メリー・クレイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メリー・クレイトン
MerryClaytonHWOFDec2012.jpg
基本情報
出生 1948年12月25日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル R&Bソウルゴスペル
職業 歌手女優
活動期間 1962年 -
レーベル Ode Records
フォンタナ・レコード
A&Mレコード
共同作業者 レイレッツ

メリー・クレイトン(Merry Clayton、1948年12月25日 - )は、アメリカ合衆国R&B歌手ローリング・ストーンズとの共演で広く知られ、他にも様々なアーティストの作品でバック・コーラスを担当し、ソロ活動も行う。1980年代以降は女優としても活動。リトル・フィートのメンバーとして知られるサム・クレイトンの実姉である[1]

来歴[編集]

ニューオーリンズ出身。1963年にシングル「The Doorbell Rings」でソロ・デビューを果たした[2]。また、セッション・ミュージシャンとして様々なアーティストのバック・コーラスを務める。中でもレイ・チャールズのバック・コーラスを担当したグループ、レイレッツでの活動等で知られる。

1969年ローリング・ストーンズのアルバム『レット・イット・ブリード』収録曲「ギミー・シェルター」のレコーディングに参加。当初はデラニー&ボニーボニー・ブラムレットが参加する予定だったが、ブラムレットの体調不良のため、クレイトンが代役として呼ばれた[1]。クレイトンはミック・ジャガーと対等な立場でデュエット・ボーカルを披露し、一部パートでは単独でリード・ボーカルを担当した。

1970年、初のソロ・アルバム『ギミー・シェルター』を発表。同アルバムで前述の「ギミー・シェルター」をカヴァーしており、クレイトンのヴァージョンはシングルとしてもリリースされて全米73位に達した[3]。同年10月にはカリフォルニア州で行われた音楽フェスティバル「ビッグ・サー・フェスティバル」に参加し、その時の模様の一部はオムニバス・ライヴ・アルバム『Celebration』(1971年)に収録された。1970年代にはキャロル・キングつづれおり』(1971年)、リンゴ・スターリンゴ』(1973年)、レーナード・スキナード『セカンド・ヘルピング』(1974年)等のヒット・アルバムでもバック・コーラスを担当した。

クレイトンは、1986年公開の映画『ナインハーフ』で歌手の役を演じた。翌年には『星に願いを(Maid to Order)』にも出演した。1988年、映画『ダーティ・ダンシング』のサウンドトラックでクレイトンが歌った楽曲「Yes」が、シングルとして全米45位に達し、クレイトンにとって最大のヒット曲となった[3]

私生活では1960年代末期にジャズサックス奏者のカーティス・アミーと結婚し、2人の息子に恵まれるが、夫のカーティスは2002年に死去。

2013年、バックシンガーにスポットライトを当てたドキュメンタリー映画『バックコーラスの歌姫たち』に出演。

共演したミュージシャン[編集]

メリー・クレイトンがレコーディングやライヴをサポートしたアーティストの一覧。姓またはバンド名の五十音順。


ディスコグラフィ[編集]

  • ギミー・シェルター - Gimme Shelter(1970年)
  • メリー・クレイトン - Merry Clayton(1971年)
  • キープ・ユア・アイ・オン・ザ・スパロウ - Keep Your Eye on the Sparrow(1975年)
  • Emotion(1979年)
  • Miracles(1994年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 『キープ・ユア・アイ・オン・ザ・スパロウ』日本盤CD(VACM-1390)ライナーノーツ(越谷政義、2009年3月)
  2. ^ Merry Clayton : AllMusic - Biography by Chris True
  3. ^ a b Merry Clayton - Awards : AllMusic

外部リンク[編集]