隊長ブーリバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
隊長ブーリバ
Taras Bulba
監督 J・リー・トンプソン
脚本 ウォルド・ソルト
カール・タンバーグ
原作 ニコライ・ゴーゴリ
製作 ハロルド・ヘクト
出演者 ユル・ブリンナー
トニー・カーティス
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ジョセフ・マクドナルド
編集 エダ・ウォーレン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年12月19日
日本の旗 1962年12月22日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$4,000,000[1]
テンプレートを表示

隊長ブーリバ』(たいちょうブーリバ、原題:Taras Bulba)は、1962年制作のアメリカ合衆国の映画ニコライ・ゴーゴリの小説「タラス・ブーリバロシア語版ドイツ語版英語版(隊長ブーリバ)」を原作に映画化した作品である。

あらすじ[編集]

16世紀初頭、オスマン帝国が勢力を拡大してヨーロッパに迫っていた。これに危機感を抱いたポーランド王国のグリゴリー王子は、タラス・ブーリバ率いるウクライナコサックに「自分たちに協力してトルコ軍を撃退すれば、ウクライナのステップを与える」という約束をして援軍を頼み、ブーリバたちはこれに応えてトルコ軍を撃退した。

しかしその約束は反故にされ、ブーリバたちは土地を追われる事になってしまう。怒ったブーリバたちは、グリゴリー王子の片腕を切り落として逃亡、山岳地帯に逃げ込み、時が来るまで隠れて力を貯えることにした。

時は流れ、ブーリバの2人の息子アンドレとオスタプは立派な青年に成長した。ブーリバは敵のことを知るために、2人をポーランド人が住むキエフに留学させる。アンドレはそこでポーランド貴族の娘ナタリアと出会い、恋に落ちるが、これを知ったナタリアの兄が怒り、アンドレとオスタプをリンチしようとするが、反対に2人から殺されてしまう。2人は、故郷に逃げ帰った。

そんな時、ポーランド王からバルトと戦うための召集が掛かる。彼らはこの機会に自分たちの土地を取り戻す決意をする。ブーリバたちはポーランド軍の本拠地デュブノーウクライナ語版ロシア語版ポーランド語版英語版にあるデュブノー城ウクライナ語版ロシア語版ポーランド語版英語版に合流すると見せかけて、急襲を掛けて攻め込んだ。不意を付かれたポーランド軍は籠城するが、ペストが流行して城内の人々は苦しむ。アンドレはナタリアに会うためにデュブノー城に侵入するが捕まってしまい、ナタリアを助けるために犠牲になる。

その後、ブーリバたちの決死の反撃でポーランド軍は全滅、ウクライナは自由の土地となったのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
タラス・ブーリバ ユル・ブリンナー 小林修
アンドレ・ブーリバ トニー・カーティス 広川太一郎
ナタリア クリスティーネ・カウフマン
フィリペンコ サム・ワナメイカー
シーロ ブラッド・デクスター
グリゴリー王子 ガイ・ロルフ
オスタプ・ブーリバ ペリー・ロペス
総督 ジョージ・マクレディ
ステパン ウラジーミル・ソコロフ
アボット エイブラハム・ソファー

関連項目[編集]

その他[編集]

出演者のトニー・カーティスクリスティーネ・カウフマンはこれが縁で、翌1963年に結婚した(1968年離婚)。

脚注[編集]

  1. ^ a b Taras Bulba (1962)”. imdb.com. 2012年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]