手錠のまゝの脱獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手錠のまゝの脱獄
The Defiant Ones
監督 スタンリー・クレイマー
脚本 ネイサン・E・ダグラス
ハロルド・ジェイコブ・スミス
製作 スタンリー・クレイマー
出演者 トニー・カーティス
シドニー・ポワチエ
音楽 アーネスト・ゴールド
撮影 サム・リーヴィット
編集 フレデリック・ナドソン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 松竹
公開 アメリカ合衆国の旗 1958年9月27日
日本の旗 1958年10月14日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $778,000[1]
テンプレートを表示

手錠のまゝの脱獄』(てじょうのままのだつごく The Defiant Ones)は、1958年制作のアメリカ映画。手錠で互いに繋がれた黒人と白人の二人の囚人が、当初は激しく反目し合いながらも絆を深めてゆく姿を描く。

アカデミー賞脚本賞撮影賞ベルリン国際映画祭男優賞(シドニー・ポワチエ)などを受賞している。

ストーリー[編集]

囚人護送車が田舎町を移動中に、真夜中に転落事故を起こしてしまう。事故のどさくさに紛れて囚人のジャクソンとカーチスの2人が脱走するが、実はジャクソンは白人、カーチスは黒人とお互い50cmの長さの手錠で繋がれていた。北部へ逃亡を試みながら2人は人種偏見からたびたび反発し合うが、修羅場を切り抜けながら二人は次第に友情を築いていく…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・”ジョーカー”・ジャクソン トニー・カーティス 広川太一郎
ノア・カレン  シドニー・ポワチエ 田中信夫
マックス・ミューラー保安官 セオドア・ビケル
ビッグ・サム ロン・チェイニー・ジュニア
フランク・ギボンズ チャールズ・マッグロー
ビリーの母 カーラ・ウィリアムズ
マック クロード・エイキンス
  • 吹き替え放送:NET 1968年

備考[編集]

  • ジョーカー役を打診されたロバート・ミッチャムは、人種差別の激しいこの時代のアメリカ南部で、黒人と白人が一緒に護送されることなどあり得ないとして、ストーリーの欺瞞性を理由に出演を断った。製作サイドはこれを、ミッチャムは黒人と共演するのを嫌ったために断ったと周囲に話し、カーティスも自伝にそう書いていたが、のちにカーティスの誤解であったと撤回している[2][3][4][5]

脚注[編集]

  1. ^ Tino Balio, United Artists: The Company The Changed the Film Industry, Uni of Wisconsin Press, 1987 p 143
  2. ^ IMDB
  3. ^ Private Screenings: Tony Curtis. Turner Classic Movies, 19 January 1999.
  4. ^ Server, Lee (2001). Robert Mitchum: "Baby I Don't Care". St. Martin's Press. ISBN 0-312-26206-X. http://books.google.com/books?id=PfZJxlOdjg4C&lpg=PA280&dq=mitchum%20black%20%22the%20defiant%20ones%22%20poitier&pg=PA280#v=onepage&q=mitchum%20black%20%22the%20defiant%20ones%22%20poitier&f=false. 
  5. ^ . Turner Classic Movies, 16 January 2012.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]