招かれざる客

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
招かれざる客
Guess Who's Coming to Dinner
監督 スタンリー・クレイマー
脚本 ウィリアム・ローズ
製作 スタンリー・クレイマー
出演者 スペンサー・トレイシー
シドニー・ポワチエ
キャサリン・ヘプバーン
音楽 フランク・デ・ウォール
撮影 サム・リーヴィット
編集 ロバート・C・ジョーンズ
製作会社 コロンビア映画
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年12月12日
日本の旗 1968年4月6日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $56,700,000[1]
世界の旗 $70,000,000[1]
テンプレートを表示

招かれざる客』(まねかれざるきゃく、Guess Who's Coming to Dinner)は、1967年のアメリカ映画

第40回アカデミー賞では作品賞を含む10部門の候補となり、キャサリン・ヘプバーン主演女優賞を、ウィリアム・ローズ脚本賞を受賞。公開を前に亡くなったスペンサー・トレイシーの遺作でもある。

ストーリー[編集]

黒人青年と白人女性の結婚を巡る双方の家族の葛藤を描く。

キャスト[編集]

マット・ドレイトン
演 - スペンサー・トレイシー、日本語吹替 - 久米明
新聞社社長。リベラリストとして娘の結婚を理解しつつも認めることができない。
ジョン・プレンティス
演 - シドニー・ポワチエ、日本語吹替 - 田中信夫
世界的に高名な黒人医師。妻子を事故で失った過去を持つ。結婚への障害を現実的に理解している。
クリスティーナ・ドレイトン
演 - キャサリン・ヘプバーン、日本語吹替 - 奈良岡朋子
マットの妻。娘の結婚にとまどうが娘の幸せを思って結婚に賛成する。
ジョアンナ(ジョーイ)・ドレイトン
演 - キャサリン・ホートン、日本語吹替 - 杉山佳寿子
ドレイトン夫妻の娘。ジョンとの結婚に障害などないと信じ切っている。
ライアン神父
演 - セシル・ケラウェイ、日本語吹替 - 千葉耕市
ドレイトン夫妻の友人。ジョンとジョーイの結婚を心から祝福する。
ジョンの母親
演 - ビア・リチャーズ、日本語吹替 - 麻生美代子
息子が白人女性と結婚することに驚きつつも、息子を信じて結婚に賛成する。
ジョンの父親
演 - ロイ・グレン、日本語吹替 - 雨森雅司
苦労して育てた息子の結婚を認めることができない。
ティリー
演 - イザベル・サンフォード、日本語吹替 - 遠藤晴
ドレイトン家の黒人家政婦。ジョンを認めようとしない。

スタッフ[編集]

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 スタンリー・クレイマー ノミネート
監督賞 スタンリー・クレイマー
主演男優賞 スペンサー・トレイシー
主演女優賞 キャサリン・ヘプバーン 受賞
助演男優賞 セシル・ケラウェイ ノミネート
助演女優賞 ビア・リチャーズ
脚本賞 ウィリアム・ローズ 受賞
編集賞 ロバート・C・ジョーンズ ノミネート
美術賞 ロバート・クラットワージー
フランク・タトル
編曲賞 フランク・デ・ヴォール
英国アカデミー賞英語版 主演男優賞 スペンサー・トレイシー 受賞
主演女優賞 キャサリン・ヘプバーン
冬のライオン』と共に

エピソード[編集]

スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘプバーンの娘を演じたキャサリン・ホートンは、ヘプバーンの実の姪(妹の娘[2])である。また、撮影終了後に亡くなったトレイシーの長年の「パートナー」だったヘプバーンは、彼を思い出して辛いという理由で今作の完成版を観ていない[3]

リメイク[編集]

2005年に『ゲス・フー/招かれざる恋人』としてリメイクされた。監督はケヴィン・ロドニー・サリヴァン。主演はバーニー・マックアシュトン・カッチャーがつとめた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Guess Who's Coming to Dinner (1967) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年12月8日閲覧。
  2. ^ Katharine Houghton - Biography” (英語). IMDb. 2012年7月5日閲覧。
  3. ^ Guess Who's Coming to Dinner (1967) - Trivia” (英語). TCM.com. 2012年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]