ウィルフリッド・ハイド=ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルフリッド・ハイド=ホワイト
Wilfrid Hyde-White
ウィルフリッド・ハイド=ホワイトWilfrid Hyde-White
生年月日 1903年5月12日
没年月日 1991年5月6日(満87歳没)
出生地 イングランドグロスターシャー州ボートン=オン=ザ=ウォーター
死没地 カリフォルニア州ロサンゼルスウッドランドヒルズ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
活動期間 1934年–1983年
配偶者 Blanche Glynne (1927 - 1948)
Ethel Drew (1957-1991)

ウィルフリッド・ハイド=ホワイトWilfrid Hyde-White, 1903年5月12日 - 1991年5月6日)はイギリス俳優

来歴[編集]

グロスターシャーバートン・オン・ザ・ウォーター出身。父はブロスター司教座聖堂参事会員。マールボロー・カレッジを卒業後は、王立演劇学校で舞台技術を学び、1922年に『Isle of Wight』で初舞台を踏む。1934年に『Josser on the Farm』で映画デビュー。以降はイギリス映画を中心に貴重なバイプレイヤーとして活躍、英国紳士然とした風貌で、茶目っ気のある老人(『マイ・フェア・レディ』のピカリング大佐など)から偽善的で一癖も二癖もある人物(刑事コロンボ『ロンドンの傘』の執事役など)まで善悪問わず演じ、人気を博す。1970年代からアメリカでの仕事も増え、テレビシリーズ『バック・ロジャース』にも出演。

ブロードウェイウエスト・エンドの舞台にも立ち、トニー賞に2度ノミネートされている。

私生活[編集]

結婚歴は2度。最初の妻とは1927年に結婚したが、1948年に死別。その後、1957年に再婚。最初の妻との間に1人、2人目の妻との間に2人の子供をもうけた。息子のアレックスは俳優になった。 実生活ではロールスロイスを所有し、さらに競走馬のオーナーになったため出費が膨らみついに1979年に破産宣告を受けたが競走馬を手放すことで立ち直ることに成功し映画・テレビや舞台への出演を続けた[1]

1983年のファニー・ヒルが最後の出演作でその後数年間寝たきり状態になり、1991年に心不全で亡くなった。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タイムズ, 1991年5月8日

外部リンク[編集]