花の生涯 (NHK大河ドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花の生涯
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜 20:45-21:30(45分)
放送期間 1963年4月7日-12月29日(全39回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 合川明
演出 井上博 他
原作 舟橋聖一
脚本 北条誠
出演者 尾上松緑
淡島千景
八千草薫
中村芝鶴
北村和夫
芦田伸介
仲谷昇
西村晃
田村正和
清水将夫
下條正巳
岩崎加根子
東恵美子
岡田眞澄
久米明
朝丘雪路
長門裕之
嵐寛寿郎
香川京子
佐田啓二
オープニング 冨田勲
テンプレートを表示
花の生涯記念碑(彦根城金亀児童公園)

花の生涯』(はなのしょうがい)は、1963年4月7日から12月29日までNHKで放映された1作目の大河ドラマ

概要[編集]

原作は舟橋聖一が1952年から1953年に『毎日新聞』紙上で連載していた歴史小説『花の生涯』で、幕末大老井伊直弼の生涯を描いた作品である。視聴率は全話平均20.2%、最高で32.3%を記録した。松竹の専属俳優だった佐田啓二が初めてテレビドラマに出演した作品である。現在と異なり、基本の放送時間は日曜日の午後8時45分~午後9時30分であった、

1961年、NHKの芸能局長に就任した長沢泰治は、当時技術的にも稚拙で黎明期にあったテレビジョン放送をして映画を凌駕するものにすることを目指し、30分枠が主流だったテレビドラマに映画並のクオリティーと大衆の支持を得るべく、大作ドラマの制作を志向した。

いわゆる大河ドラマの構想は、当時NHKとRAI(イタリア放送局)が合作で制作した『二つの橋』に参加した演出の合川明、井上博、脚本の北条誠が帰国してから具体化し、脚本の北条誠は『花の生涯』の舞台脚本を書いたことがあったため起用された。

当初から大スターを集めてのキャスティングが図られ、映画各社、歌舞伎座などを交渉した結果、松竹演劇部が「歌舞伎を一切休まない」ことを条件に、尾上松緑の出演を認めた。

映画俳優では当時、いわゆる「五社協定」があったため、映画各社の専属俳優はテレビには出演できず、NHKは佐田啓二本人と出演交渉を重ねた。佐田はロサンゼルスの友人に相談して、当時の進んだアメリカのテレビジョン放送の実情を知り、1962年夏に出演を快諾した。このとき、NHK側が長引く出演交渉に見切りをつけ「もうあきらめます」と告げたところ、佐田は「出るよ」と承諾したというエピソードが残っている。佐田の出演によって「五社協定」が崩れ、同作品に映画俳優の出演が次々と決まることになった。

村山たか役の淡島千景は、映画版で同役を演じていたが、原作者の舟橋の希望で出演した。

桜田門外の変」は東映城を借りて行われたが、このときの交渉は、後に大河演出のエースとなる大原誠が受け持った。東映城の屋根を白ペンキで塗って、事件当日の雪模様を再現したという。地面の雪は、トラック4台で運んだ白布を広げ、白砂を撒き、発泡スチロールを飛ばしたと言う。当初、東映との交渉は難航したが、いったん承諾すると東映側は、撮影に非常に協力的になったという。

多くの大物俳優が忙しいスケジュールを縫って出演するため、この作品からはじめて各シーンをバラバラ撮りする方法が採用された。それまでは、ストーリーの進行順に従って収録する手法が一般的だった。

尾上松緑は、昼は歌舞伎興行があったため、深夜にスタジオで収録にのぞんだという。歌舞伎の舞台に穴をあけないという条件での出演だったため、撮影の初日から、撮影終了後の帰宅が朝の5時となり、妻が松緑の健康を心配し、役を降ろしてほしいと迫ったという。最終的に午前3時までに返すという条件で撮影は続くことになる。[1]

後年、同タイトルのテレビドラマは日本テレビテレビ東京でも放送された(『花の生涯』を参照)。

映像の現存状況[編集]

第1話と桜田門外の変のシーンである第38話の断片が現存している。その他の映像はNHKには現存していないとされる。当時は放送局用ビデオテープ2インチVTR)が非常に高価で大型だったために、テープは放送終了後に消去されて他の番組に利用されるのが通常だった。テープの経年劣化も考えると、視聴者が録画して現在まで保存している可能性は低く、放送回の映像が民間から発見される可能性はほとんどない。

そのため、全話の再放送および全話収録の完全版映像ソフトの製作・発売は絶望的だが、現存している第1話「青柳の糸」は『NHK想い出倶楽部2〜黎明期の大河ドラマ編〜(1)花の生涯』としてDVD販売されている。

キャスト[編集]

太字は第1回に登場

井伊家[編集]

井伊家臣[編集]

大名・幕臣[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]

放送[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル
第1話 04月07日 青柳の糸
第2話 04月14日 雲うごく
第3話 04月21日 眉紅き人 
第4話 04月28日 朝のいとま
第5話 05月05日 尾花の別れ
第6話 05月12日 蜘蛛の糸
第7話 05月19日 想う人
第8話 05月26日 うす雪の竹
第9話 06月02日 雪の門出
第10話 06月09日 登城すがた
第11話 06月16日 彦根牛
第12話 06月23日 黒船の章
第13話 06月30日 密出国
第14話 07月07日 おしろい椿
第15話 07月14日 葉桜の章
第16話 07月21日 風濁る
第17話 07月28日 安政小唄
第18話 08月04日 お吉・お福
第19話 08月11日 明烏の章
第20話 08月18日 らしゃめん記
第21話 08月25日 下田港
第22話 09月01日 こん四郎江戸へ行く
第23話 09月08日 江戸の風
第24話 09月15日 加茂川千鳥
第25話 09月22日 春ふたたび
第26話 09月29日 大老職
第27話 10月06日 百本杭の章
第28話 10月13日 五月雨の章
第29話 10月20日 不時登城
第30話 10月27日 妖霊星
第31話 11月03日 奈落の影
第32話 11月10日 大獄の章
第33話 11月17日 江戸送りの章
第34話 11月24日 断罪の章
第35話 12月01日 飛ぶ雪の章
第36話 12月08日 宵節句の章
第37話 12月15日 君消ゆる
第38話 12月22日 狂乱の章
最終話 12月29日 たか女後日
平均視聴率 20.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ[2]

現在のように大河ドラマが通年放送になるのは、第2作目の『赤穂浪士』からであり、一作目の『花の生涯』は9ヶ月間の放送であった。

総集編[編集]

大河ドラマで総集編がつくられるようになったのは第3作『太閤記』以降であり、本作の総集編は制作されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 『大河ドラマの50年』鈴木嘉一 中央公論新社2011年
  2. ^ ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
花の生涯
NHK 日曜20:45 - 21:30枠
花の生涯
赤穂浪士