スパイのライセンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパイのライセンス
It takes a thief astaire wagner 1969.JPG
フレッド・アステアとロバート・ワグナー、1969年
ジャンル アドベンチャー
製作者 ローランド・キブビー
出演者 ロバート・ワグナー
マラチ・スローン
フレッド・アステア
エド・ビンズ
主題曲作者 デイヴ・グルーシン
音楽 デイヴ・グルーシン
ベニー・ゴルソン
オリヴァー・ネルソン
ビリー・ゴールデンバーグ
リン・マーレイ
アーニー・フリーマン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 3
話数 66 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 ジャック・アーノルド
ゴードン・オリヴァー
フランク・プライス
プロデューサー ジーン・L・クーン
レオナード・ホーン
グレン・A・ラーソン
ポール・メイソン
ウィンストン・ミラー
レスリー・スティーヴンス
放送時間 51分[1]
放送
放送局 ABC
放送期間 1968年1月9日 – 1970年3月24日

スパイのライセンス』(英語原題It Takes A Theif)は、1968年スタートのロバート・ワグナー主演、アメリカABCネットワーク放送のテレビドラマである。1970年の放送終了までに全3シーズン、全66話が制作された。日本ではTBS系列土曜夜8時枠で1969年に『プロ・スパイ』のタイトルで始まり、1970年から1971年にかけて火曜夜10時枠に放送枠を変更、タイトルも表題の『スパイのライセンス』に改めて放送された。

概要[編集]

主演のワグナー演じるプレイボーイの大泥棒「アレックス・マンディ」が、恩赦と引き換えに「SIA」(シークレット・インテリジェンス・エージェンシー Secret Intelligence Agency)なる米国諜報機関のスパイとなり、得意の泥棒テクニックを駆使して行なう諜報活動を描いた作品。映画スターとして低迷期にあったワグナーがこの作品のヒットにより人気を復活させたことでも有名。

第2シーズンからはフレッド・アステアが登場、ワグナーの父親役を演じた。ゲストにベティ・デイビスピーター・セラーズジョセフ・コットンスザンヌ・プレシェットリカルド・モンタルバンレスリー・ニールセン、後にワグナーと「探偵ハート&ハート」で共演するステファニー・パワーズなどのスターが名を連ねた。

キャスト[編集]

放映リスト[編集]

英語版en:It Takes a Thief (1968 TV series)#Episodesを参照。

  • 第1シーズン 全16話 1968年1月9日 - 1968年4月30日 (日本の第1シリーズ『プロ・スパイ』に相当)
  • 第2シーズン 全26話 1968年9月24日 - 1969年4月22日(同上)
  • 第3シーズン 全24話 1969年9月25日 - 1970年3月24日(日本の第2シリーズ『スパイのライセンス』に相当)
日本
  • プロ・スパイ 1969年1月11日 - 1969年7月19日
  • スパイのライセンス 1970年9月29日 - 1971年6月8日

参照[編集]

外部リンク[編集]

TBS 土曜20時
【当番組よりTBS制作枠】
前番組 番組名 次番組
台風娘がやって来た
※ここまでABC制作
プロ・スパイ(第1シリーズ)
1969年1月11日 - 1969年7月19日
TBS 火曜22時
鬼警部アイアンサイド
(第1シリーズ)
スパイのライセンス(第2シリーズ)
1970年9月29日 - 1971年6月8日
鬼警部アイアンサイド
(第2シリーズ)