シンドバッド虎の目大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンドバッド虎の目大冒険
Sinbad and the Eye of the Tiger
監督 サム・ワナメイカー
脚本 ビバーリー・クルス
製作 チャールズ・H・シュニア
出演者 パトリック・ウェイン
タリン・パワー
マーガレット・ホワイティング
ジェーン・セイモア
音楽 ロイ・バッド
撮影 テッド・ムーア
編集 ロイ・ワッツ
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年8月12日
日本の旗 1977年8月20日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 シンドバッド黄金の航海
テンプレートを表示

シンドバッド虎の目大冒険』(シンドバッドとらのめだいぼうけん、Sinbad and the Eye of the Tiger)は、1977年特撮映画レイ・ハリーハウゼンのシンドバッド3部作の最後の作品で、ハリーハウゼンによる、1940年代より続くストップモーション・アニメーションの技法を用いた最後から2番目の映画でもある。サム・ワナメーカー (Sam Wanamaker) 監督で、シリーズ最大の800万ドルをかけて作成された。実写部分は1975年6月から10月にかけ、スペインマルタ、古代ペトラの地ヨルダンで撮影され、ハリーハウゼンのストップモーション・アニメーション部分は1975年10月から継続された。完成は1977年3月。

ストーリー[編集]

数々の冒険を成功させ、久しぶりに都シャロックの港に入港したシンドバッド。だが旧友カシム王子は呪いの力で、ヒヒの姿に変えられていた。息子ラフィを王位に就けようと企む、継母である魔女ゼノビアの仕業であった。 カシムの妹ファラー姫を助け、窮状を打開すべく、シンドバッドは航海に出た。カスガルの賢人メランシアスの助けを得て、呪いを解く方法が極北のアリマスピの神殿にあることを知る。 ヒヒの姿となって人間の心を失いつつあるカシム王子には残された時間は限られている。時間がかかり過ぎたら、王子の呪いを解く方法も通じなくなるだろう。シンドバッドは、カシム王子、ファラー姫、賢者メランシアス、メランシアスの娘ディオーネを船に乗せて、さらに極北の神秘の神殿を目指す冒険の旅に出た。魔女ゼノビアもまた、息子ラフィとともに魔術の限りを尽くして、シンドバッド一行を妨害すべくシンドバッドの船を追う。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
シンドバッド パトリック・ウェイン 小林修 大塚明夫
メランシアスの娘ディオン タリン・パワー 幸田直子 紗ゆり
ゼノビア マーガレット・ホワイティング 来宮良子 鈴木弘子
ファラー姫 ジェーン・セイモア 高島雅羅 深見梨加
メランシアス パトリック・トルートン 千葉耕市 久米明
ラフィ カート・クリスチャン 大塚芳忠
ハッサン ナディム・サワラ 青野武
マルーフ サラミ・コーカー 佐藤正治
カシム王子 ダミアン・トマス
その他の声の出演:宮内幸平塚田正昭笹岡繁蔵長島雄一宮本充福田信昭田中正彦鈴木勝美
演出:蕨南勝之、翻訳:徐賀世子、調整:山田太平、効果:VOX、制作:ムービーテレビジョン

外部リンク[編集]