サム・ワナメイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サム・ワナメイカー
Sam Watenmaker
本名 Samuel Watenmaker
生年月日 1919年6月14日
没年月日 1993年12月18日(満74歳没)
出生地 シカゴ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督・舞台監督・俳優
配偶者 シャーロット・ホランド

サム・ワナメイカーSamuel Watenmaker, Sam Wanamaker, 1919年6月14日 - 1993年12月18日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の俳優・映画監督舞台監督。東欧ユダヤ系移民の子。

経歴[編集]

ワナメイカーが俳優として活動を始めたのはわずか17歳のときである。シカゴのグッドマン・シアターでの養成期間を経て、同じくシカゴのサマーストック・シアターに参加、ブロードウェイや地方巡業の舞台にも立った。

アイオワ州ドレイク大学で学び、第二次世界大戦中の1943年から1946年には陸軍に所属した。

1950年代初頭のイギリスで『Mr. Denning Drives North』を撮影した後、下院非米活動委員会(HUAC)のブラック・リストに載せられたと知り、ワナメイカーは帰米を拒否した。以後はロンドンで活躍した。

また、映画やテレビで監督また俳優としても活動した。出演した映画には『らせん階段』(1974年)、『プライベート・ベンジャミン』(1980年)、『スーパーマン4/最強の敵』(1986年)、『赤ちゃんはトップレディがお好き』(1987年)がある。

1940年、シャーロット・ホランドと結婚。彼女は1940年代アメリカのラジオ・ドラマのスターで後に女優となったが、1997年に82歳でのため逝去。1970年代、ワナメイカーはジャン・スターリングと親密な交際を始めた。2人は結婚はしなかったが、彼の死まで一緒であった。

ワナメイカーはInternational Shakespeare Globe Centreの設立者でもあり、ロンドングローブ座再興に大きな役割を果たしたが、1997年のオープンを見ることなく、1993年、74歳で前立腺癌のため逝去した。

彼は3人の娘がいる。アビー、ジェシカ、そして女優となったゾーイである。

出演作品[編集]

監督作品[編集]

  • 黄金線上の男 The File of the Golden Goose (1969年)
  • 華麗なる暗殺 The Executioner (1970年)
  • マーベリックの黄金 Catlow (1971年)
  • 刑事コロンボ: 殺しの序曲 (1977年) テレビシリーズ
  • シンドバッド虎の目大冒険 Sinbad and the Eye of the Tiger (1977年)
  • 刑事コロンボ: おもちゃの兵隊 Columbo: Grand Deceptions (1989年) テレビシリーズ

外部リンク[編集]