翼よ! あれが巴里の灯だ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
翼よ! あれが巴里の灯だ
The Spirit of St. Louis
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 チャールズ・レデラー
ウェンデル・メイズ
ビリー・ワイルダー
原作 チャールズ・リンドバーグ
製作 リーランド・ヘイワード
出演者 ジェームズ・ステュアート
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ロバート・バークス・Jr
J・ペバレル・マーレイ
編集 アーサー・P・シュミット
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年4月20日
日本の旗 1957年8月15日
上映時間 138分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 600万ドル
テンプレートを表示

翼よ! あれが巴里の灯だ』(つばさよ! あれがパリのひだ、: The Spirit of St. Louis)は、1957年のチャールズ・リンドバーグ伝記映画ビリー・ワイルダー監督、ジェームズ・ステュアート主演。脚本はチャールズ・レデラー、ウェンデル・メイズおよびビリー・ワイルダーで、1954年にピューリッツァー賞を獲得した、リンドバーグの著作『The Spirit of St. Louis』を原作[1]とする。

映画はリンドバーグのライアンNYP単葉機「スピリットオブセントルイス」号による歴史的な大西洋横断飛行を、1927年5月20日ニューヨーク、ルーズベルト飛行場の離陸から、5月21日パリル・ブルジェ空港に着陸するまで描く。

あらすじ[編集]

映画はリンドバーグの歴史的な飛行の前夜から始まり、いくつものフラッシュバックによって、1923年の初めての単独飛行で始まる彼の飛行キャリアを物語る。曲技飛行団での日々、陸軍での飛行訓練、飛行教官・郵便機パイロットとしての飛行、不調に終わったコロンビア航空社からのベランカ機購入交渉、セントルイス商工会議所からの資金援助の獲得、スピリットオブセントルイス号の設計と製作、等々である。

困難な離陸のあと、リンドバーグは睡眠不足や機体の着氷と戦い、推測航法で苦闘する。そこに、「バド」・ガーニーと組んでの愛機ジェニーによる旅回りや、ブルックス飛行場での陸軍飛行士としての訓練など、飛行士としての初期のエピソードが描かれる。飛行中に操縦席に入り込んだ蠅や、天井のコンパスを見るために見物の少女から貰い受けた鏡のエピソードも有名である。

そしてついにアイルランドディングル湾で陸地にたどりつき、プリマス上空を飛んでイギリス海峡を横断、英雄の歓迎に沸くパリル・ブルジェ空港に到着する。

キャスト[編集]

  • ジェームズ・ステュアート - チャールズ・A・「スリム」・リンドバーグ
  • バーレット・ロビンソン - ベンジャミン・フランク・マホニー(ライアン社社長)
  • アーサー・スペース - ドナルド・A・ホール(ライアン社主任技師)
  • パトリシア・スミス - 鏡の少女
  • マレー・ハミルトン - ハーラン・A・「バド」・ガーニー
  • マーク・コネリー - ハスマン神父
  • チャールズ・ワッツ - O・W・シュルツ(サスペンダーのセールスマン)

1955年8月に製作にかかったとき、ジャック・ワーナーはリンドバーク役をジョン・カーに打診したがカーはそれを断った[2][3]

ジェームズ・ステュアートがその47歳という年齢にもかかわらず、すでに1954年という早い段階からリンドバーグの役を演じたいとワーナーブラザーズ経営陣に働きかけ、のみならず熱心なダイエットと節制をして1927年当時のリンドバーグ(その時リンドバーグは25歳だった)の外見に近づけようとしていたことは多くの情報源によって知られている。ステュアートには、年齢を重ねた当時にあっても変わらない、生涯を通じてのリンドバーグと飛行への情熱があり、それは、彼の若い頃の「ローンイーグル(リンドバーグの愛称)」のこの飛行が最大のきっかけとなっていたのだった。そしてそれこそが彼に飛行士としての道を歩ませていたのである[4]。ステュアートは結局リンドバーグの役を射止めたが、その年齢は製作後の批評の格好の標的となった。

製作[編集]

大西洋横断飛行を忠実に再現するために、ヨーロッパやスタジオなど各所での撮影用としてスピリットオブセントルイス号の複製が3機製作された。そのうち2機はまだ飛行可能な状態で、1機はミシガン州ディアボーンヘンリー・フォード博物館に展示されており、もう1機はウィスコンシン州オシュコシュのEAAエアベンチャー博物館にある。映画の撮影は、現在はアラン・ハンコックカレッジの敷地になっている、カリフォルニア州サンタマリアにあったサンタマリア・パブリック空港で行われた。

反響[編集]

映画が20ヶ月にわたる製作期間の後1957年4月に公開されると、主に当初予算の2倍以上という莫大な制作費による興行上の失敗について、さまざまな評価を受けた。しかし、その特殊効果とジェームズ・ステュアートの優れた演技については賞賛された。『タイム』誌は1957年にこの映画についてこう書いている。

「ステュアートは、48歳の若者として、その俳優としてのすべてを投じて、全世界がその時に何を感じたかを間断なく観客に示すことに成功している。リンドバーグの飛行が、単なる飛行機狂の若者の無鉄砲な冒険などでなく、一人の勇者が、それまでのすべての進歩と同じく、全人類に対して新たな可能性を証明した魂の旅であったことを。」

後にこの映画はその輝きを幾分回復することができた。そして現代ではリンドバーグの性格描写と、記録的な飛行の準備に関する秩序立った描写に再評価がなされている。スミソニアン協会はこの映画を古典シリーズの一部として最近上映し、「魅力的で」「緊迫感のある」ものとしてDVD化も行われた。

表彰[編集]

1958年のアカデミー賞で、ルイス・リキテンフィールドは最優秀効果賞にノミネートされた。また、AFIの「感動の映画ベスト100」にも69位にランクされた。

資料[編集]

脚注
  1. ^ 日本ではその短縮版の翻訳が『翼よあれがパリの灯だ - 大西洋横断飛行の回想』のタイトルで1955年に出版共同社から刊行されている。
  2. ^ Pickard 1993, p. 176. これについては、ジェームズ・ディーンに関わる都市伝説がある。1955年中頃に映画『ジャイアンツ』を撮り終えた後、ジェームズ・ディーンがチャールズ・リンドバーグの役を演ずるよう依頼されたというものである。しかし、『翼よ!あれが巴里の灯だ』の撮影開始前、1955年9月30日にディーンは自動事故で死亡した。死亡の時点でディーンは25歳であり、大西洋横断飛行をした時点のリンドバーグと同じ年齢だった。
  3. ^ IMDB entry and DVD liner notes
  4. ^ ステュアートは第二次世界大戦中実際に爆撃機のパイロットであり、大佐まで昇進している(最終階級は予備役空軍准将)。
参考資料
  • Eliot, Mark. Jimmy Stewart: A Biography. New York: Random House, 2006. ISBN 1-4000-5221-1.
  • Hardwick, Jack and Ed Schnepf. "A Viewer's Guide to Aviation Movies." The Making of the Great Aviation Films, General Aviation Series, Volume 2, 1989.
  • Jones, Ken D., Arthur F. McClure and Alfred E. Twomey. The Films of James Stewart. New York: Castle Books, 1970.
  • McGowan, Helene. James Stewart. London: Bison Group, 1992, ISBN 0-86124-925-9
  • Pickard, Roy. Jimmy Stewart: A Life in Film. New York: St. Martin's Press, 1992. ISBN 0-312-08828-0.
  • Smith, Starr. Jimmy Stewart: Bomber Pilot. St. Paul, Minnesota: Zenith Press, 2005. ISBN 0-7603-2199-X

外部リンク[編集]