昼下りの情事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
昼下りの情事
Love in the Afternoon
アメリカ合衆国公開時のポスター
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 ビリー・ワイルダー
I・A・L・ダイアモンド
原作 クロード・アネ英語版
アリアーヌ英語版
製作 ビリー・ワイルダー
出演者 ゲイリー・クーパー
オードリー・ヘプバーン
モーリス・シュヴァリエ
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ウィリアム・C・メラー英語版
編集 レオニード・アザー
製作会社 アライド・アーティスト・ピクチャーズ・コーポレーション
配給 アメリカ合衆国の旗 アライド・アーティスト・ピクチャーズ・コーポレーション(現在はメトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 セレクト=松竹共同配給
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年6月30日
日本の旗 1957年8月15日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,100,000(見積値)[1]
興行収入 世界の旗 $5,000,000[1]
テンプレートを表示

昼下りの情事』(ひるさがりのじょうじ、Love in the Afternoon)は、1957年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画。原作はクロード・アネ英語版の小説『アリアーヌ英語版』。『麗しのサブリナ』から2度目の登用となるオードリーの可憐な容姿と、『魅惑のワルツ英語版』の優雅な旋律が印象的。

ストーリー[編集]

コンセルヴァトワールチェロを学ぶ純情なパリ娘・アリアーヌ。私立探偵の父シャヴァッスのもとへ妻の浮気調査を依頼したX氏が結果を聞きにやって来た。シャヴァッスの現像した写真を見たX氏は、妻と一緒に写るアメリカの大富豪・フラナガン氏を今夜撃つと言い残し立ち去る。父の事件を盗み聞きするのを楽しみにしていたアリアーヌは音楽院へ出かけるものの、事件が気になる。フラナガン氏のいるホテル・リッツへ来てみると、X氏がピストルを忍ばせているところにアリアーヌは出くわす。アリアーヌの機転でX夫人は逃れ、危ういところを助かったフラナガン氏は彼女と明日の午後を約束する。

浮気男とデートなどすまいと思ったものの、結局ホテルを訪れ、おいしい食事と美しいムードミュージックというお定まりの手にすっかり参ってしまう。フラナガン氏がパリを出発する時刻が来て世慣れた遊び人のようにあっさり別れるが、アリアーヌは悲しげに音楽院へ向う。

数ヵ月後、オペラでフラナガン氏に再会。翌日ホテルを訪れたアリアーヌに、今度はフラナガン氏が参ってしまい、彼女がことありげに話す男たちのことに気が揉める。偶然出会ったX氏は「シャヴァッスに頼め」と忠告。シャヴァッスが調査するが、我が娘だった。シャヴァッスはフラナガン氏に「あの婦人は箱入り娘で当人の言ったことは全部作り話で、愛しいと思ったらパリを離れることだ」と報告する。アリアーヌがホテルを訪れた時、フラナガン氏は荷造りを終えていた。心乱れるものの世慣れた風を装い、アリアーヌはリヨン駅まで見送る。発車の瞬間、フラナガン氏はアリアーヌを列車に抱えあげる。プラットホームには二人を微笑んで見送るシャヴァッスの姿があった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 NET版1 NET版2
フランク・フラナガン ゲイリー・クーパー 小川真司 黒沢良
アリアーヌ・シャヴァッス オードリー・ヘプバーン 池田昌子
クロード・シャヴァッス モーリス・シュヴァリエ 山野史人 中村正 巌金四郎
X氏 ジョン・マッギーバー英語版 辻親八 富田耕生 滝口順平
ミシェル ヴァン・ドード 松本大 広川太一郎 富山敬

エピソード[編集]

  • 当初、フランク役にはケイリー・グラント、次いでユル・ブリンナーがオファーされていたが断られ、グラントが出なかったことをワイルダーはとても悔しがった[2]
  • 映画『君の名は』(1953年)で「真知子巻き」が流行したが、この映画ではヒロインの「アリアーヌ巻き」が流行した。大きめのスカーフを三角に折って頭にかぶり、両端を首の前で交差させて後ろで組んだものを真似た[3]
  • アリアーヌが"professional virgin"と呼ばれる場面があるが、処女性を売り物にしているという揶揄である。
  • DVD版 オードリー・ヘプバーン生誕80周年記念 DVD-BOX 2009年11月6日
  • NETテレビ版1 初回放送 1970年10月11日
  • NETテレビ版2 初回放送 1973年10月28日

スタッフ[編集]

主な受賞歴[編集]

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)モーリス・シュヴァリエ
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)オードリー・ヘプバーン

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Love in the Afternoon (1957) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ チャンドラー『ビリー・ワイルダー』p.176.
  3. ^ 小林祥次郎『人名ではない人名録』(勉誠出版 2014年p.106)。

外部リンク[編集]