サンセット大通り (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンセット大通り
Sunset Boulevard
宣伝用写真
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 チャールズ・ブラケット
ビリー・ワイルダー
D・M・マーシュマン・Jr
製作 チャールズ・ブラケット
出演者 グロリア・スワンソン
ウィリアム・ホールデン
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ジョン・サイツ
編集 アーサー・P・シュミット
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年8月4日
日本の旗 1951年10月28日[1]
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,752,000[2]
テンプレートを表示

サンセット大通り』(サンセットおおどおり、原題: Sunset Boulevard または Sunset Blvd.)は1950年アメリカ合衆国のドラマ映画。ビリー・ワイルダー監督作品。

ロサンゼルス郊外の豪邸を舞台に、サイレント映画時代の栄光を忘れられない往年の大女優の妄執と、それが齎した悲劇を描いたフィルム・ノワールである。

公開当時から批評家たちの評価も高く、同年のアカデミー賞11部門にノミネートされたが、対抗馬であった『イヴの総て』相手に苦戦し結局3部門での受賞に留まった(『イヴの総て』は計6部門受賞)。現在ではアメリカ映画を代表する傑作と見なされており、1989年に創立されたアメリカ国立フィルム登録簿に登録された最初の映画中の1本である。

ストーリー[編集]

サンセット大通りのとある大物の住む邸宅で一人の男が殺害される事件が起きる。警察が駆けつけると、プール死体が浮いており、背中銃弾を撃ち込まれていた。殺されたのは、B級映画脚本を2本ほど書いたしがない脚本家である。事件の発端は半年ほど前に遡る。

ハリウッドの狭いアパートに住んでいた脚本家のジョー・ギリスは、書き上げた脚本を映画会社に採用してもらえず、貧窮のどん底に苦しんでいた。取り立て屋に追われて逃げ込んだのは幽霊屋敷のような寂れた大きな邸宅で、そこにはサイレント映画時代のスター女優であったノーマ・デズモンドが、召使のマックスと共にひっそりと暮らしていた。ジョーは銀幕への復帰を目論むノーマのために、彼女が書き上げた『サロメ』の脚本の手直しをするように要求される。ノーマはとうの昔に忘れ去られた存在だったが、ノーマを女神のようにあがめるマックスによってその事実を隠されていたため、今でも大スターであると思い込んでおり、いつでも一線に復帰できると考えていたのだ。うだつの上がらない生活に嫌気がさしていたジョーはノーマの要求を受け入れ、以降住み込みのゴーストライターとしてノーマと奇妙な共同生活を始める。しかし、ノーマがジョーへの愛情を露骨に示すようになったことから、ジョーは彼女から離れようとするが、ノーマが自殺未遂を起こしたために、彼女とずるずると深い関係となってしまう。ノーマはますますジョーに溺れ、ジョーは彼女に「囲われた」セレブの生活を送るようになる。

ある日、撮影所からノーマに連絡が来る。用件はノーマが所有する古い自動車を映画の撮影に貸して欲しいというものだったのだが、ノーマは自分への出演オファーだと勘違いし、撮影所にセシル・B・デミル監督を訪ねたり、美容に執念を燃やしたりするなど、妄想は一段と酷くなって行く。一方、ジョーは親友アーティ・グリーンの婚約者で若い脚本部員であるベティ・シェーファーと2人で密かにシナリオを共作することになる。それに気付いたマックスは、自分がノーマをスターに育て上げた映画監督で最初の夫だったという過去をジョーに明かし、ベティとの関係をノーマに気付かれないようにと忠告する。やがてジョーとベティは自然に愛し合うようになるが、その関係はすぐにノーマの知るところとなる。ジョーはベティに全てを明かして別れを告げると、ノーマに既に世の中から忘れられた存在になっている現実を突きつける。するとノーマは、荷物をまとめて屋敷を出ようとしたジョーを撃ち殺してしまう。

事件を報道するカメラマンや記者たちがノーマの屋敷に押し掛ける。しかし、完全に正気を失ったノーマはそのカメラを映画撮影のカメラと思い込み、衆目の中でサロメを演じながら屋敷の大階段をしずしずと降りて行く。

キャスト[編集]

ラストの鬼気迫るノーマの演技

※日本語吹替版の初回テレビ放送は1970年11月5日のテレビ東京木曜洋画劇場」枠で日本版DVDに収録されている。

ノーマ・デズモンド
演 - グロリア・スワンソン、日本語吹替 - 七尾伶子
サイレント期を代表する女優。サンセット大通り沿いの豪邸に住んでいる。
ジョー・ギリス
演 - ウィリアム・ホールデン、日本語吹替 - 臼井正明
売れない脚本家。
マックス
演 - エリッヒ・フォン・シュトロハイム、日本語吹替 - 吉沢久嘉
ノーマの召使。元映画監督でノーマの元夫である。
ベティ・シェーファー
演 - ナンシー・オルソン、日本語吹替 - 沢田敏子
アーティの婚約者で若手の脚本部員。
アーティ・グリーン
演 - ジャック・ウェッブ、日本語吹替 - 飯塚昭三
ジョーの友人。
シェルドレイク
演 - フレッド・クラーク
映画プロデューサー。

以下は本人役での出演

製作[編集]

監督のビリー・ワイルダーとコンビを組んできた脚本家のチャールズ・ブラケットは、サイレント時代の大女優を主人公にしたコメディを構想、ワイルダーと共に脚本を執筆したが、ハリウッドの内幕を描いたものであったため物語の内容は秘密にし、『豆の缶詰』という見せかけのタイトルで企画を進めていた。そこにタイム・ライフ誌の記者であるD・M・マーシュマン・ジュニアが提案した若い脚本かとのエピソードを取り入れて、脚本を書き上げた。

ノーマ邸は、石油王J・ポール・ゲティの前妻が所有する豪邸で撮影された。

主演のオファー[編集]

本作の主演である、サイレント時代の大女優ノーマ・デズモンド役については、「世間から忘れられたという事実を受け入れられず、およそ実現不可能だと思われるカムバックを夢見るスター気取りの中年女優」という役柄が忌避されてか、主演の女優選びは非常に難航した。

ワイルダーは最初に引退していたグレタ・ガルボにオファーをしたが、彼女は復帰にさして興味を示さなかった。次にメイ・ウエストを指名するが、「サイレント映画時代の大女優の役をするには自分は若すぎる」と断った。続いてメアリー・ピックフォードポーラ・ネグリにもオファーするも、二人ともストーリーラインや役柄を嫌がり辞退。最後に伝説的なサイレント映画時代の大女優グロリア・スワンソンを、ワイルダー自身が説得することで何とか撮影にこぎつけることができた。当初スワンソンはあまりに大物過ぎて、ワイルダーたちも彼女がオファーに応じるとは思っていなかったという。

一方、売れない脚本家ジョー・ギリス役については、モンゴメリー・クリフトで決まっていたのだが、撮影開始の2週間前に、クリフトが「年の離れた女性と愛し合う役はできない」と言って役を断った[3]。ワイルダーはフレッド・マクマレイジーン・ケリーにもオファーしたが、前者は役を嫌って断っており、後者はMGM所属のため出演させることができなかった(この作品はパラマウントの製作)。そこでスタジオの所属俳優の中からまだ無名だったウィリアム・ホールデンが抜擢された。

出演者とその設定[編集]

この作品ではハリウッドの監督、名優達が彼ら自身を連想させる役柄を演じており、そのことが映画にリアリティーを与えている。

ノーマ・デズモンド役のグロリア・スワンソンは、ともに今は落ちぶれた、サイレント時代の大女優である。また、ノーマに忠実に仕える召使で、かつて映画監督だったという設定のマックス役を演じたエリッヒ・フォン・シュトロハイムも、1920年代を代表する映画監督であり、劇中でマックスが上映するノーマ主演の映画は、シュトロハイムが監督、スワンソンが主演した『クィーン・ケリー英語版』である(この作品は完璧主義者のシュトロハイムが演出にこだわりすぎたせいでスワンソンと衝突、撮影中止になり、幻の作品となった)[4]。ちなみにこの作品を上映しようというアイデアはシュトロハイム本人から出たものであった。デズモンド宛のファンレターを書いていたのもマックスだった、というエピソードを考えたのもシュトロハイムである。

ノーマに復帰作品の監督をするようにせがまれて困惑する映画監督セシル・B・デミルを本人が演じている。映画中に登場する『サムソンとデリラ』のセットは実際に撮影に使われたものである。現実世界でもデミルはスワンソン主演の映画を何本も撮った名監督であった。

ノーマ邸でトランプゲームに興じる嘗ての大物俳優達(ジョー曰く「蝋人形たち」)を演じるのは、喜劇王バスター・キートンH・B・ワーナー英語版[5]アンナ・Q・ニルソン英語版[6]といった、いずれもサイレント映画時代のスター達である。ちなみにキートンのギャラは1000ドルで、ワーナーは1250ドル、ニルソンは二人よりもはるかに安い250ドルで出演している。

他にも女流ゴシップライターで女優のヘッダ・ホッパーがラストシーンで、作曲家のジェイ・リビングストンと作詞家のレイ・エバンズが飲み屋のシーンで、それぞれ本人役で出演している。

作品の評価[編集]

ランキング[編集]

以下は日本でのランキング

  • 1989年:「大アンケートによる洋画べスト150」(文藝春秋発表)第73位
  • 1999年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・外国映画編(キネマ旬報創刊80周年記念)」(キネマ旬報発表)第94位
  • 2009年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・外国映画編(キネ旬創刊90周年記念)」(キネ旬発表)第33位

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞

ノミネート

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞

ノミネート

ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[編集]

受賞

トリビア[編集]

  • 2001年に制作されたデヴィッド・リンチ監督作品『マルホランド・ドライブ』はこの映画を下敷きにしているといわれている。ハリウッドの道路 マルホランド・ドライブを下っていくと、サンセット大通りに出る。
  • 手塚治虫の『ブラック・ジャック』には「忘れられた大女優マリリン・スワンソン」が登場する、当該映画にインスパイアされた「あるスターの死」というエピソードがある。
  • 松本清張の小説『幻華』は、この映画を観た印象に基づき、銀座のバーのママに主人公を置き換えて書かれている。
  • 大林宣彦監督のテレビ映画『麗猫伝説』(1983年)は、怪奇映画風にアレンジされているものの、このストーリーと人物配置をかなり忠実に再現している。ヒロインは、サイレント期の大女優・入江たか子と、その娘・入江若葉が二人一役で演じた。脚本家は柄本明、元大監督の執事は大泉滉が演じている。

参考文献[編集]

  1. ^ サンセット大通り”. KINENOTE. 2013年12月3日閲覧。
  2. ^ Sunset Blvd. (1950) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年12月3日閲覧。
  3. ^ クリフトは当時、30歳も年上の歌手リビー・ホルマン英語版と恋愛関係にあり、自分たちの関係を描いていると思ったホルマンがこの映画に出たら自殺するとクリフトを脅したため、降板したといわれる
  4. ^ クィーン・ケリー クリティカル・エディション [DVD]”. amazon.co.jp. 2013年12月3日閲覧。
  5. ^ ワーナーは本作にも登場しているセシル・B・デミルの『キング・オブ・キングス』でイエス・キリストを演じてスターになった人である。その後『スミス都へ行く』や『素晴らしき哉、人生!』などのフランク・キャプラ作品にも登場していた。彼の遺作はデミルの『十戒』である。
  6. ^ ニルソンは1910年代を代表するスター女優だったが、乗馬中の落馬事故をきっかけに主役から端役に成り下がってしまった。本作の翌年に公開されたジーン・ケリー主演の『巴里のアメリカ人』にも出演している。

外部リンク[編集]