逃亡者 (1963年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

逃亡者』(とうぼうしゃ、The Fugitive)は、アメリカABC系列で、1963年から1967年まで放送され、高視聴率を記録したテレビドラマ

概要[編集]

各シーズン30話ずつで構成され、全部で120話となり、最終シーズンのみカラー作品である。

妻殺しの濡れ衣を着せられ死刑を宣告された医師リチャード・キンブルが、警察の追跡を逃れながら、真犯人を探し求めて全米を旅する物語。アメリカでの最終回(後述)の視聴率は50%[1]、占有率は72%[2] で、当時のアメリカにおける視聴率の最高記録を樹立。これは1980年11月、ラリー・ハグマン主演のドラマ、「ダラス」第4シーズン第1話まで破られることはなかった(『デイリー・バラエティ』によると、最終回の視聴率は50.7%、占有率は73.2%だったともいう[3])。

日本でも、1964年5月16日から1967年9月2日までTBS系列(関西地区は当時朝日放送)で放送されて人気を博し、最終話の放送時刻には、ラジオドラマ君の名は」のように、銭湯が空になったと言う。当時発売されたTVガイドによると、日本での最終話の視聴率は、前編が24.5%、後編(最終回)が31.8%であった[4]

2009年10月よりAXNミステリーでも放送された。

本作をリメイクしたドラマ・映画作品も作られている(#関連項目を参照)。

あらすじ[編集]

インディアナ州スタッフォード[5]の小児科医リチャード・キンブルは、妻ヘレンと口論し家を飛び出すが、帰ってみると彼女は殺害されていた。その直前、彼は片腕の男が家から飛び出すのを目撃したが、警察はキンブルを犯人として逮捕する。彼は裁判で有罪となり、第一級殺人死刑を宣告される。キンブルは、スタッフォード警察のジェラード警部に護送され、鉄道で州刑務所の死刑執行室に向かうが、列車が脱線事故を起こした際の混乱に紛れ、逃走に成功する。全国に指名手配されるが、キンブルは半白だった髪を黒く染め、名前を変え、場所[6]を移動し、さまざまな労働に就きながら、真犯人と思われる片腕の男を探し求める。そんなキンブルを、ジェラード警部は執拗に追跡する[7]

物語は、キンブルが逃亡先で遭遇するさまざまな出来事を描くことに主眼が置かれている。逃亡者であるキンブルは、目立たないようふるまいには注意を怠らないが、何かトラブルや事件が起こると、持ち前のヒューマニズムからつい介入してしまう。病人やけが人が出た場合、やむをえず医療行為に及ぶこともある。その一方で、もともとインテリの医師である彼は、単純労働に就くとどこか浮いてしまい、周囲の反感を招いて自らがトラブルの種になってしまうことも少なくない。しかし、多くの人々はキンブルの人柄に惹かれ、彼の正体がわかっても進んで逃亡の手助けをする。とはいえ、中には自分の罪を彼になすりつけようとしたり、当局に差し出さない代わりに犯罪の手伝いをさせようとする者も現れる。

このようなシリーズの性格もあって、ジェラード警部の登場は数回に1回程度である。それでも、笑顔を全く見せず、家庭を犠牲にし、上司すらあきれるほど執拗にキンブルを捜し求めるジェラードの姿は、視聴者に強烈な印象を与えた。だが、回が進むにつれ、ジェラードはキンブルが妻殺しの犯人であることには疑問を抱かないものの、彼に他の容疑がかかるとそれを否定するなど、キンブルに一定の理解を示すようになっていく。一方、片腕の男の実在も明らかになり、物語は最終話へと至る。

最終話[編集]

最終話は、前後編のエピソードとなっている。

前編[編集]

キンブルが逃亡生活を始めてから4年の歳月が流れたある日、ロサンゼルスで片腕の男が強盗を犯して逮捕される。キンブルはロスへ急行するが、男はすでに何者かの手によって保釈されていた。しかもキンブルは、待ち構えていたジェラード警部に、ついに逮捕されてしまう。再び、ジェラードに列車で護送されるキンブル。

後編[編集]

しかし、キンブルはジェラードに、24時間だけ、片腕の男を探す猶予を与えられる。故郷スタッフォードで、ついに片腕の男を追い詰めたキンブルは、彼と直接対決する。果たして片腕の男は真犯人なのか、キンブルの無実は立証されるのか、物語は最後まで予断を許さない。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ[編集]

  • 翻訳:額田やえ子
  • 演出:山香武
  • スタジオ:TBS映画社
  • 放送:1964年5月16日-1967年9月2日、毎週土曜20:00-20:55、TBS系列

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • Ed Robertson, The Fugitive Recaptured: The 30th Anniversary Companion to a Television Classic , Pomegranate Press, 1993 (ISBN 9780938817345

サム・シェパード事件[編集]

本作「逃亡者」は、現実に起きた「サム・シェパード事件」がヒントになって作られた[8]

1954年7月4日オハイオ州クリーブランド郊外に住む、サミュエル(サム)・シェパード医師の家で、彼の妻マリリンが惨殺された。サムはもじゃもじゃした髪の侵入者に殴られ気絶していたと主張したものの、容疑者として逮捕され、第二級殺人(計画性はあるが第一級殺人の条件を満たさない殺人)で終身刑の判決を受ける[8]。母親はショックで拳銃自殺し、父親も病死。しかし、1966年に行われた再審の結果、サムは無罪となって釈放された[9]

この事件は、マスコミに大きく取り上げられ、本にもなったために、アメリカでは有名であり、ドラマ「逃亡者」がヒットしたのはこうした背景もあった。しかし、再審結果が出ると、アメリカ国民の興味は急速に薄れ、視聴率も下降して、打ち切りが決定した(ただし、最終回は、前述の通り高視聴率の新記録を樹立)。

事件には、後日談がある。サムは再び開業したが、周囲の疑いの目は変わらず、患者は訪れない。サムは酒とドラッグに溺れ、金に困ってプロレスラーに転身[10]したものの、間もなく(1970年)肝不全で死亡した。サムの一人息子サム・リースは、偏見にさらされながら伯父に育てられた。やがて、サムの家の窓掃除人だったリチャード・エバーリングが真犯人である疑いが浮上した[9]。サム・リースは、残された証拠品に対し、事件当時は存在しなかったDNA鑑定を依頼して[8]、エバーリングと一致するという結果を得た[11][12]。エバーリングは、別の殺人事件のため終身刑で服役中、1998年に死亡したが、別の受刑者によればエバーリングは自分が犯人だと語っていたともいう[13]。サム・リースは、父の無実の罪を晴らすための裁判を起こした[14]。だが、2000年に出た評決では、彼の期待した結果は得られず[15]、真相は未だ藪の中にある。

参考[編集]

注・参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 海外ドラマチャンネル 逃亡者”. AXNミステリー. ミステリチャンネル. 2010年4月30日閲覧。
  2. ^ Brooks, Tim; F. Marsh, Earle (2003-10-14). The Complete Directory to Prime Time Network and Cable TV Shows. Ballantine Books. ISBN 9780345455420. 
  3. ^ Robinson, Ed (1993-07-16). The Fugitive Recaptured: The 30th Anniversary Companion to a Television Classic. Pomegranate Press, Ltd.. ISBN 978-0938817345. 
  4. ^ アメリカでは、連続テレビドラマが製作される際、最終回であってもその他の回と代わり映えしないことが多い。しかし、本作はきちんと完結した数少ない例である(米国のテレビ番組における最終回参照)。
  5. ^ 架空の都市。
  6. ^ アメリカ本土各地、アラスカ行きの船上、国境付近のメキシコなど。
  7. ^ ジェラードは地方警察の刑事であり、本来管轄外の捜査権限は持っていないが、有力情報が入れば国内のどこへでも飛んでいく。しかも彼は、日本語版では警部と訳されているが、正しくは警部補 (Lieutenant) で、決して階級が高いわけでもなく、上司は彼の行動を必ずしも快く思っていない。それが一層、ジェラードの執拗さを際立たせることにもなった。本作がリメイクされた映画版「逃亡者」(1993年)では、ジェラードの設定が、逃亡囚の逮捕権限を持つ連邦保安官に変更され、行動の不自然さが減じられている。
  8. ^ a b c “After Life of Notoriety and Pain, Son Tries to Solve His Mother'sMurder” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1996年3月26日). http://www.nytimes.com/1996/03/26/us/after-life-of-notoriety-and-pain-son-tries-to-solve-his-mother-smurder.html 2009年7月4日閲覧。 
  9. ^ a b Butterfield, Fox (1989年8月14日). “Bay Village Journal; Sheppard Murder Case Attracting New Interest” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/1989/08/14/us/bay-village-journal-sheppard-murder-case-attracting-new-interest.html?scp=1&sq=bay%20village%20journal&st=cse 2009年7月4日閲覧。 
  10. ^ Dr.Sam Sheppard” (英語). Online World of Wrestling. 2009年7月4日閲覧。
  11. ^ Butterfield, Fox (1997年2月5日). “New Clues in an Old Murder Case” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/1997/02/05/us/new-clues-in-an-old-murder-case.html 2009年7月4日閲覧。 
  12. ^ Butterfield, Fox (1997年2月9日). “'The Fugitive' Didn't Do It” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/1997/02/09/weekinreview/the-fugitive-didn-t-do-it.html 2009年7月4日閲覧。 
  13. ^ “Inmate Says Convict Told Him of Killing Sam Sheppard's Wife” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1998年8月20日). http://www.nytimes.com/1998/08/20/us/inmate-says-convict-told-him-of-killing-sam-sheppard-s-wife.html 2009年7月4日閲覧。 
  14. ^ Butterfield, Fox (1998年12月3日). “Court Allows Sheppard Suit To Continue” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/1998/12/03/us/court-allows-sheppard-suit-to-continue.html 2009年7月4日閲覧。 
  15. ^ Butterfield, Fox (2000年4月13日). “Jury Rejects Innocence of Sheppard in '54 Murder” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2000/04/13/us/jury-rejects-innocence-of-sheppard-in-54-murder.html 2009年7月4日閲覧。 

関連項目[編集]

リメイク作品
その他の同名作品

外部リンク[編集]

TBS 土曜20時
前番組 番組名 次番組
バトルライン
逃亡者(第1シリーズ)
1964年5月16日〜1965年6月26日
ルーシー・ショー(第3シリーズ)
1965年7月3日〜1965年9月25日
ルーシー・ショー(第3シリーズ)
1965年7月3日〜1965年9月25日
逃亡者(第2シリーズ)
1965年10月9日〜1966年5月28日
宇宙家族ロビンソン(第1シリーズ)
1966年6月4日〜1966年11月26日
宇宙家族ロビンソン(第1シリーズ)
1966年6月4日〜1966年11月26日
逃亡者(第3シリーズ)
1966年12月3日〜1967年6月17日
1967年8月26日・9月2日
宇宙家族ロビンソン(第2シリーズ)
1967年6月24日〜1968年3月2日
(1967年8月26日・9月2日を除く)