素晴らしきヒコーキ野郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
素晴らしきヒコーキ野郎
Those Magnificent Men in Their Flying Machines or How I Flew from London to Paris in 25 Hours and 11 Minutes
監督 ケン・アナキン
脚本 ケン・アナキン
ジャック・デイヴィス
製作 スタン・マーガリーズ
音楽 ロン・グッドウィン
撮影 クリストファー・チャリス
編集 ゴードン・ストーン
アン・V・コーツ
配給 20世紀FOX
公開 アメリカ合衆国の旗 1965年6月16日
日本の旗 1965年10月9日
上映時間 138分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $5,600,000
テンプレートを表示

素晴らしきヒコーキ野郎』(Those Magnificent Men in Their Flying Machines or How I Flew from London to Paris in 25 Hours and 11 Minutes)は、1965年公開のイギリス映画

解説[編集]

飛行機発展の黎明期であった1910年を舞台に、大手新聞社主催によるロンドン-パリ間の飛行機レースに世界中の強者を集めて開催されるレースの模様を、ケン・アナキンが国際的スターを集めて作った豪華な大作映画。日本からは石原裕次郎が参加し、ハリウッド映画初進出を果たした。国民性をステレオタイプに描いた、喜劇である。

あらすじ[編集]

賞金目当てのくせ者たちがドーバーに集結する。離陸寸前に破れたり離陸できずに暴走したり、とんでもないところに墜落したり…。フランス人デュボワは女の尻ばかり追いかけ、ドイツ人ホルスタイン大佐はマニュアル人間だ。二人がつまらぬことから決闘したがイタリア人のポンティチェリ伯爵 が妙チキリンな飛行機にのって中に入ってコトなきを得たり…。イギリス人アーミテージ卿はズル賢くて目的のためには手段を選ばない男。まず強敵をヤッてしまおうと、日本人のヤマモトに下剤入りの酒を呑ませようとしたが、それを横からとった別の飛行士が呑んだ。卿は仕方ないのでヤマモトと、西部男オービルの飛行機に細工する。

レースの日。ヤマモトは卿のお蔭で離陸間もなく墜落、オービルも車輪なしで飛びたった。結局、オービル、アメリカ人リチャード、ポンティチェリの3機で決勝を争うことになったが、ポンティチェリ機のエンジンが火を吹きだし、オービルは空中離れ業を演じて救った。このため一着はリチャードだったがことの次第を知り、オービルと賞金を山分けしようと申し出る。新聞王の娘パトリシアの愛は?

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:ケン・アナキン
  • 製作:スタン・マーガリーズ
  • 脚本:ジャック・デイヴィス
  • 撮影:クリストファー・チャリス
  • 音楽:ロン・グッドウィン

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
オービル・ニュートン スチュアート・ホイットマン 小林勝彦 佐々木功
パトリシア・ローンズレー サラ・マイルズ 此島愛子 上田みゆき
リチャード・メイズ ジェームズ・フォックス 大林隆介 樋浦勉
ピエール・デュボア ジャン=ピエール・カッセル 徳丸完 納谷六朗
エミリオ・ポンティチェリ伯爵 アルベルト・ソルディ 藤村有弘 小林修
ヤマモト 石原裕次郎  玄田哲章
ホルスタイン大佐 ゲルト・フレーベ 滝口順平 富田耕生
ブリジット / イングリッド / マレーネ
フランソワ / イヴェット / ベティ
イリナ・デミック 平野文
アーミテージ卿 テリー・トーマス 穂積隆信
コートニー エリック・サイクス 峰恵研 青野武
ローンズレー卿 ロバート・モーレイ 高木均 宮川洋一
ランブルストロス大尉 カール・ミカエル・フォーグラー 青野武
ジョージ・グルーバー サム・ワナメイカー
修道院長 フローラ・ロブソン
マクドゥーガル ゴードン・ジャクソン
ネアンデルタール人 レッド・スケルトン
ナレーター ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス 中村正

外部リンク[編集]