ウエスト・エンド (ロンドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウエスト・エンド (West End) はイギリスの首都ロンドンにおける地区。行政、商業、文化施設などが集中している。劇場や歌劇場なども多く、ニューヨークブロードウェイと対照させ、ロンドンのミュージカルをウエスト・エンドと称することもある。

ロンドンにおける代表的な地区は一般につぎのように対照づけられることが多い。

定義としては、金融街であるシティを中心として、その西側がウエスト・エンド、東側がイースト・エンドとなる。この地区には非常に多くのアトラクションが集中しているため、単に"ウエスト・エンド"と言った場合、何を目的にするかで幅が出てくる。たとえば、映画館や劇場の場所を示している場合、主にレスター・スクエアコヴェント・ガーデンのあたりを指す事が多い。ショッピング・エリアとしてはオックスフォード・ストリートリージェント・ストリートボンド・ストリートなどが中心になってくる。また、トラファルガー・スクエア (ナショナル・ギャラリーの向かい) 、トッテナム・コートロード (大英博物館への最寄駅) 、ソーホーも含まれているので美術館やギャラリーも多い。

該当する地区[編集]

下にあげる地区の多くは1815年以前に発展を遂げた箇所である。

ハイド・パークおよびケンジントン・ガーデンズの北、南、西はナポレオン戦争期から19世紀後半にかけて発展した。当時のロンドン市街に点在した村が中心となった地区も多い。パーク・レーンの西にあたる地区はウエスト・エンドに含めないことがある。リストの最後二つがそれにあたる。

主要な通り[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]