戦争の嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

戦争の嵐』(せんそうのあらし、原題:『The Winds of War』)は、ハーマン・ウォーク1971年に発表した小説作品、およびこれを原作としたテレビドラマである。続編に『戦争と追憶』がある。

概要[編集]

第二次世界大戦前夜、ナチス・ドイツのアメリカ大使館付武官としてベルリンに赴任することとなったアメリカ海軍中佐ビクター・ヘンリーとその家族がヨーロッパの戦乱に巻き込まれながら懸命に生きる姿を描く壮大な作品である。描かれた期間は独ソ不可侵条約調印直前から日本軍真珠湾攻撃までである。

テレビドラマ[編集]

1983年、アメリカABCテレビの「ミニ・シリーズ」として製作された。監督はダン・カーティス。最高視聴率45.5%、平均視聴率37.4%。この作品は1983年度ゴールデン・グローブ賞(作品賞)や同年度エミー賞作品賞 (ミニシリーズ部門)にノミネートされた。

クライマックスの真珠湾攻撃のシーンでは、これまで映画・ドラマで主流であった「映画『トラ・トラ・トラ!』からの流用」ではなく、新たに撮影されたものを使用した(ただし、日本海軍の空母機動部隊から出撃する艦上機の発艦シーンなどについては、『トラ・トラ・トラ!』の映像を流用している)。

日本においてもテレビ朝日系列にて1983年3月27日から8日連続で放映された。 また、スーパーチャンネル(現Super! drama TV)が1991年12月8日(真珠湾攻撃のちょうど50年後) に合わせて最終話が放送されるタイミングで放送を行った。

放送時タイトル[編集]

日本放送No. 題名 アメリカ放送No. 原題
1 激動のヨーロッパ 運命の旅立ち 1 THE WINDS RISE
2 ワルシャワ陥落 恐怖の脱出 2 THE STORM BREAKS
3 勝ち誇るナチ独軍 揺れ動く愛 3 CATACLYSM
4 ロンドン大空襲 燃える不倫の恋 4 DEFIANCE
5 苦悩するアメリカ 愛するものたちの再会 5 OF LOVE AND WAR
6 大英帝国の危機 愛を引き裂く出航
7 米英巨頭洋上の会談 Uボートの恐怖 6 THE CHANGING OF THE GUARD
8 日米開戦!真珠湾攻撃 されど愛は永遠に・・・ 7 INTO THE MAELSTROM

キャスト[編集]