女刑事キャグニー&レイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
女刑事キャグニー&レイシー
Cagney & Lacey
ジャンル 海外ドラマ 刑事ドラマ
放送時間 (60分)
放送期間 1982年3月25日 - 1988年5月16日
(125回)
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 CBS
企画 バーバラ・アベドン
バーバラ・コーディ
出演者 タイン・デイリー
シャロン・グレス
メグ・フォスター
ジョン・カーレン
アル・ワックスマン
ハーベイ・アトキン
ロバート・ヘジス
カール・ランブリー
マーティン・コーブ
オープニング ビル・コンティ
テンプレートを表示

女刑事キャグニー&レイシー(おんなけいじキャグニーアンドレイシー、Cagney & Lacey )は、1982年から1988年までCBSで放送されたアメリカテレビドラマ。2人組の女性刑事を主人公とする刑事ドラマで、エミー賞の作品賞を2回受賞。日本では、1980年代に地上波テレビにおいて放映され、その後海外ドラマを放送するCS放送でも放映された。

概要[編集]

ニューヨークのミッドタウン南地区を管轄するニューヨーク市警察第14分署を舞台に、二人の女性刑事キャグニーとレイシーの活躍を描いた刑事ドラマ。推理を中心としたドラマではなく、独身のキャリアウーマン・キャグニーと、既婚者で2児の母・レイシーという好対照な主人公の2人が事件に立ち向かう様子を、職場での同僚たちや家族と過ごす場面も交えて、人間性豊かに描いている。1時間ドラマ。

登場人物[編集]

  • メリー・ベス・レイシー刑事 
演:タイン・デイリー Tyne Daly/吹き替え:弥永和子
ニューヨーク市警察第14分署の刑事[1]
  • クリス”クリスティン・キャグニー刑事
演:ロレッタ・スウィト Loretta Swit(パイロット版)→メグ・フォスター Meg Foster(第1シーズン)→シャロン・グレス Sharon Gless(第2シーズン以降)/吹き替え:吉田理保子
ニューヨーク市警察第14分署の刑事。
  • ハービー・レイシー
演:ジョン・カーレン John Karlen/吹き替え:島香裕
メリー・ベスの夫。かつては建築関係の仕事についていたが、不景気や持病のためなかなか復帰できずにいる。
  • バート・サミュエル警部 
演:アル・ワックスマン Al Waxmand/吹き替え:藤本譲
ニューヨーク市警察第14分署署長でレイシー刑事らの理解者。
  • ロナルド・コールマン内勤巡査部長
演:ハーベイ・アトキンHarvey Atkin)/吹き替え:広瀬正志
  • ビクター・イスベッキ刑事
演:マーティン・コーヴMartin Kove)/吹き替え:秋元羊介
  • マーカス・ペトリ刑事 
演:カール・ランブリーCarl Lumbly)/吹き替え:佐藤正治
  • マニー・エスポジート刑事 
演:ロバート・ヘジスRobert Hegyes
  • マイケル・レイシー
演:トロイ・スレイトンTroy W. Slaten
  • ハービー・レイシー・ジュニア 
演:トニー・ラトーレTony La Torre
メリー・ベスの息子。

サブタイトル[編集]

1982年から1988年にドラマシリーズとして7シーズンにわたって全125話放送されたが、これに先立つ1981年に、テレビ映画のパイロット版として1話が制作・放映されていた。

第1シーズン(1982年)[編集]

第2シーズン(1982年-1983年)[編集]

第3シーズン(1984年)[編集]

第4シーズン(1984年-1985年)[編集]

第5シーズン(1985年-1986年)[編集]

第6シーズン(1986年-1987年)[編集]

第7シーズン(1987年-1988年)[編集]

受賞歴[編集]

エミー賞[編集]

プライムタイム・エミー賞の作品賞を2回をはじめ、7つの賞を14回受賞している[2]

  • ドラマシリーズ部門・作品賞 2回(1985年、1986年)
  • ドラマシリーズ部門・主演女優賞 6回(1983年・1984年・1985年・1988年:タイン・デイリー、1986年・1987年:シャロン・グレス)
  • ドラマシリーズ部門・助演男優賞 1回(1986年:ジョン・カーレン)
  • ドラマシリーズ部門・脚本賞 1回(1985年)
  • シリーズ部門・フィルム音響編集賞 1回(1985年)
  • シリーズ部門・フィルム編集賞 1回(1985年)
  • ドラマシリーズ部門・演出監督賞 2回(1985年:カレン・アーサー、1986年:ジョージ・スタンフォード)

ゴールデン・グローブ賞[編集]

  • テレビシリーズ ドラマ部門・最優秀女優賞(1986年:シャロン・グレス)

日本での放映局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 彼女の『ダーティハリー3』の演技により起用が決まった。
  2. ^ Academy of Television Arts & Sciences

外部リンク[編集]