ザナドゥ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザナドゥ
Xanadu
監督 ロバート・グリーンウォルド
脚本 リチャード・クリスチャン・ダナス
マーク・リード・ルベル
製作 ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルバー
製作総指揮 リー・クレイマー
出演者 オリビア・ニュートン=ジョン
ジーン・ケリー
マイケル・ベック
音楽 ジョン・ファーラー(挿入歌)
ジェフ・リン(挿入歌)
バリー・デ・ヴォーゾン(音楽)
撮影 ヴィクター・J・ケンパー
編集 デニス・ヴァークラー
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年8月8日
日本の旗 1981年2月21日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000
興行収入 $22,762,571[1]
テンプレートを表示

ザナドゥ』(: Xanadu)は、1980年公開のアメリカ映画。地上に最高の音楽の殿堂を作るために、と集まる人々を描くミュージカルファンタジー映画

2007年には、この映画のブロードウェイ・ミュージカル劇場版が制作・上演された。各シーンで使用される楽曲は、映画版と同じである。

ブロードウェイ版は、酷評された映画とは対照的に『ニューヨーク・タイムズ』で絶賛されるなどし、ロングラン上演されている。

解説[編集]

1947年リタ・ヘイワース主演映画『地上に降りた女神(Down to Earth)』の非公式なリメーク作品とされる。

『ザナドゥ』はクビライ・カーンの設けた伝説の歓楽の都をテーマにした詩にインスパイアされて、この映画としては音楽の殿堂を重ね合わせている。

当時大人気を誇る歌手オリビア・ニュートン=ジョンと、半ば引退状態にあった往年のミュージカルスター、ジーン・ケリーの競演、音楽はエレクトリック・ライト・オーケストラELO)が担当するなど、話題性十分の作品だった。当時の宣伝コピーは「ファンタジー。ミュージカル。夢が実現するところ。(A fantasy. A musical. A place where dreams come true.)」であった。

途中、アニメーションのみで構成されるシーンが挿入される。このアニメーションパートは、ドン・ブルース・プロダクションが制作している。

映画は批評的/商業的に失敗したものの、サウンド・トラックアルバムは全米4位(Billboard Albums)に入る大きな成功を残した。このサウンドトラック・アルバムからは下記の5枚のシングル盤が20位以内にチャートインした。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
女神キラ オリビア・ニュートン=ジョン 小林さやか
ダニー・マクガイア ジーン・ケリー 中村正
ソニー・マローン マイケル・ベック 内田夕夜
シンプソン ジェームズ・スローヤン 田中正彦

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Xanadu (1980)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]