久米明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くめ あきら
久米 明
本名 同じ
生年月日 1924年2月8日(90歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
ジャンル 俳優声優ナレーター
活動期間 1947年 - 現在
主な作品
トラ・トラ・トラ!
ザ・ガードマン
すばらしい世界旅行』(ナレーション)
鶴瓶の家族に乾杯』(ナレーション) 他

久米 明くめ あきら、本名:同じ[1]1924年2月8日[1] - )は、日本俳優声優ナレーター東京都出身[1]。元日本大学芸術学部教授。1992年紫綬褒章

長男は帝京平成大学准教授スポーツ科学者・久米秀作、次男はミュージシャン久米大作

来歴・人物[編集]

旧制麻布中学校、東京商科大学(現・一橋大学)卒業。永井正(元三井ホーム社長)は中学の同級生[2]

学徒兵として敗戦を迎え、大学に復学後、俳優座によるゴーゴリ『検察官』に感銘を受け演劇研究会を立ち上げる。1947年、木下順二山本安英らと劇団「ぶどうの会」を結成。以降も中心俳優として活躍するが、1964年、同劇団の分裂・解散によりフリーとなり、その後、1966年に現代演劇協会内の劇団欅に入団、1976年には劇団昴の結成に参加し、2007年まで所属する間に数多くの舞台に立った。

知的な風貌で、弁護士や医師といった役柄も多い。顔立ちが池田勇人元総理によく似ていたことから、映画『金環蝕』『不毛地帯』(共に山本薩夫監督)では、池田がモデルとなっている政府高官を演じ、更にNHK特集日本の戦後』シリーズでは池田本人の役も演じている。

独特の語り口で声優としても活躍、ハンフリー・ボガートの吹き替えや、『日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行』などドキュメンタリー番組のナレーターとしても知られる。

1972年から日本大学藝術学部講師、1975年から同教授に就任。1992年紫綬褒章1997年勲四等旭日章を受章。

同姓の久米宏(放送キャスター)は親戚関係はないものの、久米明を「久米のお父さん」と慕っている[3]。実際、久米宏が司会を務めた「ニュースステーション」でも「ナレーターは私の父です」「親子で稼ぐニュースステーション」とコメントしたことがある

親族[編集]

出演作品(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

出演作品(声優)[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ナレーション[編集]

著書[編集]

  • 朗読は楽しからずや(2007年、光文社) - 付録にミニCDがつく。

脚注[編集]