカム
作曲賞 ジョン・バリー 受賞
音響賞英語版 クリス・グリーナム ノミネート
衣裳デザイン賞英語版 マーガレット・ファース
全米監督協会賞 長編映画監督賞 アンソニー・ハーヴェイ 受賞
ゴールデングローブ賞英語版 作品賞 (ドラマ部門) 受賞
主演男優賞 (ドラマ部門) ピーター・オトゥール
主演女優賞 (ドラマ部門) キャサリン・ヘプバーン ノミネート
助演女優賞 ジェーン・メロウ
監督賞 アンソニー・ハーヴェイ
脚本賞 ジェームズ・ゴールドマン
作曲賞 ジョン・バリー
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞英語版 作品トップ10 第7位
ニューヨーク映画批評家協会賞 作品賞 受賞
脚本賞 ジェームズ・ゴールドマン 第2位
主演男優賞 ピーター・オトゥール 第3位

外部リンク[編集]

1999年 舞台版[編集]

ブロードウェイのクライテリオン・センター・ステージライト劇場で、1999年2月17日プレビュー初日、3月11日本演初日。

キャスト
スタッフ
  • 原作・脚本:ジェームズ・ゴールドマン (James Goldman
  • 監督:マイケル・マイヤー (Michael Mayer
  • トニー賞
    • 主演女優賞(ノミネート):ストッカード・チャニング

2003年 テレビ版[編集]

アメリカ合衆国のテレビ映画として製作された。放送時間153分。2003年12月26日にイギリスで初公開され、本国アメリカでは2004年5月23日に放送された[3]

1968年の映画版よりも尺が長くなっているのは、1968年版ではカットされたいくつかの台詞を元に戻して舞台版に近い仕上げにしている他、時代背景を表すシーンを多く織り交ぜて臨場感を出しているためである。

キャスト
スタッフ
  • ゴールデングローブ賞・ミニシリーズ・テレビ映画部門
    • 作品賞(ノミネート)
    • 主演男優賞(ノミネート):パトリック・スチュワート
    • 主演女優賞受賞):グレン・クローズ
  • エミー賞英語版・テレビ映画部門
    • 作品賞(ノミネート)
    • 主演女優賞(ノミネート):グレン・クロース
    • 監督賞(ノミネート):アンドレイ・コンチャロフスキー
    • 衣装デザイン賞受賞
    • 美術賞(ノミネート)
    • ヘアメイク賞(ノミネート)

参考文献[編集]

  1. ^ The Lion in Winter - Box Office Data, DVD Sales, Movie News, Cast Information” (英語). The Numbers. 2013年8月2日閲覧。
  2. ^ The Lion in Winter (1968) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年8月3日閲覧。
  3. ^ The Lion in Winter (TV Movie 2003) - Release Info” (英語). IMDb. 2013年8月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]