麗しのサブリナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
麗しのサブリナ
Sabrina
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 ビリー・ワイルダー
サミュエル・テイラー
アーネスト・レーマン
原作 サミュエル・テイラー
製作 ビリー・ワイルダー
出演者 オードリー・ヘプバーン
ハンフリー・ボガート
音楽 フレデリック・ホランダー
撮影 チャールズ・ラング・Jr
編集 アーサー・シュミット
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1954年9月22日
日本の旗 1954年9月28日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,238,813(見積値)[1]
興行収入 $10,000,000[1]
テンプレートを表示
ウィリアム・ホールデンとオードリー・ヘプバーン
ハンフリー・ボガートとオードリー・ヘプバーン

麗しのサブリナ』(うるわしのサブリナ、原題: Sabrina)は、1954年に公開されたアメリカ合衆国ロマンティック・コメディサミュエル・テイラーの戯曲『サブリナ・フェア』をビリー・ワイルダー監督が映画化した。『ローマの休日』に続くオードリー・ヘプバーンのヒット作。

あらすじ[編集]

主人公サブリナは、富豪の実業家ララビー家の運転手の娘である。サブリナは、ララビー家の弟・デイビッドに秘かに恋をするが、弟は別の女性に夢中である。傷心のサブリナはパリで2年間を過ごし、別人のように美しくなって帰国する。弟はサブリナと結婚したいと言い出し、2人の結婚に反対する兄・ライナスもやがてサブリナに心惹かれてゆく。ライナスは弟とサブリナがパリに行くよう図るが、弟はライナスがサブリナを愛していることを指摘する。ライナスは仕事を投げ出し、パリ行きの船を待つサブリナの元に向かう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ライナス・ララビー ハンフリー・ボガート 久米明
サブリナ・フェアチャイルド オードリー・ヘプバーン 池田昌子
デイヴィッド・ララビー ウィリアム・ホールデン 近藤洋介
トーマス・フェアチャイルド ジョン・ウィリアムズ 坂口芳貞
オリヴァー・ララビー ウォルター・ハンデン 大木民夫
エリザベス・タイソン マーサ・ハイヤー 佐藤しのぶ
グレッチェン・ヴァン・ホーン ジョーン・ヴォーズ 松谷彼哉

衣装[編集]

この作品はサブリナパンツというファッション文化を生み出した。衣装デザイナーのイデス・ヘッドはこの作品でアカデミー衣裳デザイン賞を受賞している。またユベール・ド・ジバンシィがドレスなどのデザインを担当した。

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー衣裳デザイン賞 (白黒部門):イデス・ヘッド
ノミネート
アカデミー監督賞:ビリー・ワイルダー
アカデミー主演女優賞:オードリー・ヘプバーン
アカデミー脚本賞:ビリー・ワイルダー、サミュエル・テイラーアーネスト・レーマン
アカデミー撮影賞 (白黒部門):チャールズ・ラング・Jr
アカデミー美術賞 (白黒部門):ハル・ペレイラウォルター・H・タイラーサム・カマーレイ・メイヤー

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
脚本賞:ビリー・ワイルダーサミュエル・テイラーアーネスト・レーマン

ナショナル・ボード・オブ・レビュー[編集]

受賞
助演男優賞:ジョン・ウィリアムズ

舞台化[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sabrina (1954) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]